温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

東京で暮らす日常について、noteに日記を書いてみることにした

まったく告知してなかったけれど、実は10月10日から日記を書いていた

今日初めて告知しますが、実は10月10日から毎日日記を書いています。

毎日1記事アップするのではなく「10/10~10/15 台風がくる」というように4~6日分をまとめて1記事とし、1日ごとに「◆10月10日(木)誕生日に思う、日記を始めてみる」というようにサブタイトルを付けています。本日、7記事目を更新しました。

最初の1日分のみ無料で読めますが、2日目以降は有料とさせていただいています。phaさんの「曖昧日記」のスタイルを真似させていただきました。無料で公開している1日分の記事も1000文字以上はありますので、気になった方はそこだけでも読んでいただければと。 

販売価格についてですが、1記事100円の値段をつけています。
現時点で7記事あるので1つ1つ購入すると700円になってしまいますが、すべての日記記事を1つの有料マガジンとしても販売しているため、500円の有料マガジンを購入していただければこれまで更新した記事もこれから更新する記事も全部読めます。

「月額500円」ではなく「500円で売り切り」なので追加の課金はありません。
というのは月額課金にして、途中で息切れして更新を続けることができなかったらどうしよう!と思い、「金返せ!」と言われるようなことにならないようにと考え、そういう風にしました。
それで、単品購入するよりもマガジンで購入したほうが確実にお得!という状態になるまで告知をしなかったというわけです……。

とりあえず、2019年いっぱいは500円売り切りでやるつもりです。2020年以降続けるのか止めるのか、どういう形で続けるのかはそのときの状況により判断したいと思います。

おまえの日常になんて興味ないわ!そんな暇あるなら山とか温泉の記事さっさと書けよ、と思われた方にはここで回れ右していただければと思いますが、後半で記事の内容について告知もしておりますので、少しでも気になった方にはこの先をお読みいただければと思います。

続きを読む

谷川温泉 檜の宿 水上山荘 宿泊記 谷川岳の眺望がすばらしい、大人のための極上湯の宿に一人泊

3本の源泉を混ぜ合わせて温度調節する、本物の源泉かけ流しの宿

群馬県の水上温泉郷・谷川温泉の最奥に位置する「檜の宿 水上山荘」は、快適な部屋、おいしい食事、源泉かけ流しのすばらしいお湯を併せ持つパーフェクトな宿ですが、さらにすべての部屋から谷川岳の美しい姿が眺められるという、山好きにとってはたまらない、眺望の宿でもあります。

f:id:happydust:20191108211314j:plain

この写真は今年の4月、まだ残雪がたっぷり残る谷川岳に登った際のものですが、谷川岳に登った後に水上山荘に泊まり、さっき登った山を眺めながら風呂に浸かるというのは最高の気分ではないかと。

大浴場の露天風呂からはもちろん、全18室の客室中9室に備わっている客室露天風呂からも谷川岳を眺めることができるので、実は今回、奮発して露天風呂付きの部屋に泊まってしまいました!1人で。

先に言ってしまうと、今回の宿泊時はあまり天気に恵まれなかったので、実を言うとあまり山は見えなかったのですが、たとえ谷川岳が見えなかったとしても気にならないぐらいすばらしいお宿だと思いましたので、レポートしたいと思います。

続きを読む

湯宿温泉 大滝屋旅館 宿泊記 つげ義春「ゲンセンカン主人」の舞台となった宿に一人泊

群馬県 湯宿温泉 大滝屋旅館

湯宿温泉は、群馬県のみなかみ町にある温泉地です。
最寄り駅は上越線の後閑駅と上越新幹線の上毛高原駅。どちらの駅にも関越交通の「沼田駅発猿ヶ京行き」のバスの停留所がありますので、それに乗って「湯宿温泉」で下車することになります。また、タクシーを利用しても15分弱の道のりです。

湯宿温泉はつげ義春の「ゲンセンカン主人」という漫画の舞台になっている温泉地だ、ということは以前どこかで聞いたことがあったのですが、「ゲンセンカン主人」の着想を得た宿が今回ご紹介する大滝屋旅館さんだということは、宿泊した際に初めて知りました。

ちなみに、宿に当時の面影があるわけでも「つげ義春が泊まった宿」という宣伝文句がついているわけでもなく、現地でふと「湯宿温泉」のWikipediaのページを読んでいたら、そう書いてあったのでした。ゲンセンカン主人は「うらぶれた湯治宿」が舞台だそうですが、大滝屋旅館さんの建物は新しく、当時の面影は本当に何もありません。

f:id:happydust:20191104213839j:plain

2016年の秋に初めて泊まり、お湯がすばらしいのはもちろんのこと、リーズナブルな値段なのにおいしい食事、きれいな部屋、温かいサービスとかなり印象が良かったので、2019年の秋に3年ぶりに再訪しました。

続きを読む

11月の三連休は長野の温泉へ!11/2~11/4に1人泊で予約可能な長野県内の極上湯の宿を27軒紹介する

今日からあずさも復活!11月の連休は長野の温泉に行こう!

長野の山と温泉が大好きな私です。

このブログで記事を書くときは、宿や山などの所在地別に都道府県名のタグを付けるようにしていますが、長野県について書かれた記事が80記事と圧倒的に多いです。2番目に多いのが山梨県で35記事ですが、その倍以上長野について書いています。

また、過去に「山と温泉を愛する私が、何度でも行きたい大好きな県を5つ紹介する」という記事を書いた際も、もちろん5つの中には長野県が含まれていました。

これまで、台風をはじめとした天災の被害が少ないと言われていた長野県ですが、先日の台風19号では、土砂崩れや千曲川の氾濫など、各地で大きな被害が出ました。

また、北陸新幹線もしばらくの間部分的に運休が続き、中央線特急あずさ号・かいじ号は台風19号通過から2週間の間、完全に運休せざるを得ない事態でした。

被害が大きく復旧はまだこれからという地域については、1日も早い復旧を祈るばかりですが、他に何か私にできることはないか?と考えた結果、こういう記事を書いてみることにしたのです。

長野県は広いので、台風の被害がなかった地域、少なかった地域もたくさんありますが「あずさも動いてないし、新幹線も本数を減らしているし」ということで、旅の目的地候補からはずしてしまう方も多いのではないかと思います。

f:id:happydust:20191027211515j:plain

しかし、あずさは今日から動きますし、問題なく旅ができる温泉地もたくさんあります。しかも次の週末は3連休です!

ちょっと調べてみたところ、普段は休前日の1人泊を受け付けていないけれど、3連休中の1人泊のプランが出ている宿がいくつもありました。やはり、交通機関が普段どおりではないことなどを案じて「今長野に行かなくても」と思っている方が多いのかなと思います。

しかし、逆に言えば特に一人旅をしたい人にとってみれば、普段は泊まれない宿に泊まるチャンスではないでしょうか。

本稿では、長野県内で「宿泊・日帰り入浴したことがありすばらしかった」あるいは「お湯が良さそうでこれは泊まってみたい!と思えた」宿の中から、11月2日(土)と11月3日(日)に、1人泊可能な宿をピックアップしました。

料金については、連休中ということもあり「1泊2食付きで2万円以内であること」を目安としています。表示されている価格は税抜き価格なんですが、税込みでも2万円は超えない宿に限定して紹介しています。また、目次を見ていただければわかりますが、結果的には紹介した宿の多くが2食付きで1万5千円以内で泊まれる宿になりました。

休前日に1人泊できない宿にも、もちろんすばらしい宿があることは承知していますが、ブログの読者の方に一人旅をされる方が多いことと「1人泊を受け入れてくれる宿」を特に応援したい気持ちがあるため、こういう形にしました。
ただ「1人泊のプランが出ている」ならほとんどの場合「2人以上のプランも出ていて、かつ1人で泊まるより安く泊まれることが多い」と思いますので、2人以上での旅を検討されている方の参考にもしていただけるかと思います。

また、空室データについては10月28日の投稿時点でのものとなり、空室状況についての更新は行いません。予約を検討していただいた際に既に予約がいっぱいとなっている可能性も多々ありますが、ご了承いただけますと幸いです。

続きを読む

蔦温泉旅館宿泊記 紅葉の名所「蔦沼」至近!足元湧出の一軒宿に一人泊

蔦沼まで徒歩5分、奥入瀬渓流にも近い名湯の宿に2度目の宿泊

蔦温泉旅館は、紅葉の名所として名高い「蔦沼」のすぐ側にあり、大正時代に建築された趣ある「本館」の建物や、足元湧出のすばらしい温泉が楽しめることでも有名な温泉宿です。

f:id:happydust:20191021222451j:plain

ブナの原生林に囲まれた山奥の温泉地ではありますが、八甲田や奥入瀬を巡る路線バスの「みずうみ号・おいらせ号」の停留所となっているため、公共交通機関利用でも比較的便が良いのが特徴です。

私は、3年前に初めて日帰り入浴でおとずれたのですが、お湯がとにかく新鮮ですばらしいことに感動し、2018年の6月に初めての宿泊。泊まっても期待を裏切らないすばらしい宿でしたので、約1年後の2019年10月初旬に2度目の宿泊を果たしましたので、レポートしてみたいと思います。

続きを読む

旅のお供に最適!iPadmini5とApplePencil、そしてキーボード付きケースを購入した

テント泊登山にも常にiPad miniを持っていく

温泉宿でも山旅でも「荷物の重量にシビアにならざるをえない縦走登山」以外では常に、iPad miniを持っています。

温泉宿を目的地に一人旅を始めた当初は、何冊もの文庫本を携えていくのが常でした。そのときの気分で読みたい本が変わるので、1冊では心許なくて……。

2013年ごろに第2世代iPad miniを購入したのをきっかけに、それ以降は「Kindleで変える本はすべてKindleで」購入することにしました。そうすると持っていく本を選ぶ手間も省けるし、荷物も減るしでいいことずくめじゃないか!と。

現在は、温泉に行くときも山に行くときも常に、iPad miniを持っていきます。

2015年に発売されたiPad mini4をずっと使っていたのですが、今年の3月に3年半ぶりの新作、iPad mini5が発売されたので、遅ればせながら先日購入しました。

f:id:happydust:20191019230921j:plain

左がiPad mini4で右がiPad mini5、本体の大きさは同じなので、右のほうが大きく見えるのはケースのせいです。出先でちょっとした書き物などできるように、キーボード付きのケースを着けています。

私の中ではけっこう大きな買い物でもありますし、旅に必ず持っていくものでもありますので、簡単にご紹介してみたいと思います。

続きを読む

田沢湖高原温泉 ロッジアイリス 宿泊記 1人泊しやすく食事がおいしい秋田駒ヶ岳登山の前泊に最適な宿

リーズナブルで食事がとてもおいしく、1人泊しやすい温泉宿

これまで秋田駒ヶ岳に7回登っている私ですが、登山の前後に泊まる宿の候補が2軒あります。1軒は先日もブログでご紹介した駒ヶ岳温泉で、もう1軒がこちらのロッジアイリスです。

新たな宿を開拓したい気持ちもあるのですが、この2軒の宿が本当に好きなので、検索してどちらかの宿に空室があると「じゃあこの日は秋田駒ヶ岳に行くか」という風に予定が決まることが多いですね。

f:id:happydust:20191009224629j:plain

ロッジアイリスは「田沢湖高原温泉」の中にある宿で「ロッジ」と名が付いてはいますが、山小屋やペンションのような雰囲気ではありません。外観は多少「ロッジ」っぽい気もしますが、全12室の小規模な温泉旅館で、部屋はすべて和室です。しかも、土曜日の1人泊で、1泊2食付き1万円を切るお値段なのに*1、食事もボリュームがあってかなりおいしいのです。

秋田駒ヶ岳登山にも、乳頭温泉で湯巡りするにも便の良い場所にある良宿ですので、ご紹介したいと思います。

*1:本館和室8畳にスタンダードプランで土曜日宿泊して税込9350円

続きを読む