温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

関温泉 朝日屋旅館 宿泊記 赤茶色の源泉と地酒に合う料理がすばらしい宿に一人泊

すべての旅館が加水・加温・循環・消毒すべてなしのかけ流しを実践する関温泉

新潟県妙高市の関温泉は、妙高山の麓の標高900メートルほどの場所にある温泉地です。

戦国時代には上杉謙信の隠し湯であったとも言われる歴史ある温泉地ですが、関温泉のすばらしいところは、11軒あるすべての旅館が「加水・加温・循環・消毒すべてなし」のパーフェクトな源泉かけ流しを実践している温泉地だということです。

今回ご紹介する朝日屋旅館さんでも、内湯・露天風呂共に赤茶色の湯の花たっぷりの新鮮な源泉がドバドバとかけ流されていました。

お湯が良いだけでなくお部屋も浴室も清潔で、宿の方のお人柄も良く、地酒に合う料理も大変おいしくてかなり気に入りました。また、土曜日も1人泊可能な宿ですので、また別の季節にも訪れたいなと思いつつ、レポートしたいと思います。

◆ お知らせ ◆
2020年10月に著書が発売となりました。
一人旅をもっと楽しみたい方に向けたエッセイです。
一人で泊まれるおすすめの温泉宿もたくさん紹介しています。

 

続きを読む

妙高高原 赤倉温泉 赤倉観光ホテル宿泊記 絶景露天風呂とクラシックフレンチが魅力の山岳リゾートに一人泊

最高に気に入って4ヶ月後に再訪してしまった!絶景温泉付き山岳リゾートホテル

新潟県妙高市の赤倉観光ホテルは、妙高山の中腹の標高1000メートルを超える場所に建つ、高原のリゾートホテルです。

日によっては雲海を眺められるかけ流しの絶景露天風呂クラシックフレンチの食事も評判が良く、1人泊専用のシングルルームがあって休前日でも1人で泊まれるという、私が「泊まりたい宿」に求める条件をほぼすべて兼ね揃えており、1度泊まってみたい!と思い続けていた宿でした。

「2018年に泊まりたい宿」「2019年に泊まりたい宿」の記事で、2年連続で「新潟県で泊まりたい宿」にも選んでいたのです。

人気があるのでなかなかいいタイミングで予約できずにいたのですが……コロナ禍でやや予約が取りやすくなっていたこともあり、2021年12月に初めて宿泊したところ、湯も食事もサービスも思った以上のすばらしさ!

また絶対泊まりに来るぞ!と思っていたところ、2022年のGW前半にシングルルームに空室があり、しかも連休特有の料金アップなどはなく、普段の週末と同じ値段だったので思わず予約してしまいました。4ヶ月後に早くも再訪してしまったことになりますが、2度目の宿泊でもすばらしい時間を過ごせました。

そう頻繁には泊まれる宿ではないですが、またいつか必ず……と思いつつ、レポートしたいと思います。

◆ お知らせ ◆
2020年10月に著書が発売となりました。
一人旅をもっと楽しみたい方に向けたエッセイです。
一人で泊まれるおすすめの温泉宿もたくさん紹介しています。

 

続きを読む

ゴールデンウィークに残雪の至仏山に登り、下山後は温泉も満喫した贅沢な山旅

2022年のゴールデンウィークは、3年ぶりに登山と温泉を両方満喫する旅に出た

2020年、2021年と、ゴールデンウィークに遠出しづらい状況が続きましたが、2022年はようやく!連休を利用して旅に出ることができました。

行き先は尾瀬、至仏山。

山小屋に1泊して翌日の朝から残雪の至仏山に登り、下山後は麓にある尾瀬戸倉温泉で1泊して、2泊3日の山旅を存分に楽しんできました。

今年のゴールデンウィークは混みそうだけど、尾瀬ならアルプスや、有名温泉地ほどではないんじゃないかな……2018年に来たときもそんなに混んでなかったし。と目星を付けて計画したのですが、予想は見事にあたり、山でも温泉でも連休中とは思えない静かな山旅を楽しむことができました。

泊まった山小屋・温泉宿については先に記事を公開していますが、本稿では至仏山登山の詳細と、前後の行程についてを合わせて、旅行記としてご紹介したいと思います。

◆ お知らせ ◆
2020年10月に著書が発売となりました。
一人旅をもっと楽しみたい方に向けたエッセイです。
一人で泊まれるおすすめの温泉宿もたくさん紹介しています。

 

続きを読む

至仏山荘宿泊記 お風呂に入れて食事もおいしい!尾瀬の山小屋に泊まり至仏山登山

インターネット予約も可能な尾瀬の山小屋、至仏山荘

2018年、2022年と、ゴールデンウィークの後半に「至仏山荘」に宿泊して残雪の至仏山登山を楽しみました。

f:id:happydust:20180518223948j:plain

至仏山荘は、尾瀬の代表的な登山口である「鳩待峠」から、登山道を約1時間歩いたところにある「山の鼻」という地区にある山小屋です。
尾瀬の代表的な山小屋の一つ、と言って良いと思います。インターネット上で空室状況を確認することができ、予約も可能という近代的な山小屋ですが、泊まってみると予想を裏切らない、快適な小屋でした。

感染症対策で山小屋の相部屋利用に抵抗がある方もいると思いますが、至仏山荘は個室中心の山小屋で、2名グループであれば2食付きで1人1万3千円、3名なら1万1千円で個室に宿泊できます。また、1人で泊まれる相部屋は2食付き9500円で宿泊可能で、ベッドはすべてカーテンで区切られているため安心感があります。

2018年の登山の記録と至仏山荘宿泊記を合わせて、レポートしたいと思います。

※2022年のGWにも至仏山荘に宿泊しましたので、最新の情報を追記して公開しました。

◆ お知らせ ◆
2020年10月に著書が発売となりました。
一人旅をもっと楽しみたい方に向けたエッセイです。
一人で泊まれるおすすめの温泉宿もたくさん紹介しています。

 

続きを読む

尾瀬戸倉温泉 ペンションゆきみち宿泊記 2食付き8000円で質・量共にすばらしい食事!尾瀬散策の前後泊に最適な宿に一人泊

2食付き8000円で泊まれて食事おいしく、卵臭香るお湯も良い尾瀬玄関口の宿

尾瀬戸倉温泉は、尾瀬ヶ原の群馬側の玄関口となる戸倉周辺にある温泉地です。

登山口のある「鳩待峠」までは登山シーズンはマイカー規制が敷かれるため、登山者は戸倉に車を停め、指定業者のバスやタクシーに乗り換えて向かうことになります。

そのため尾瀬戸倉温泉に泊まる人の多くは、尾瀬散策や至仏山登山を目的としたハイカーです。それゆえに早朝出発に対応してくださる宿も多く、私も1度は尾瀬戸倉温泉に泊まって尾瀬を歩いてみたいなと思っていました。

今回宿泊した「ペンションゆきみち」は、全6室の家族経営の宿で、口コミなどから食事の評判がとても良く、1度泊まってみたいと思っていた宿です。

GWの最中でも2食付き8000円(税込)で泊まれて、食事は想像以上においしく量もたっぷり!そして実は、お湯もなかなか良くてかなり満足度の高い宿でしたので、ご紹介したいと思います。

◆ お知らせ ◆
2020年10月に著書が発売となりました。
一人旅をもっと楽しみたい方に向けたエッセイです。
一人で泊まれるおすすめの温泉宿もたくさん紹介しています。

 

続きを読む

肘折温泉 旅館勇蔵 宿泊記 山菜料理と舞茸ご飯が絶品の小旅館に一人泊

山菜の旬まっさかり、GWに旅館勇蔵に再訪が叶いました

旅館勇蔵は、湯治場の雰囲気を色濃く残す山形県の肘折温泉にある、全11室の小規模旅館です。
1人泊のプランが休前日でもいつでも出ており、しかも休前日の料金アップもほぼなし。2食付きのスタンダードなプランは、年末年始などの特定日を覗いて、基本的にいつでも1万円以下(税抜)で設定されています。

しかも、食事はすべて「部屋食or個室食」で一人旅に優しい宿だな……と気になっていたのですが、泊まってみるととにかく食事がおいしい!

初めて泊まったのは2018年の9月で、山菜が採れる季節ではなかったにもかかわらず、春にとれた山菜を水煮にして保存したもので、最高においしい山菜料理をいただくことができました。1万円前後という宿泊料金に対して最高に満足度が高く、毎年選んでいる「コスパ重視で2018年泊まって良かった宿」というランキングで1位に選出したほどです。

特に山菜料理に関しては、秋でもこれほどおいしいなら、旬の春に来ればさぞかし……と考え、次に泊まるなら山菜の季節に!と思い続けていたのですが、2022年の5月にようやく再訪が叶いましたので、追記して公開します。

◆ お知らせ ◆
2020年10月に著書が発売となりました。
一人旅をもっと楽しみたい方に向けたエッセイです。
一人で泊まれるおすすめの温泉宿もたくさん紹介しています。

 

続きを読む

角間温泉 ようだや旅館宿泊記 1人でも休前日でも2食付き1万2千円で温泉内風呂付きの部屋に泊まれる宿

土曜日でも料金アップなし!かけ流し温泉内湯付きの部屋をいつでも1人で予約できる宿

角間温泉(かくまおんせん)は、長野県山ノ内町にある山あいの温泉地で、数軒の旅館と共同浴場のみで構成される、湯田中渋温泉郷の一角に数えられる温泉地です。

ようだや旅館は、共同浴場の「大湯」の目の前にある自家源泉を持つ宿で、湯治場の雰囲気を色濃く残す歴史ある宿で、湯田中渋温泉郷の数ある宿の中でもずっと気になっていた宿でした。

というのもこちらの宿、全12室のうち10室は6畳あるいは8畳のバストイレなしのお部屋なのですが、2室のみバストイレ付きの部屋があります。その2室の部屋付きの浴室では常時、自家源泉のすばらしいお湯がかけ流されているのです!

しかもそのかけ流し浴室付きの部屋には、1人でも2食付き1万2千円(税抜)で泊まることができ、土曜日でも料金アップなどはなく、同じ料金で1人泊可能です。

公式サイトがなく予約は楽天トラベルのみで情報は少なめだったのですが、とにかくお風呂はすばらしそうだ!
ということでずっと気になっていたこちらの宿に、2022年の2月に宿泊が叶いましたので、ご紹介したいと思います。

◆ お知らせ ◆
2020年10月に著書が発売となりました。
一人旅をもっと楽しみたい方に向けたエッセイです。
一人で泊まれるおすすめの温泉宿もたくさん紹介しています。

 

続きを読む