温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

鳴子温泉 東多賀の湯で日帰り入浴 隣の西多賀旅館とぜんぜん違う色!かけ流しの白濁湯を楽しむ

鳴子温泉郷 東多賀の湯

東多賀の湯は、宮城県の鳴子温泉にある、白濁の硫黄泉がすばらしいと評判の湯治宿です。
神経痛や関節痛、アトピーなどの皮膚病に効能があることで有名で、長逗留する方も多いとのこと。

f:id:happydust:20170306032842j:plain

湯めぐりチケットでの日帰り入浴にも対応しており、お隣の西多賀旅館とはしごして入浴すると「隣なのにこんなに違うお湯なのか!」と、泉質の違いに驚かされます。

2016年の年末に、西多賀旅館の後に立ち寄って日帰り入浴してきましたので、レポートしたいと思います。

西多賀旅館でミルキーグリーンのお湯を楽しんだ後は、お隣の東多賀の湯へ

2016年の年末、朝10時に鳴子温泉駅に下り立った私は、この日の一湯目として「西多賀旅館」を選びました。

10時過ぎの受け付けだったので、宿泊客はチェックアウトしており、日帰り客もまだ来ていないという絶妙のタイミングだったのでしょう。ミルキーグリーンの硫黄泉を貸切状態で楽しむことができました。

西多賀旅館を出た後、次に向かうのはお隣にある「東多賀の湯」です。
2つの宿は駐車場を挟んで隣同士にあり、徒歩10秒ぐらいで着きます。

どれだけ近いかをGoogleマップでお見せしようと思ったのですが……。

そんなばかな!?徒歩12分かかるルートしか紹介されていないのです。
なぜこんなわけのわからないことになっているんだ。。。
実際は、車だろうが徒歩だろうが一瞬で着きます。

お隣にあった「ウジエスーパー鳴子店」を見にいってみた

ちなみにですが、今回立ち寄る「東多賀の湯」のすぐそばには、2015年の9月30日までは「ウジエスーパー」というスーパーが営業していました。
お総菜コーナーなども充実しているスーパーだったので、自炊湯治で鳴子に来ても、実際は自炊はせずにお総菜を買って済ませている人も多かったようです。

ですが、温泉に含まれる硫化水素成分などの影響もあって設備の傷みが激しく、修繕して営業していくにはかなりの設備投資が必要とのことで、閉店してしまったとのこと。

東多賀の湯の女将のブログにも、当時についての記述がありました。

設備投資ができるだけの売上げがあれば良かったのでしょうけど、震災後、鳴子に訪れる人の数も減っており、存続は難しかったようです。

今は、建物だけが残っていました。

東多賀の湯の前から、ウジエスーパーの建物を見たところ。

f:id:happydust:20170306144649j:plain

 

建物の前まで行ってみました。

f:id:happydust:20170306144739j:plain

営業していた頃は、スーパーの前の花壇に、東多賀の湯のご主人が花を植えていたんだそうです。

存続運動が起こったという話も聞きましたが、1年経った今もやはりこのままで。
スーパーのほうも慈善事業ではないですから仕方ないだろうとは思いつつも、寂しいですね。まあ、私自身は以前鳴子に来たときも、ウジエスーパーで買い物したことはなかったんですけども。。。

とは言え、なくなって欲しくないと思うものについては、私1人の支払う金額なんて微々たるものであっても、自分自身が利用したり、ブログに書いて利用を促したりしていきたいものだなと思いましたよ。

たとえば、高峰高原行きのJRバスだとか。

「過疎バスなのでなくなると困るから使ってほしい」と、宿泊した宿のホームページに書いてあったんです。私も、このバスなくなると困ります。。。

一度はなくなって、最近復活を遂げたマルカンデパートにも行かなくちゃなあと思いました。

さて、少々感傷に浸ってしまいましたが、東多賀の湯に戻りますよ!

f:id:happydust:20170306150216j:plain

東多賀の湯の看板犬ポチとご対面

入り口のガラス戸の外から中をうかがうと……

f:id:happydust:20170306150424j:plain

おお……わんこがいます。
実は、猫大好きだけど犬はそうでもない私。というか、宿の中に入るには絶対にこの犬小屋の前を通らなきゃならないのですが、犬嫌いな人にとってはいきなりハードル高いなw

しかし、扉を開けて犬小屋の前まで来ても、ポチくんは吠えもしなければ小屋から出てくることもありません。静かだな。。。

f:id:happydust:20170306150611j:plain

もしかして、けっこうお年を召した犬なんでしょうか。
まったく無反応なので、カメラを出してみたのですが、やはり反応ないので写真撮らせてもらっちゃいました。シャッター音やフラッシュは切って撮影したとは言え、あまりのおとなしさにちょっと拍子抜け。まるで私の存在になんか気づいていないかのようです。

犬小屋の前にあった、泉質を示す看板がこちら。

f:id:happydust:20170306150907j:plain

西多賀旅館の看板にはお湯の色については書かれていませんでしたけど、こちらには「白濁色」の表示が!

ちなみに西多賀旅館の看板はこんな感じでした。

f:id:happydust:20170306151120j:plain

泉質もかなり違いますね。それでは中に入ってみたいと思います。

東多賀の湯の日帰り入浴料金と入浴時間

中に入ったらスリッパに履き替え、帳場にいた女将さんに受け付けしてもらいます。
今回も、湯めぐりチケットでの利用です。

f:id:happydust:20170306151419j:plain

実際にはさっき西多賀旅館でシールを2枚使っていますので、残り4枚の状態でした。

鳴子温泉の湯めぐりチケット対応宿については、入浴料金と入浴時間、シールの必要枚数についてがこちらのページにまとめられています。

それによれば東多賀の湯の入浴料金は、現金だと800円、シールだと3枚必要なはず、なのですが。。。
女将さんに台紙を渡してシールを剥がしてもらったところ「はい、じゃあ2枚いただきますね」と言われ……あれ??

実際、2枚しか剥がされていませんでした。なぜだ。。。

ちなみに、入浴時間についても、先ほどのページには11時~14時と書かれていたのですが、館内に入ると脱衣所にこのような貼り紙がありました。

f:id:happydust:20170306153422j:plain

右上の紙に「外来入浴時間は午前10時~午後3時までです」とあります。
鳴子温泉観光協会の公式サイトの記述だから、正しいと思っていたんですけど……なんだか、料金にも時間にも微妙に食い違いがあるようですね。最近変更になったか、季節や曜日によって変わったりするんでしょうか……謎です。

とりあえず、私が立ち寄った2016年12月の時点では、東多賀の湯の日帰り入浴の営業時間は「10時~15時」で、湯めぐりチケットのシールは「2枚」で、入浴可能でした!

東多賀の湯の館内

受け付けを終えたら浴室に向かいます。

f:id:happydust:20170306154159j:plain1階の突き当たりが浴室です。

浴室の前のガラス戸まで来て、入り口方向を振り返ってみたところ。

f:id:happydust:20170306154302j:plain

 

襖の前に冷蔵庫が置いてありますが、襖の向こうは食堂だそうです。

f:id:happydust:20170306210349j:plain

こんな感じで。
上の写真は↓こちらの宿泊記録からお借りしました。

食事付きで宿泊する際は部屋食ではなく、こちらの食堂で夕食は18時から、朝は8時からいただくことになるようです。食事もなかなかボリュームもあって、おいしそうでした。

ちなみに、西多賀旅館は予約は電話のみでしたが、東多賀の湯はじゃらんや楽天トラベルでも予約できるんです。

休前日以外なら1人泊でも、1泊からネット予約が可能なので、西多賀旅館よりも予約のハードルはかなり低いですね。

宿泊料金は、1人泊の場合、平日1泊2食付きが9000円、平日素泊まりが5000円でした。料金は西多賀旅館さんとだいたい一緒ぐらいです。

さて、浴室に向かいますよ。

f:id:happydust:20170306154216j:plainこのガラス扉の向こうにはトイレはないので、先にすませておきましょう。

ガラス扉の向こうにはさらに、ガラス扉が。。。

f:id:happydust:20170306154238j:plain

予想ですが、硫黄の香りが客室や食堂のほうに漏れすぎないように、ガラス扉が2重なのかな?と。

 

浴室の目の前には、6畳ぶんほどのオープンな休憩スペースがありました。

f:id:happydust:20170306154355j:plain

お風呂上がりの待ち合わせに便利ですね。

休憩スペースの壁には、お弁当のメニューが貼ってありました。

f:id:happydust:20170306154419j:plain

肉のしばさきって、鳴子温泉の駅前にあるお弁当屋さんですね。
これ、ここに貼ってあるということは、頼めば配達とかしてくれるんでしょうかね……?

鳴子温泉の地酒や地ビールについての貼り紙もありました。

f:id:happydust:20170306154410j:plain

地ビールにどぶろく、かなり魅力的です……。
しかし、ここに貼ってあるということは、これらのお酒はフロントで買えるんでしょうかね?そして日帰り利用でもここで弁当を広げて、ビール飲んだりどぶろく飲んだりしてもいいということなのだろうか。。。
でも、それにしては食事を取るための座卓などがあるわけじゃないですし、やっぱり宿泊者向けの情報と考えたほうが自然でしょうか。そりゃあそうだよね。。。

ちなみに、鳴子温泉の地ビール「鳴子の風」は、以前「大正館」さんの喫茶室で飲んだことがあるんですが、大変おいしかったです。

大正館さんの喫茶室は現在休業中だそうですが、いつかまたおいしいチーズケーキをいただけるといいなあ。

ちなみに、こちらも宿泊者向けの情報かとは思いますが東多賀の湯に、併設の「コスメルーム」がオープンしたとのこと。

f:id:happydust:20170306154431j:plain
有料のトリートメントもやっておられるとのことで、オイルトリートメントでしょうかね……。
湯治宿らしからぬサービスではありますが、いろいろと新しいことを模索されてるのかもしれません。メニューを見たら60分のフェイシャルコースが3000円だったりと格安だったので、女性にとってはありがたいサービスかなと。有料トリートメントを受けると化粧品をおすすめされる、とかじゃないといいんですけどねw

休憩スペースの目の前には、こんな感じで男女別の浴室に向かうのれんが!

f:id:happydust:20170306154624j:plain

この「湯治こよみ」の入った色違いののれんが、ちょっと素敵だなと思いました。
それではいざ、浴室へ!

東多賀の湯の温泉は西多賀旅館とまったく違う色!白濁の硫黄泉をのんびり独り占め

女湯ののれんをくぐり、脱衣所の扉を開けると……。

f:id:happydust:20170306154707j:plain

やった!誰もいません!!
実は東多賀の湯に日帰りでおとずれるのは7年ぶり2回目。前回も午前11過ぎの、同じぐらいの時間帯に来たんですが、先客でいっぱいだったんですよね。

前回は日曜日の午前中だったけれど、今回は年末とは言え水曜日の午前中だったので、そのせいかもしれません。

温泉分析表が貼ってありました。

f:id:happydust:20170306154746j:plain

泉温50.2度、ph5.9、加水・加温・循環すべてなしの、パーフェクトな源泉かけ流しです。

では!いざ浴室へ!
ちなみに、鍵付きロッカーなどは脱衣所になく、財布はフロントで預けそびれてしまったので浴室に持ち込みました。

f:id:happydust:20170306154757j:plain

 

おお……硫黄の香りが。。。

f:id:happydust:20170306154812j:plainなんだろう、7年前の記憶よりずっと、浴室がきれいで新しいです。
硫黄の成分で腐食したりしてしまうと思いますから、定期的に改装しているんでしょうね。

ただ、浴室内はきれいになっても洗い場は変わらず!シャワーやカランなんてありません。

f:id:happydust:20170306154822j:plain

一応、ボディシャンプーとリンスインシャンプーは置いてありました。

源泉が流れ続けている湯口が浴槽の外にもあり、それがカランの代わりです。
最初に来たとき、地元の方たちがこの硫黄の香りたっぷりの源泉でガシガシ頭を洗っているのを見てびびりました。泡立たなそうだよ。。。
ちなみに、シャンプーできる洗面台が館内にあり、宿泊客はそちらで頭を洗っているそうです。

 あー、それにしても美しい……見るからにすばらしいお湯です。

f:id:happydust:20170306154842j:plain

ケロリンの桶でかけ湯して入りますよ!

お湯はやや熱めの適温。42度ぐらいでしょうか。冬ですのでちょうどいいですね。

f:id:happydust:20170306154915j:plain

湯口からお湯が、常時流れ続けています。

硫黄泉は強酸性のお湯も多いですが、東多賀の湯の源泉はph6程度の弱酸性。肌に優しいので長湯してもカサカサになったりしません。それどころか硫酸塩泉なのでお肌すべすべになります。すばらしい。。。

f:id:happydust:20170306154904j:plain

温泉の硫黄の香りって、いい匂いと思うときと、ちょっと苦手な香りだと思うときがあるんですけど(硫黄泉と言っても成分が違ったり、湧いてから時間が経ったりしてるからでしょうか)ここの硫黄泉は本当にいい香り!いつまででも入っていられます。

温泉成分が、浴槽の縁にも、ケロリンの桶にもこびりついていました。

f:id:happydust:20170306154924j:plain

入っていても「ガツンと濃いなあ」と思うんですが、こういうところを見てもやっぱり濃い温泉なんですねえ。。。

硫化水素ガスが充満しないように、浴室の窓は常時開放されていました。

f:id:happydust:20170306154934j:plain

天井に近い高窓と。

浴室と同じ高さにも、ガスを逃がすための隙間が空いていました。

f:id:happydust:20170306154942j:plain

なので内湯ではありますが、外気が常に入ってきて湯気はまったくこもっていません。冬は、露天風呂のような空気の冷たさが感じられる浴室です。
お隣の西多賀旅館の浴室は湯気がこもっていたから、そんなに神経質に換気しなくて大丈夫ってことですよねきっと。色だけじゃなく、泉質の違いを感じさせますね。

ものすごくいいお湯でいつまでも浸かっていたくなりますが、強いお湯なので長湯は禁物です。

f:id:happydust:20170306154957j:plain

30分ぐらいしたら他のお客さんが入ってきたので、そのタイミングであがりました。
東多賀の湯の浴室は、宿泊した場合は夜通しつかることができるそうです。

【再訪したい度】★★★★★ 白濁の硫黄泉がほんとうにすばらしい いつか泊まってみたい

西多賀旅館のお湯もすばらしかったですが、東多賀の湯のお湯もまさに極上でした!
こんなにすばらしいお湯を貸切でハシゴできるって、鳴子ってなんてすばらしいところでしょうか。もっとしょっちゅう行きたいですね。。。

ただし、他のブログや口コミを読んでも、東多賀の湯は西多賀旅館と比較して、日帰りの時間は混雑しやすいようです。この日も、私があがって休憩スペースで少し休んでいたら、何組かのお客さんが浴室に入っていきました。
貸切で利用できたのはたまたまラッキーだったんですね。。。

なので、できるならば東多賀の湯に宿泊して日帰り客のいない時間帯に白濁の硫黄泉を楽しみ、西多賀旅館に日帰りで入りに行くのがいいのかもなあと思いました。西多賀旅館は夜間お風呂に入れない時間がやや長めだけど、東多賀の湯は宿泊すれば夜中でも入れますし。

東多賀の湯は休前日以外なら1人泊でもネット予約できますし、食事もなかなかボリュームもあっておいしそうだったし、お部屋はwifiも飛んでるし、夏はエアコンも使えます。

鳴子の湯治宿では、冬の暖房は完備していてもエアコンはなし、というところも多いと聞きますので、夏でも快適に湯治ができるっていいなと。ただし、6月から9月までは冷房費として別途500円かかるそうで、冷房使わない派の方にはやや評判が悪いようですw

でも私は、夏は暑さを我慢して汗かくより、熱いお湯に入った後は、涼しい部屋で涼みたいので、ぜんぜん冷房費払いますよ。。。

そんなことを思いつつ、ポチに挨拶して東多賀の湯を後にしました。

f:id:happydust:20170306155004j:plain

また来るね。元気でね。