温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

青山コーヒー舎 40種類のサンドイッチが1080円で食べ放題!別府駅徒歩10分の自家焙煎コーヒーとサンドイッチの店

9時から14時までサンドイッチバイキングが楽しめる青山コーヒー舎

青山コーヒー舎は、大分県の別府駅から徒歩10分のところにあるコーヒー専門店です。

コーヒー専門店ですが、毎日午前9時からオーダー可能なサンドイッチのバイキングで有名なお店です。

ブレンドコーヒー1杯がついて1080円で、ビュッフェ台に並ぶサンドイッチが食べ放題になります。

f:id:happydust:20190717231751j:plain

時間は14時までとなっていますが、売り切れ次第終了とのこと。

休日は、開店前から人が並ぶこともあると聞き、平日にわざわざ行ってきましたので、レポートしたいと思います。

早朝の飛行機で大分へ!朝食も取らずに別府に到着

2019年の1月の金曜日、羽田空港から大分空港行きの早朝の便に乗り込んだ私。この日の目的地は別府温泉です。

f:id:happydust:20190718014607j:plain

東京は良い天気ですが、目的地の天気はどんな感じでしょうか。

ここ数年、春から秋までは東北・関東・北陸あたりの温泉地を電車で旅して、冬になると、ためたマイルを使って九州や中国地方に飛行機で旅するのが一つのパターンになっていまして。

昨年はそれで、広島県の宮島に行ったりしましたね。

2019年は旅の行き先に別府をはじめとした大分県を選び、これから3泊4日の旅が始まろうとしているわけです。

大分空港に着いたら別府駅行きのバスに乗車します。

f:id:happydust:20190718014620j:plain

バスは海沿いを走っていきます。朝の東京よりは少し雲がありますが、別府も良い天気です。

別府駅から徒歩10分の青山コーヒー舎へ向かう

大分空港から45分ほどで別府駅に着いたら、駅の西口方向へ。

f:id:happydust:20190718014647j:plain

ショッピングセンターやバスセンターがあり、繁華街っぽい雰囲気があるのは東口方面なので、西口は静かな通りです。

f:id:happydust:20190718014629j:plain

平日ということもあってかあまり人も歩いておらず……本当にこっちでいいんだよね?と思いながらGoogleマップを頼りに別府駅を背にして10分ほど歩きます。

ちょうど10分歩いて、左手に「コーヒー豆挽き売り 青山コーヒー舎」の看板が出ているビルに着きました。

f:id:happydust:20190718014724j:plain

建物の1階に、青山コーヒー舎はあります。

f:id:happydust:20190718014753j:plain

昔ながらの喫茶店、という風情の店構えですね。
では、中に入ってみたいと思います。

青山コーヒー舎の営業時間・定休日

青山コーヒー舎の営業時間は9時から17時まで。ラストオーダーは16時30分です。

f:id:happydust:20190718115909j:plain

定休日は火曜日。

ちなみに、本日のお目当てであるサンドイッチバイキングは「9時から14時まで」行っているとアナウンスされていますが、バイキング用のサンドイッチが完売した時点で終了です。

12時を過ぎると店は混雑し、午後からの来店ではバイキングを注文できないこともあるようですので、確実にいただくためには午前中に来店したほうがいいと思います。

この日の私の来店時刻は11時40分ごろ。
平日ということもあってかお客さんもまだ少なく、無事にオーダーすることができました。

青山コーヒー舎の店内

では、店内へ。

f:id:happydust:20190718014825j:plain

足を踏み入れると、店の中央にサンドイッチバイキングのビュッフェ台らしきものが見えます。

右手にテーブル席、左手にカウンターがあり、1人だと告げるとカウンターに案内されました。

f:id:happydust:20190718014833j:plain

磨きあげられたカウンターテーブルは歴史を感じさせますね。 

青山コーヒー舎は「パソコン利用禁止」です

カウンターの中には色とりどりのカップとソーサーが並んでいますが……注目したいのは右下にある黄色い紙に「パソコン使用禁止」と書いてあること。

f:id:happydust:20190718014847j:plain

そうなんです。こちらのお店では席でのノートPCの利用は禁止されています。

純粋にコーヒーと食事を楽しんでほしいということなんでしょうね。サンドイッチバイキングは人気だから、勉強や仕事で長居はしてほしくないという理由もあるかもしれません。

ちなみに、青山コーヒー舎は全席禁煙です。地方都市の喫茶店は喫煙可能なお店もかなり多いですが、こちらのお店は煙もなく、快適にコーヒーとサンドイッチが楽しめます。

青山コーヒー舎のメニュー

では、席に着きメニューを眺めてみたいと思います。

f:id:happydust:20190718115931j:plain

とりあえず、本日のオーダーはサンドイッチバイキングで決まってはいるのですが……。

サンドイッチバイキングにはブレンドコーヒーが1杯ついてきまして、300円でお替わりできます。プラス100円で、ブレンドコーヒーをアイスコーヒーかオレンジジュースに変更することも可能だそうです。

バイキング以外にも「サンドイッチとブレンドコーヒーとゆでたまご」で650円の「あさげサンドイッチセット」や「サンドイッチとブレンドコーヒーとデザート」で750円の「ひるげサンドイッチ」も提供しています。

f:id:happydust:20190718115942j:plain
f:id:happydust:20190718120007j:plain

「モーニング」「ランチ」ではなく「あさげ」「ひるげ」なんですね。

ケーキにブレンドコーヒーがセットになったケーキセットもあり。

f:id:happydust:20190718115953j:plain

しかし、サンドイッチのセットよりもケーキセットのほうが値段高いのですね。

f:id:happydust:20190718120107j:plain

カレーセットもあり。カレーはオーダーが入ってから野菜を炒めるというこだわりのカレーのようです。

パフェメニューもいくつか。

f:id:happydust:20190718120112j:plain

「甘夏あんパフェ」ってどんな感じなんでしょうか。甘夏ってみかんのことですよね?あんこと合うのかな……。

コーヒーはブレンドが4種と、冷たいコーヒーもあります。

f:id:happydust:20190718120127j:plain
f:id:happydust:20190718120125j:plain

「琥珀の女王」って何なんでしょうか。気になります。

ストレートコーヒーも14種類用意されています。

f:id:happydust:20190718120146j:plain
f:id:happydust:20190718120143j:plain

豆の販売も行っている、自家焙煎のコーヒー専門店らしいラインナップですね。

そして、単品のサンドイッチメニュー。まずは焼いていないパンで作った「FRESHLY SAND」が20種類以上。

f:id:happydust:20190718120209j:plain
f:id:happydust:20190718120212j:plain

いきなり「ジャムとチーズ」などやや変則技っぽいメニューから書いてあるところが、底知れなさを感じますね……。普通にコロッケとやさいサンドとか気になりますが。

そして、パンを焼いてあるTOAST SANDが20種類。

f:id:happydust:20190718120230j:plain
f:id:happydust:20190718120233j:plain

ああなるほど、わかりました。
通常のサンドイッチメニューが40種類以上あるから「40種類のサンドイッチが食べ放題」と、ネット上で書かれていることが多いんですね。

インパクトあるワードなので私もこの記事のタイトルに使ってしまいましたが(すみません)実際のところはオーダーバイキングではなくビュッフェ式のバイキングなので、常に40種類の選択肢があるというわけではありません。

ただ実際は、この定番メニューには入っていないようなオリジナルのサンドイッチがいくつも台に並んでおり、なくなるとまた違う種類のサンドイッチが並べられたりしていましたので、正確な数はわからないけれど、かなりの種類のサンドイッチをいただけることはたしかです。

紅茶やココア、レモンスカッシュやクリームソーダなどのコーヒー以外の喫茶店メニューもしっかりありました。

f:id:happydust:20190718120313j:plain
f:id:happydust:20190718120315j:plain

コーヒーはドリップ式のもの以外に、エスプレッソやカプチーノもあるようです。
また、サンドイッチ以外のトーストのメニューもありました。

f:id:happydust:20190718120334j:plain

カフェインレスコーヒーにはこだわりがあるらしく、他のメニューとは別に1枚、紹介が挟んでありました。

カフェインがダメな人やダメな時期でもコーヒーを味わってもらいたいということで、本当にコーヒーを愛しているお店なんだろうなと思ったり。

自家焙煎のコーヒー豆は販売もしています。

f:id:happydust:20190718120347j:plain

100g600円の豆がほとんどで、まあまあお手頃なのではないでしょうか。

では、メニューを眺め終わったところでサンドイッチバイキングをオーダーしたいと思います。

いざ!サンドイッチバイキング!

バイキング台はこんな風に、サンドが乾燥しないようにきちんとカバーがかかっています。

f:id:happydust:20190718120755j:plain

常時10種類以上のサンドイッチが並んでいるようです。パン好きにとっては天国のような光景ですね!

迷いに迷ってまずお皿に取ったのがこちら。
f:id:happydust:20190718120818j:plain

黒パンにロースハムが載ったオープンサンド風のもの、卵とチーズのサンド、チーズとハムのサンド、かぼちゃサラダのオープンサンド。

サンドイッチをいただく前にまずはコーヒーを一口。

ブレンドコーヒーのカップもかわいく、味も酸味と苦みのバランスがよくおいしい。さすがコーヒー専門店だな、と素直に思えるおいしいコーヒーです。

ではいざ、サンドイッチを!と思ったら、お店の方が目の前に、3つほどサンドイッチが載ったお皿(↓写真の左側のお皿)を置いてくださいました。
f:id:happydust:20190718120923j:plain

こちらもサンドイッチバイキングに含まれるようなのですが、パンが焼きたてで熱々なのです!これはうれしい……。

ビュフェ台に載っているものはどうしても時間が経ってからいただくことになるので、温かいサンドはバイキングのオーダーが入った後に焼いて提供してくださるんですね。しかし、自分で選んだわけではないこのサンドたち、はたしておいしいのでしょうか……?

f:id:happydust:20190718120951j:plain

と思ったら、めちゃめちゃおいしかったです・笑

黒パンにジャムが塗ってあるものと、チーズとパテ?ハンバーグのようなものが挟んであるもの。手作り感あふれるおいしいサンドイッチで、熱々なのもうれしい。お替わりしたくなりましたが、他にも気になるパンがあるので我慢。(他のお客さんでお替わりをお願いしていた人もいたので、たぶん在庫があればお替わり可能なのだと思います)

私はと言えば、コーヒーがおいしいので、300円のお替わりコーヒーを追加注文。

f:id:happydust:20190718120745j:plain

そして再びビュッフェ台へ。

f:id:happydust:20190718121002j:plain

きゅうりとハムのサラダ、アボカドサラダ、コロッケ、焼き野菜のサンドイッチなど、メニューにはないものもあり、どれも本当においしい……。

最後に食べようと思っていたロールパンにクリームが挟んであるやつも想像以上においしくて、もう1個食べたいけれど既にお腹はいっぱい。最後にデザートっぽいやつで〆ることができたので良かったかなと。

ごちそうさまでした!

【再訪したい度】★★★★★ お腹を空かせてまたぜひ行きたい

平日、かつ正午前の訪問だったため、お店も混んでおらずゆっくりとバイキングを楽しむことができました。

口コミで「サラダ系のサンドの水切りが甘い」という情報を見たこともあったのですが、個人的には特に気にならなかったです。葉物野菜を使ったサンドがこの日はなかったということもあるかもしれませんが……どの具材もしっかり吟味されており「これがパンに合うんだ!」と感動することしきりでした。

ご家族で経営されている雰囲気のこぢんまりとしたお店なんですが、きっとコーヒーとパンが本当に好きなんだろうなと。近所にこんなお店があったらしょっちゅう行ってしまうだろうなと思いました。

ときどき営業を休まれることもあるようなのですが、長く続いてほしいお店です。

次回別府に行くときもきっと、朝一番にお腹を空かせて行きたいなあと思っています。