温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

長野県 小瀬温泉ホテル 宿泊記

小瀬温泉ホテル

軽井沢から草津方向にバスで20分ほど行ったところにある温泉宿。

f:id:happydust:20150410175527j:plain

ホテルと銘打っていますが、全17室の小規模な宿です。
つい最近まで、予約は電話のみだったんですが、2015年に入ってから公式サイトがリニューアルしてWeb予約ができるようになったほか、じゃらんや楽天トラベルからも予約できるようになりました。

以前よく宿選びの参考にさせていただいていた温泉ブログで、こちらのお湯のすばらしさが絶賛されていたので、5年前に初めて訪れたんですが、それ以来合計3回泊まっています。
チェックインが13時からと早いので、13時ちょうどに着くバスに乗って1番のりでチェックインし、温泉三昧することが多いです。

夏は混み合うらしく、GW以降紅葉の季節までは休前日は1人泊できません。
冬は逆にとてもすいているので、完全にお湯目当ての私は、まだ緑が芽吹く前の、寒さの残る季節にばかり来ています。

 

【風呂】★★★★★

軽井沢にこんなに素晴らしいお湯が湧いているなんて!と感動してしまうようないいお湯です。
大浴場(内湯のみ)と、貸切露天風呂が2つあり、貸切露天は夜は23時までで朝は7時から、空いていればフロントで鍵を借りて何度でも入れます。

寒い季節なので少々景観は寂しいですが、新緑や紅葉の季節は目でも楽しめるはず。

f:id:happydust:20150410175544j:plain

また、内湯のみの大浴場はこぢんまりとしていますが、シャワーもすべて温泉、浴槽も毎日お湯を抜いて清掃し、新しいお湯をためて営業しているそうです。

f:id:happydust:20150410175556j:plain


なので、13時にチェックインすると「まだお湯が完全にたまっていないかもしれません」と言われます。
そんなにまめに清掃しないところも多いと聞くので、ありがたいことです。

それと、この宿は全室バス付きなのですが、部屋のお風呂でも温泉が出るのです!
24時間大浴場に入れるので、私は部屋のお風呂は使ったことはないのですが、小さいお子さんがいるご家庭なんかだと、いいでしょうね。

お湯は、黒っぽい湯の花が浮かぶ、とろみを感じられるようなすばらしいもので、ナトリウム炭酸水素塩泉とのこと。
内湯は、私にとっては少々熱めのこともあるので、窓を開けて半露天のようにして入るのが好きです。


【食事】★★★
家庭料理のごちそう、といった趣の食事ですが、味は悪くありません。

f:id:happydust:20150410175625j:plain

ただ、人手が足りないからか、汁物以外の料理は、最初から配膳されている状態なんですよね。煮物や岩魚は、それでもほんのりと温かくておいしくいただけたんですが、てんぷらは、どうしても冷たくなってしまっていて。天つゆだから、塩よりはまだいいですけども……山菜の天ぷら、揚げたてならさぞおいしかっただろうと思うとちょっと残念ではある。
このあたりの郷土料理である鯉の料理が必ず出るけど、骨が多いから苦手な人は苦手かもしれない。

今回の宿泊だと、岩魚の塩焼き、ぬた、ワラビや麩の煮物は大変おいしかったです。

朝食も多すぎず少なすぎず、サラダの野菜も新鮮だし、チーズオムレツは本当においしい。家で真似したいぐらいでした。

f:id:happydust:20150410175645j:plain



【部屋】★★★★
私は、一番安い「和室A」の部屋に泊まったんですが、建物は古いのですが、畳は新品で、きちんとメンテナンスされてる感じがしました。
ドアの立て付けが若干悪くて、閉めるとき勢いよく閉めなければならないのが少々難ではありましたが、部屋に入ってしまえば問題ないです。

f:id:happydust:20150410175700j:plain

和室は8畳の広縁付きで、電気ポット、液晶テレビ、お茶セットなども完備。この一番安い部屋にだけ、冷蔵庫がついていないようです。

フロントの方がお部屋まで案内してくれますが、お茶は自分でいれます。
煎茶とほうじ茶が用意されています。
お茶うけは、小布施堂の落雁。

f:id:happydust:20150410175726j:plain

また、ウォッシュレットのトイレがついているユニットバスもあり、バスには温泉のお湯が出ます。

トリップアドバイザーなどの口コミで「一番安い和室の部屋は古くてきれいじゃない」という意見がいくつかあったのですが、個人的には古いなりに手入れもされているし十分だと思いました。
冬季はこたつが出ているようなのですが、今回、4月初旬にはもうしまわれて普通の座卓になっていました。
まだまだ肌寒かったので、GWぐらいまではこたつを置いておいてくれてもいいのになあ、と思ったりも。


【再訪したい度】★★★★★
オフシーズンの週末、2食付きの一番安いプランが14000円というのは、けして激安ではないですが、軽井沢という立地を考えると、かなりリーズナブルな宿だと個人的には思います。

スタッフは最低限の人数で運営されているようで、けして至れり尽くせりなサービスではありません。でも私は、放っておかれるほうが好きなタイプなのでまったく問題ないと思っています。
正直、人に教えたくないぐらい好きな宿の一つなんですが、じゃらんや楽天からも予約が入るようになって、もうちょっとスタッフの人数が増えたら、揚げたてのてんぷらを出してくれる日がくるかも……と淡い期待を抱いている今日この頃です。

2010年4月24日泊
2013年5月11日泊
2015年4月4日泊

こちらから予約可能です。