温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

松本駅前の老舗喫茶店 珈琲美学アベで選べるサイドメニューのモーニング、巨大なモカパフェを堪能

やっぱりモーニングも最高だった、珈琲美学アベ

松本駅近くで一杯飲んで、電車の時間まではまだもう少しあるけれどどうしよう……というときに思い出す、昔ながらの喫茶店が珈琲美学アベです。

時間がなければ駅構内にスタバもありますし、珈琲美学アベのすぐ並びにタリーズコーヒーもあるのですが……せっかく松本まで来たのだから、ここにしかないお店でおいしいコーヒーをいただきたい……というわけで、これまで何度か立ち寄っています。

f:id:happydust:20170731215627j:plain

蔦の絡まる、レンガ造りの外観の珈琲美学アベについて、レポートしたいと思います。

【追記】2019年8月にモーニングをいただいて来たので追記しました!

一杯飲んだ後は苦みの強いコーヒーと、アイスクリームが欲しくなる

飲んだ後にラーメンを食べたい!とは思わない人なんですが、コーヒーと、ちょっとだけ甘いものが欲しいなと思い、喫茶店を探すことがよくあります。やはり、血糖値が急激に下がるんでしょうかね。。。

そういうときに飲みたくなるのは、最近流行りの酸味の強いスペシャルティコーヒーや、ましてやカフェラテなどのミルクの入ったコーヒーではなく、深煎りの豆の、苦みの強いコーヒーです。それにアイスクリームか小さなケーキなんかあったら最高ですね!

というわけで、松本駅前で飲んだ際のお気に入りの喫茶店が珈琲美学アベです。何しろ駅から近い!

駅徒歩3分の近さです。
電車の時間のかなりギリギリまでのんびりすることができます。
営業時間は朝7時から19時まで。7時から11時まではモーニングも行っています。定休日は火曜日です。

今回は、駅前の大衆居酒屋「風林火山」で小一時間飲んだ後に立ち寄りました。

メニュー豊富でサービスも良く、おいしく、安く、混んでいて入れないことがあることだけが難という、素敵すぎるお店です。

珈琲美学アベは大通り沿いにあるのですが、ちょっと奥まっているので駅の方向から歩いてくると見落としてしまうかもしれません。

f:id:happydust:20170731222424j:plain

オレンジ色で「アベ」と書かれた看板が見えたら、右手にあります。

ビルの1階ですが、ちょっと奥のほうに入り口があるんですよね。。。

f:id:happydust:20170731222439j:plain

では、入ってみたいと思います!

f:id:happydust:20170731222508j:plain

なんとなく、開けると「カランカラン」と鐘が鳴りそうなドアですが、実は自動扉です。

入ってみると、おお……めっちゃ混んでいる。。。

f:id:happydust:20170731222529j:plain

いつ行ってもそこそこ混んでいますが、この日は市内でJリーグの試合があったようで、サッカー帰りのお客さんで普段以上に賑わっていました。
10分ほど入り口で待っていると、2人掛けのテーブル席に案内されます。

こちらのお店、カウンターもあるのですけれどお客さんがカウンターに座っているのは見たことがありません。

f:id:happydust:20170731222608j:plain

カウンター席は席として利用していないようですね。

珈琲美学アベのメニュー

珈琲美学アベのメニューをご紹介したいと思います。

「珈琲美学」というだけあって珈琲専門店ですから、コーヒーのメニューは豊富です。

f:id:happydust:20170731222642j:plain

いつもはスタンダードコーヒーを注文するのですが、この日はなんとなく「コロンビア・メデリン」をオーダー。
スタンダードコーヒーと100円しか変わらないですしね。
クリームオレも気になるんですけど、アイスが食べたいのでね……温かいコーヒーにしました。

コーヒー専門店ですが、コーヒー以外のドリンクメニューと、フードメニューもわりと豊富です。

f:id:happydust:20170731222630j:plain

フードメニューでは「フランクフルトのベーコン巻き」と「チーズトースト」が気になりますね。。。

こちらのお店、店内には紙のメニューしかないのですが、お店の外には食品サンプルメニューもあります。 

f:id:happydust:20170731222755j:plain……なんだか、すごく懐かしい感じの食品サンプルです。カフェオレはどうして、こんなに盛り上がっているのかな。。。

こちらが、看板メニューのモカパフェのサンプル。

f:id:happydust:20170731222911j:plain

うん、すごくおいしくなさそうですw

モカパフェの隣の「コーヒーゼリー」のサンプルはさらに衝撃的です。

f:id:happydust:20170731222855j:plain

なんだこの、白髪の落ち武者みたいな物体は。。。
ここまで来ると、実物がどんなのか逆にちょっと気になってきますね。

モカケーキは普通においしそうですね。

f:id:happydust:20170731223117j:plain

サンプルはおいしくなさそうでしたが、今回は看板メニューのモカパフェをオーダーしました。

アイスクリームがそびえ立つモカパフェをいただく

さて、今回はコーヒーとモカパフェをオーダーして、しばし待ちます。

f:id:happydust:20170731223240j:plain

しばし待つと、まず、コースターが敷かれた皿とスプーンがテーブルに置かれました。

f:id:happydust:20170731223250j:plain

後でこの上に、モカパフェのグラスが載るのです。

そしてその後は、コーヒーのカップだけがセッティングされました。

f:id:happydust:20170731223314j:plain

そこでモカパフェがどーん!と。

f:id:happydust:20170731223335j:plain

なかなかのデカさです。

グラスの中にもモカアイスとバニラアイス。

f:id:happydust:20170731223404j:plain

その上にコーヒーゼリー、生クリームとアラザン、そして生クリームの周りにもバニラアイスとモカアイスが。。。

モカアイスの後ろ姿はこんな感じ。

f:id:happydust:20170731223416j:plain

これ、作るのにけっこうコツがいりそうですね。。。

ここでようやくコーヒーが!

f:id:happydust:20170731223458j:plain

コーヒーが来たので安心して、モカパフェを崩しにかかります。
アイスもクリームも、濃厚、かつ固めです。
コーヒーゼリーはコーヒーの苦みがしっかりと感じられます。

コーヒーは、苦みと酸味のバランスがよく、丁寧に淹れられているのがわかる味。おいしい。

f:id:happydust:20170731223511j:plain

1人だとパフェの最後のほうはやや飽きてきますが……私は、パフェの中にコーンフレークが入っているのが好きじゃないのですけど、このパフェはどこまで行ってもクリームとアイスとゼリーだけで、そこはすばらしいなと思いました。

f:id:happydust:20170731223911j:plain

ソースとかかかってなくても、それぞれがおいしいから混ざり合ってもおいしいのです。
当然のようにコーヒーにも最高に合いますし、まさに「コーヒーと一緒に食べるためのパフェ」という感じです。

大きいとか飽きるとか言いつつ、あっという間にいただいてしまいました。

f:id:happydust:20170731223926j:plain

口の中が冷たくなりますので、あとはコーヒーをゆっくりいただきます。

ちなみに、前回来たときはストレートコーヒーではなくブレンドをいただいたのですが、ブレンドのときはコーヒーカップが異なりました。

f:id:happydust:20170731223833j:plain

店名が入っている白いカップです。これはこれで良いし、ブレンドも、やや酸味がある味でおいしかったですよ。

今回もおいしかったです!
ごちそうさまでした♪

【2018年8月25日追記】再訪してコーヒーゼリーをいただいてきた

表に出ている食品サンプルで、まるで「白髪の落ち武者」のような、あまりにもおいしくなさそうな姿をさらしており、逆に気になっていたコーヒーゼリーを先月、ついにいただいてきました!

f:id:happydust:20170731222855j:plain

↑見本はこれ!

で、本物はこれ↓

見た目にも涼しげな、松本駅前の珈琲美学のコーヒーゼリー。480円。

なるほど……ドライアイスの煙が表現されていたわけですね。

ちょっと固めのコーヒーゼリーにホイップクリームがのったゼリーは、ホットコーヒーともよく合って、大変おいしかったです。

f:id:happydust:20180825131410j:plain

湯気が収まるとこんな感じ。

ゼリーは甘さ控えめの大人の味で、ボリュームもほどほどなので「甘いもの食べたいけどモカパフェは食べきれない」ときや、甘いものがそこまで得意じゃない人にもおすすめできそうなメニューでした。

あとはクリームオーレも気になるんですよね~。また行きたい。 

【2019年8月23日追記】選べるサイドメニューのモーニングをいただいてきた

私は、松本で昼から夕方ぐらいに一杯飲んだ後に立ち寄ることが多いのですが、珈琲美学アベではモーニングを行っており、そちらも有名なんですよね。

1度は行ってみたいと思いつつもなかなか松本市内に宿泊する機会がなかったのですが、2019年のお盆休みにようやくモーニングの時間に伺うことができました。

珈琲美学アベのモーニングは、まず飲み物を1杯注文します。すべて390円で、コーヒーや紅茶、ミルク、オレンジジュースやトマトジュースがあります。

こちらがモーニングのメニューです。左側が飲み物のメニュー。

f:id:happydust:20190823222452j:plain

飲み物を注文すると、さまざまなサイドメニューを合わせて注文できるという方式です。

ちなみに50円で注文できるのは「バタートースト」や「シナモントースト」「ゆで卵」「ポテトサラダ」などで、100円で「ナンドッグ」や「フォカッチャ」「ハムエッグ」「ベーコンエッグ」「プレーンオムレツ」などが注文できます。

今回私は、飲み物は「アイスコーヒー」を。
食べ物は「バタートースト:50円」「ポテトサラダ:50円」「ツナペースト:100円」をオーダーしました。

f:id:happydust:20190823223021j:plain

オーダーから5分ぐらいで出てきました。
珈琲美学アベではこれまでホットコーヒーばかりオーダーしていたので、アイスコーヒーを注文したのは初めてです。グラスがいかにも「喫茶店」という雰囲気で良いですね。味も、すっきりとした苦みで、夏の朝にぴったり。目が覚めました。

f:id:happydust:20190823223514j:plain

ややあって、焼きたてのバタートーストも。
ふわふわで厚みもあり、これを50円でいただいてしまっていいのか?と思ってしまうしっかりとしたトーストです。市販のトーストの6枚切りよりも少し厚みがありそうな感じ。

f:id:happydust:20190823223227j:plain

ポテトサラダとツナペーストは一つの皿に盛り合わせてありました。
レタスが1枚だけ敷かれています。

ポテトサラダは、きゅうりなどの水っぽくなりそうな野菜は入っておらず、シンプルでパンによく合う味。ツナペーストもがっつりツナ!という感じでポテトサラダと混ぜてバタートーストにのせると最高でした。

f:id:happydust:20190823223744j:plain

合計590円で大満足のモーニングでした。

名古屋式と呼ばれるような、飲み物を注文するといろいろついてくるモーニングメニューもお得感はありますが、私はあれ、あまり得意ではなくて。
というのも「ゆで卵」がついてくるのが定番だったりするようですけど、私、あまりゆで卵って好きじゃなくて。何がついてくるかは自分で選びたいんですよね。その店珈琲美学アベのモーニングは完璧でした。

安いと思っていろいろつけると案外いい値段になってしまいますが、一品ずつのオーダーだとバイキングみたいに食べ過ぎることもないのもいいなと思います。

「シナモントースト:50円」「プレーンオムレツ:100円」「ベーコンエッグ:100円」も気になったので、またモーニングの時間帯にも行きたいですね。

【再訪したい度】★★★★★ モーニングにもまた行きたいし、サンドイッチやチーズトーストも気になる

いつか行きたいと思っていたモーニングにようやく行けました。
予想以上にお得感のあるメニューでしたし、まだ気になるメニューがいくつもあるので、モーニングにもまた行きたいです。

それから、モーニングが終わった後に注文可能となるサンドイッチや、チーズトーストなどのモーニングでは提供のないトーストメニューも気になっています。