温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

登山歴4年目、九州の山で出会った登山男子と鹿島槍ヶ岳でまさかの再会!【山で婚活できるかな?その3】

1度目の偶然はスルーできても、2度目はちょっと運命を感じる

単独登山女子の婚活登山シリーズ、最終回です!
なんか、こう書くとまるで、婚活するために山に登っていたみたいですが、そうではないです。

前回は、奥秩父の甲武信岳に山小屋泊で登った際の出会いについて書きました。

「奥秩父」という土地柄、首都圏在住の登山者が非常に多いので、家がそこそこ近い人と出会いやすかったんですが、今回ご紹介するのはそれとは真逆の、九州への遠征登山時の出会いです。

続きを読む

登山歴3年目、奥秩父の甲武信小屋滞在中に経験した出会いのすべて【山で婚活できるかな?その2】

そこそこ若い男性は、登山にハマるとテント泊してしまう

女が1人で山に登っていたら、登山が好きな男性と知り合えるのではないか、というテーマの記事、後編のその2です。ナンバリングややこしいですね。。。

その1はこちらです。

その1では、登山を始めて2年目、テント泊で常念山脈を縦走した際の出会いについて書きましたが、今回は山小屋泊での出会いです。

テントを買うとほとんど山小屋に泊まらなくなる人も多いのですが、私は山小屋泊も好きなので、今でもシーズンオフの空いているタイミングを狙って、よく泊まります。

そこそこ若めの男性は、登山にハマるとテントを買ってしまう人が多いので、山小屋で出会う男性は実は年配の方が多いのですが……とは言え山小屋で出会いがないわけではもちろんないのです。

続きを読む

登山歴2年目、常念山脈縦走中に単独登山女子が経験した出会いのすべて【山で婚活できるかな?その1】

彼女も嫁もいない素敵な登山男子と山中で偶然出会えるか

女が1人で山に登っていたら、登山が好きな男性と知り合えるのではないか、というテーマの記事の後編です。長くなったので「山で婚活できるかな」というサブタイトルを付けて、エピソードごとに3つに分けました。
多くの方に読んでいただいたマネ会への寄稿に対して「登山を趣味にしている男性と出会えなかったの?」という疑問を持たれた方が多かったようなので、それについてのアンサー記事になります。

前編はこちら↓ 「登山を趣味」にしている人との出会いを、自ら求めてみたことについてのレポートです。

後編の本記事では「わざわざ飲み会に行ったり会に所属したりと婚活的なことをしなくても、山で偶然知り合えるのでは?」に対するアンサーを書いてみたいと思います。

続きを読む

上高地に最も近い通年営業の宿 中の湯温泉旅館宿泊記と焼岳登山レポート

中の湯温泉旅館

中の湯温泉は、上高地に最も近い通年営業の宿です。
しかもかけ流しの温泉付きで、露天風呂からは穂高の峰を眺めることもできます。

f:id:happydust:20171011010621j:plain

宿泊料金は格安ではありませんが、上高地の中心部にあるホテルに比べるとかなり割安ですし、ハイシーズン以外は1人でも宿泊できるのがすばらしい♪
秘湯を守る会の会員宿です。

季節を変えて、これまでに3度ほど宿泊している中の湯温泉旅館について、レポートしたいと思います。

続きを読む

登山が好きな人と出会えるかな?単独登山女子の出会いのきろく下界編

登山が好きな人と出会って恋人同士になり一緒に山に行けたら

そう思っていた時代が私にもありました。
主に、登山を始めてから1年ぐらいまでのことでしょうか……。

先日「マネ会」というサイトに「趣味とお金」というテーマで寄稿させていただきまして。多くの方に読んでいただけたようでうれしかったです。ありがとうございました。

hikakujoho.com

「登山を始めてからお金と時間の使い方がどう変わったか」というお題をいただいての寄稿だったのですが「そう言えば登山を始める前は婚活をしていたんだよね」と思い出し、それについて触れたところ思った以上に反響がありまして。まあ、タイトルにも入れちゃったからそりゃそうなんですが。

特に「登山が好きな人同士で出会いがあるのでは?」というコメントをたくさんいただいたので「それもそうだよな」と思い、せっかくなので続編として、私自身の出会いについて書いてみようかな、と思った次第です。ちなみに、しつこいようですが現在は彼氏がいます。山ではなく、一人で飲みに行ったとき都内で知り合いました。

長くなりそうなので「山の中での偶然の出会いはあったのか」と「山中以外での出会いはあったのか」に分けて書いてみようかなと思っています。今回は「下界編」ということで山中以外での出会いです。下界という呼び方はそんなに好きではないのですが他にうまい表現が思い浮かばず……。たとえば「地上」だと「じゃあ山の上は地上じゃないのか」という気がしてしまったので、ご容赦ください。

続きを読む

温泉での水着着用は是か非か、というテレビを見て考えたこと

「温泉での水着着用」について話していたのでつい、見てしまった

普段の朝なら、出勤前にテレビをつけることはしないのですが、実は今朝は、とある山麓の温泉宿にいました。
チェックアウトまであと30分少々、そろそろ荷物をまとめなくては……ということで、時計替わりにテレビを付けたのです。そうしたらたまたま映った「スッキリ!」という情報番組で温泉についての話題が出ていたので、荷物をまとめつつ、つい見てしまいました。

f:id:happydust:20171006173833j:plain

※こちらの画像は、昨日止まった宿のものではありません。

荷物をまとめながら見ていたので細部異なるかもしれませんが

「外国人観光客は近年、温泉に興味を持っている。日本で行きたい場所は1位富士山、2位温泉」
「でも、海外のスパは水着を着て入るものなので裸で入る日本の温泉には馴染みにくい」
「日本の温泉も水着で入れたらいいのに!という要望があるようですが、さてみなさんはどう思いますか?」というような内容でした。

ふむ……。
普段なら気に留めなかったかもしれないのですが、たまたま自分が温泉宿にいて、しかも同じ日に泊まっていた5組の客のうち3組が外国人観光客だったので、なんだか気になってしまったのです。

続きを読む

上高地温泉ホテル 日帰り入浴で朝風呂も可能!上高地バスターミナルから歩いて行けるかけ流しの宿

上高地温泉ホテル

上高地温泉ホテルは、梓川沿いに2軒並んで立つ温泉ホテルのうちの一軒で、焼岳を源泉とする「上高地温泉」をかけ流しで楽しめる宿です。比較的リーズナブルな値段で立ち寄り入浴もできます。

上高地バスターミナルからも歩いていけますが、バス停で最も近いのは「上高地帝国ホテル前」です。帝国ホテルから梓川方向に歩いていき、田代橋を渡ると、岸の向こう側に2軒のホテルが並んでいるのが見えます。

f:id:happydust:20171003064006j:plain

ちょっと木に隠れて見えづらいですが……向かって左側の茶色っぽい建物が「上高地温泉ホテル」右側の白っぽい建物が「上高地ルミエスタホテル」です。

今回は、上高地温泉ホテルについてご紹介したいと思います。

続きを読む