温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

よく知っているはずの街が、まるで知らない街のように見えた

f:id:happydust:20210628125211j:plain

「やんなっちゃうよ、就活。この前なんて面接で『文学部日本文学科です』って自己紹介したら『就職する気がない人が入る学部ですね』って言われたんだよ」

「まあ、文系でも語学とか法律とか経済とか簿記とか?勉強してきた人と比べたら、役に立つ感じはしないもんね……」

「だね!実際、就職したいかしたくないかって言われたら、別にしたくはないしねー」

「文学とは何だろう」と考えてみた

この記事は、はてなインターネット文学賞の一環で「インターネット文学だと思うテキスト」を選出する、というリクエストをいただいて書いています。

選出にあたり「しかし、文学とはいったい何なんでしょうね」と考えたとき、思い出したのが、大学を卒業する年に就活中の同級生と交わした会話でした。

大学と大学院の修士課程で日本文学を専攻していたのですが、就職氷河期のまっただ中で就職活動は本当に厳しかったです。面接官も常に、落とす理由を探していたのでしょうね。「文学部ねえ」といったような反応をされることもよくありました。
私が卒業した後に母校の文学部は「人間文化学部」に名称を変更してしまったようです。就職活動での心証を良くする意図があったのかどうかはわかりませんが、文学部よりはそっちのほうがなんとなく、役に立つ学問のような気はします。何を学ぶ学部なのかは、よりわかりづらくなった気がしますけど。

そんなわけで今回「実際に何かの役に立つわけではない」ことが「文学」である証なのではないか、と考えました。
「役に立つわけじゃない、けど、なんかいい」と思える文章。(役に立つ文学もあるだろうとは思いますが)
その基準で選ばせていただいたのが、こちらです。

kikuchidesu.hatenablog.com

実を言うと人様のブログをあまり読まない私なのですが、私自身のブログのテーマでもある登山と温泉旅の情報収集のために、旅のブログはたまに読ませていただいています。
今夜はいやほい」も、もともとはそのつもりで読者登録したのですけど、いくつかの記事を読んで「このブログは、自分の旅の参考になるわけじゃないな」と気がつきました。

ご紹介した記事の冒頭で、著者のきくちさんは「別府で遊郭建築に泊まった」と回想しています。それはこちらの記事のことですが、じゃらんでも楽天トラベルでも扱っていない1泊2500円の、元遊郭だった宿に宿泊された際のお話です。
私は、別府に行ったら何としてでも温泉のある宿に泊まりたいし、じゃらんでも楽天トラベルでも予約できない宿に泊まることはないでしょう。しかし、この記事はおもしろいのです。泊まる部屋の布団をめくったら先客(白黒の猫)が寝ていたくだりなど、読んでいてどきどきしました。

基本的に女ひとりで人との接触をはじめとした面倒は好まない、冒険は山に登ることだけ、という私とは旅の趣向があまりにも違って、参考にはならないのですが、でも、おもしろい。いいなあー。

別府での体験を受けて、山形県の酒田市でやはり元遊郭だった旅館に泊まったときのブログが、今回選ばせていただいた記事です。

こちらもじゃらんや楽天トラベルでは予約できない宿で、宿泊当日に宿に電話をして予約を取りつけるのですが、電話の相手が耳がとおいおじさんで難儀されていました。どうにか予約できた宿ではウェルカムドリンクに濁り酒となぜかTimTamのチョコレートを出され、その後は酒田の街に飲みに出かけます。宿を出る際に「帰ってきたら一緒に飲みましょう」的なことをほのめかしていた宿のおじさんは、戻るとテレビをつけたまま寝入っていました……。

もし、私が酒田に泊まるとしたら、じゃらんや楽天トラベルで検索して、評判のいい旅館かホテルを前もって予約することでしょう。旅館なら若葉旅館か……今なら、駅前に新しくできた「月のホテル」なんかもいいなと思います。それは、この記事を読んでも変わりません。おじさんとのやり取りも、読むぶんにはちょっと楽しそうだけど自分でやりたいとは思わない。つまり私自身の旅の役に立つ情報があるわけではありません。
でも、文章を読むことできくちさんの旅を追体験できて、時間が経つとまた読みにきたいなと思うのです。これは、文学だわ、と。

きくちさんのブログの記事はどれもそういう魅力に溢れているのですが、その中から今回、松山旅館の記事を選んだのは、酒田が私の地元に近い、よく知っている街だからです。
よく知っているはずの街が、きくちさんの目を通した文章を読むことでまるで違った街のように見えて、新鮮な驚きがありました。あの街のどこかにこの宿があり、おじさんがTimTamで濁り酒を飲んでいるのか……。
私もひとつ、TimTamを買ってきて濁り酒飲もうかな、と。

ちなみに、冒頭に置いた雪の残る街を写した季節外れな画像は、数年前の酒田駅前です。今は再開発でぜんぜん違った風景になっているのでしょうね。しばらく行けていませんが、落ち着いたらきっと。そのときはまた、きくちさんのブログを思い出すのでしょう。

「役に立たなくても、なんかいい」と思える文章を書きたい

私自身、旅をテーマとしたブログを書いており、昨年はひとり旅についての本を出させていただきました。

たまに「私は一人で出かけるのは無理だからこの本(記事)は役に立たなかった」というようなご感想をいただくので「タイトルですぐわかるのになぜ読もうと思った……?」などと正直思っていたのですが。
もしかしたら、きくちさんのブログを読んだときのような感覚を求められていたのかなあと、この文を書いて思いました。

自分自身はひとりで出かけることはないとしても、読んで「なんかいいな、また読みたい」と思ってもらえるような、そんな文章を。

すべての人のリクエストに応えるのは無理と知りつつも、私も書けるようになりたいです。

はてなブログでは、7月15日(木)から特別お題キャンペーン「はてなインターネット文学賞」を実施しています。この記事はキャンペーンの一環として、月山ももさんに「インターネット文学」について執筆いただきました。(はてなブログ)

【すべて1人泊可能】2021年はここに泊まりたい!各都道府県から1軒ずつ、一番泊まりたい宿を選出した【全47軒】

2021年も土曜日に1人で、お湯が良くて食事もおいしい宿に泊まりたい(あと半年ですけど……)

毎年1月に公開している「今年泊まりたい宿」の記事ですが、2021年はこんなタイミングで公開することになりました。
年明け早々に首都圏に緊急事態宣言発令が決まり「このタイミングで『2021年泊まりたい宿』の話をしてもね……」と思いつつ3月の宣言解除を迎え。
じゃあそろそろ旅の計画を立てようかな?と思っているうちに3度目の緊急事態宣言。

「もうこれは、いつならOKってこともないのでは?」と思い、2021年始まってだいぶ経ちますけど、せっかく47軒選んだので公開することにしました。

多くの宿はこのご時世でもがんばって営業していますし、行ける範囲内で旅を楽しむための手助けに、あるいは「落ち着いたら絶対ここに行こう!」と、妄想しつつお楽しみいただけたらと思っています。

今回も「1人で」泊まれる温泉宿に絞って、47都道府県から1軒ずつ、1番泊まりたい宿を選んでいます。

このリストはもともと私が「次の休みにどこに行こうかな?」と考えたときに、選択肢を絞りやすくするために作っているリストです。昨年もピックアップした47軒の宿の中から10軒の宿に実際に泊まりました。

平日は会社勤めの身ですので、土日を使って1泊の旅をすることが最も多いです。また、基本的に食事は宿で食べたい人なので、今回も「土曜日でも1人で、2食付きで泊まれる宿」を優先的に選んでいます。

自分のためのリストではありますが、多くの方の旅のきっかけになりましたらうれしいです。

また、手前味噌ですが、私なりの「一人旅に優しい温泉宿」の選び方については、昨年出版した著書に詳しく書いていますので、ご興味のある方は手に取っていただけたらうれしいです。

私も普段は電子書籍派なんですが、本書はやや凝ったレイアウトのページがあるため、電子版より紙の本のほうが読みやすいと感じました。迷われたときは紙の本を選んだほうが間違いないかと思います。

続きを読む

2020年に泊まった温泉宿で「部屋」「風呂」「食事」が良かったおすすめ宿ランキングを発表する

お題「#買って良かった2020

2020年の温泉旅は、すべて一人旅でした

2017年から毎年、1年間に泊まった宿を振り返って「部屋」「風呂」「食事」というそれぞれの側面において「この宿はすばらしく良かった!」と印象に残っている宿をそれぞれ1位から3位まで紹介する、という記事を更新しています。本稿はその、2020年版です。

過去3回分の記事は下記になります。

毎度のことで申し訳ないですが、食事部門だけ3軒に絞りきれず3位が2軒あり、全部で10軒の宿を紹介しています。

2019年に続いて2020年版で選んだ宿も、すべて1人で宿泊した宿でした。2019年は、たまたまひとり旅で泊まった宿がピックアップされたのですが、2020年はコロナ禍もあってすべての旅がひとり旅だったのです。

今回ご紹介している10軒の宿の中で7軒は、休前日でも1人で宿泊可能な宿で、実際に私も土曜日に宿泊しています。私自身もそうですが、土日休みの勤め人で、できれば土曜日に1人で泊まれる宿が知りたい……という方が多いのではないかと思いますので、各宿についていつなら1人で予約可能かを付記しています。

気軽に旅に出づらい状況ではありますが、誰とも会話をしないひとり旅は、中では比較的ハードルが低いのではないかと思います。今後の旅の参考にしていただければと思います。

また、2019年までに泊まった、一人旅で利用しやすい温泉旅館については、発売中の著書にもたくさん掲載していますので、ぜひ、お手に取っていただけますと幸いです。

続きを読む

登山女子、かつ女一人旅ブロガーの私が2020年に買ってよかったもの

お題「#買って良かった2020

2020年は大変な年ではありましたが、山も旅もできる限り楽しみました

2020年も、まもなく終わりですね。
出かけられずにもどかしい日々を送った時期も長かったですが、できる限り密を避けながら、山も、温泉旅も楽しんだ1年でした。

f:id:happydust:20201220051211j:plain

2019年はテント泊の際に使う山道具や、山中で調理していただく食品類を多く紹介しましたが、2020年はさまざまな事情からテント泊の機会はわずかとなってしまい、購入したものも昨年とはテイストが変わったように思います。

参考に、2019年に買ってよかったものの記事はこちら↑です。

2020年に買った物については、4つに分類して紹介することにしました。

(1)山道具
(2)山でも旅で使えるアイテム
(3)ブログ執筆やテレワークに役立つアイテム
(4)飲み物・食べ物

分類ごとに、買ってよかったものを紹介していきたいと思います。

続きを読む

二日市温泉 大丸別荘 宿泊記 博多にほど近い、一人旅に優しい老舗旅館に一人泊

博多の奥座敷二日市温泉を代表するハイクラス旅館、大丸別荘

二日市温泉は、博多駅から電車で30分足らず(特急なら10分少々)のJR二日市駅の南西にある「博多の奥座敷」とも呼ばれる温泉地です。開湯は奈良時代と古く、7軒の旅館と2軒の共同浴場で構成されています。

今回ご紹介する「大丸別荘」は、二日市温泉を代表する温泉宿で、予約サイトなどでは「ハイクラス」の宿として分類されることも多い宿です。

f:id:happydust:20201122181349j:plain

部屋付きの内風呂に温泉が供給されている部屋もあります。1人だとこういうお部屋は予約できなかったりするのですが、ありがたいことに大丸別荘では、1人でも温泉内風呂付きの部屋を、それも土曜日でも予約可能なのです!

2人以上で泊まったときと比べてやや宿泊料金はアップするものの、個人的には許容範囲内の料金アップだったので「一人旅に優しい宿だな」と思い、いつか泊まってみたいと思っていました。実は、2020年に福岡県で1番泊まりたい宿にも、大丸別荘さんを選んでいます。

2020年の1月に宿泊が叶いましたので、遅ればせながらレポートしたいと思います。

続きを読む

嬉野温泉 旅館一休荘 宿泊記 食事おいしく2食付きで1万円!美肌の湯宿に一人泊

2020年、佐賀県で一番泊まりたい宿に選んでいたコスパ最高の宿 

嬉野温泉の旅館「一休荘」は、このブログで毎年1月に選んでいる「各都道府県で今年1番泊まりたい宿」の記事で「2020年佐賀県で1番泊まりたい宿」として選んだ宿です。

選んだ理由は「温泉湯豆腐を食べたいから嬉野温泉に行きたい!」と思っていたので、嬉野温泉の宿の中で、1人でも泊まりやすくて良さそうな宿だなと思って選びました。嬉野温泉は、わりと大きな温泉ホテルが多いように思うのですが、大きなホテルは源泉を循環しているところが多かったのです。その中で一休荘は、源泉かけ流しにこだわっているところもポイントになりました。

この記事を公開した直後、一休荘に泊まったことがある何人もの方から「ここ本当にいい宿なのでぜひ泊まってください!」というコメントがあり、本当に良さそうだなと思ったので、2020年の1月にさっそく行ってきました。

f:id:happydust:20201113033825j:plain

食事がおいしく、お湯もよく、非常に居心地の良い宿でしたので、ご紹介したいと思います。

続きを読む

日本三大美肌の湯 嬉野温泉 嬉泉館 日帰り入浴記 貴重な自家源泉を持ち100%かけ流しにこだわる宿

佐賀県 嬉野温泉 源泉かけ流しの宿 嬉泉館(きせんかん)

嬉野温泉にある嬉泉館(きせんかん)は、地元の方の間では「嬉野と言えばあの湯」と必ず名前があがる小旅館です。

しかし、Webメディアなどによくある「嬉野温泉の日帰り入浴おすすめ10選」というような記事で、この宿が紹介されることはあまり多くありません。

おそらく、じゃらんや楽天などをはじめとしたネット予約にも対応しておらず、電話予約のみという、昔ながらの宿だからかなと思うのですが。

f:id:happydust:20201108033920j:plain

今回は事前に調べて「嬉野で日帰り入浴するならここでしょう!」と狙って伺ったのですが、思っていた以上にすばらしいお湯でしたので、ご紹介したいと思います。

続きを読む