温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

岐阜県 新穂高温泉 中崎山荘奥飛騨の湯で入浴と飛騨牛朴葉ステーキ

中崎山荘 奥飛騨の湯

井上靖の名作「氷壁」には「新穂高温泉の一軒宿」が登場しますが、実はその宿はこの、中崎山荘のことなんだとか。

現在は日帰り温泉施設として営業していますが、かつては旅館として営業されていたんだそうです。

旅館だった頃は川の向かい側にあったのが、砂防工事のために旅館は取り壊すことになり、今の場所で平成22年に、日帰り温泉施設としてオープンしたもよう。

f:id:happydust:20161118215900j:plain

まだできてから6年ということもあり、新しいですが、ちょっと旅館っぽい風格もある素敵な建物です。

笠ヶ岳登山の後に日帰り入浴と食事をしてきました。

新穂高温泉に下山したら毎回立ち寄る、バス停に近く使い勝手の良い日帰り温泉

2016年の10月中旬の秋晴れの日、山小屋に1泊して笠ヶ岳に登った後、新穂高温泉に下山しました。

登山記録はこちら。

笠新道は、噂に違わず急登でしたが、楽しい道でもありました。

新穂高温泉にたどり着く前に、わさび平小屋で道草を。

コーヒーフロートで生き返った!

そして、日帰り入浴の営業時間がたった2時間のホテル穂高へ。

以前から行きたいと思っていたのですが、なかなか時間が合わずで……ようやく入れました!

ホテル穂高で、時間ギリギリの15時直前まで湯浴みを楽しんだ後は、まずは新穂高ロープウェイのバス停で、平湯温泉行きのバスの時刻表を確認。

f:id:happydust:20161118221241j:plain

16時55分のところに「高山行きの最終便です」と注意書きがありますが、実はこのバスが、平湯温泉バスターミナルで松本行きの最終バスに乗り継げるバスでもあります。

せっかく来たので、あと2時間ほど、楽しんで行きましょう!

ということで、ロープウェイ駅でUターンして先ほど立ち寄ったホテル穂高の前を通り、新穂高登山センターの手前まで坂道を下ります。

f:id:happydust:20161118223219j:plain

目的の建物が見えてきましたよ♪
湯けむりがものすごく上がっていて、温泉好きとしてはワクワクする光景ですね。

中崎山荘奥飛騨の湯に到着です。

f:id:happydust:20161118221714j:plain

これまで、新穂高温泉を下山口にしたことが3回あるんですが、実は3回ともこちらに立ち寄っています。

ちなみに、旅館時代はこんな建物だったようです。

f:id:happydust:20161119014059j:plain

出典:http://www.bea.hi-ho.ne.jp/omizu/nakaza.htm

正面は川に面しており、背後には山。

 

f:id:happydust:20161119014210j:plain

出典:http://www.bea.hi-ho.ne.jp/omizu/nakaza.htm

いかにも山荘という趣の建物ですね。
旅館の時代にも、行ってみたかったなあ。

食事処・無料休憩所・ザック置き場を備えた、登山者ファーストwな日帰り入浴施設

まずは玄関に鍵付きの靴ロッカーがありますので、靴を脱いでそこに入れます。
ゴツめの登山靴でもしっかり収まるサイズのロッカーなので安心です♪

f:id:happydust:20161118223600j:plain

玄関入ってすぐのところから撮影しました。
右手に登山用ザックを置いておくための棚、左手に受付があります。
写真には写っていませんが、ザック置き場の手前に券売機があり、そこで入浴券を買って受付に出します。

営業時間は朝9時から夕方6時までですが、7月中旬の海の日連休から8月いっぱいの間は、朝8時~夜8時まで営業するそうです。
料金は大人800円、子供400円。ひらゆの森の入浴料が500円なことを考えると、やや高めかもしれませんが……。

でも、ひらゆの森に負けず劣らずいいお湯ですし、なんと言っても休日の昼でもそんなに混んでない!
なのでもし平日だったらひらゆの森でもいいですけど、休日なら中崎山荘をおすすめします。

受付で入浴券を出すと、引き替えに脱衣所のロッカーキーが手渡されます。
こちらのロッカーキーは数に限りがあるので、入浴後に食事や休憩をする場合は、先に受付にキーを返してね、とのことでした。

館内の案内図はこんな感じ。

f:id:happydust:20161118224603j:plain

一番奥に女湯、少し手前に男湯、そして休憩室とお食事処があります。

では、いざ浴室へ!

【風呂】★★★★☆ 数年前よりやや個性が薄くなった気がするけど、飲泉もでき、十二分にいいお湯!

廊下をつきあたりまで歩いていくと、女湯ののれんがかかっています。

f:id:happydust:20161118224842j:plain

館内はどこも新しくてきれいですね~。

脱衣所。

f:id:happydust:20161118224926j:plain

広々としていて清潔です。

ロッカーはこの1箇所のみですし、場所は受付で指定されてしまうので、混み合うとちょっと着替えがしにくいこともあります。
ただ、基本的にそこまでは混まないので、たまたま脱衣所に人が集中してしまったときぐらいですかね……。

洗面所。

f:id:happydust:20161119005521j:plain

アメニティは化粧水と乳液。ドライヤーも来客数に対しては十分な数があるので、ドライヤー待ちの列ができたりなどはありません。

 

f:id:happydust:20161119005644j:plain

綿棒もありました。
ちゃんと木の箱に入っているのがいいですね。

では、いざ浴室へ!

中崎山荘には内湯と大浴場があり、飲泉所も浴室内にあります。

内湯はこんな感じです。

f:id:happydust:20100617082417j:plain

出典:http://www.okuhida.or.jp/roten_catalog/detail?id=3311

檜造りの浴槽の中には、うっすらと青白く濁ったお湯が満たされています。
入ってみると、ほんのりと硫黄の香る良いお湯です。

飲泉は、壁際に「熱い源泉」と「冷たい湧き水」が湧き出ているところがあり、コップが置いてあります。
水は冷たくおいしく、源泉は驚くほど熱いですw 汲んですぐには飲めないぐらい。

洗い場の数も十分にあり、日帰り温泉でよく見かける、豆乳配合のシャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーが置いてあります。

内湯を十分楽しんでから、露天風呂へ。

露天風呂では、ちょっと不思議な光景が見れます。

f:id:happydust:20161119010934j:plain

一見すると、何のためにあるのかわからない、この大量の萱の束ですが……よく見ると萱を伝って温泉がぽたぽたと少量ずつ、浴槽に流れこんでいるのです。

 

f:id:happydust:20161119011147j:plain

こんな風に、萱の束の上に湯口があるんですね。
もし、萱をつたわずに湯口から直接浴槽にお湯が流れ込むと、冷めないのでめちゃくちゃ熱いと思うんですが、何本もの萱の束に沿って時間をかけてお湯が流れるため、その間にほど良く冷めて、浴槽は適温に保たれるということらしいです。

こんな仕組みのお風呂、初めて見たよ。。。

お湯は、内湯のように濁りはなく透明で、香りも薄いのですが、適温なので長湯しやすいです。

ただ、露天風呂ではありますけど、女湯の場合は特にこれといって眺望はありません。

奥飛騨温泉郷のホームページの写真だと、露天風呂から山並が見えるんですが、おそらくこれは男湯の写真なんじゃないかなあと思います。

f:id:happydust:20100617094254j:plain

出典:http://www.okuhida.or.jp/roten_catalog/detail?id=3311

浴槽も、女湯はもうちょっと狭くて、こぢんまりしてる感じがします。
とは言え、いいお湯なことは間違いないです。

お風呂あがりに、脱衣所で温泉利用証を見ると、ちょっと不思議なことが書いてありました。

これが露天風呂。単純硫黄泉。

f:id:happydust:20161119012118j:plain

 

これが内湯。アルカリ性単純温泉。

f:id:happydust:20161119012225j:plain

あれれ?なんかおかしいな。。。

入浴したときの感じだと、内湯のほうが確実に、青みがかっていて硫黄の香りもする硫黄泉だと思ったんですよ。
逆に、露天風呂のお湯は透明で香りも薄く、単純泉だと思っていたのに、どうして逆なの??間違えてるの……?

不思議に思いながらよくよく見てみると「温泉について お知らせ」という紙が隣に貼ってありました。

f:id:happydust:20161119012417j:plain

かつてこちらのお湯は、内湯はアルカリ単純泉、露天は硫黄泉だったのだけれど、平成26年5月の地震以降、単純泉にも硫黄の成分が混じるようになってきたため、現在は両方とも硫黄泉である、と。。。

うーん、うーん、でも、露天のほうが硫黄の香りは薄いように思うんだけどなあ。

露天風呂は加水しすぎて薄くなったのか?と思いきや、内湯は加水しているものの、露天は加水も無しとのこと。本当に??

なんだかいろいろ、自分の感覚に自信がなくなってきたのですがw
内湯のほうが濁っているので「硫黄泉っぽいな」と最初から思ってしまったのですけど、湧き出たばかりのときは硫黄泉も透明だから、露天のお湯のほうが新鮮ということなのかもしれませんね、もしかしたら。

実は、初めてこちらの温泉に訪れたのは平成25年の夏、件の地震が起こって泉質が変わるよりも前だったんですが、実はそのときのほうが、今よりお湯の個性が強かったような気もしたんですよね。
気のせいかもしれませんが、本当に、温泉は生き物なんだなあと、実感しました。

 

【食事】★★★★ ドリンクメニューがやや少ないのは残念だけど、飛騨牛は絶品でした!

温泉を思う存分堪能した後は、食事処へ向かいます。

f:id:happydust:20161119013815j:plain

中崎山荘に来たのは3回目ですが、先の2回はバスの時間を気にしながらの入浴のみの利用だったので、食事処の利用は今回が初めて。

昼食時を過ぎていたということもあり、先客は1名のみ。
カウンター席とテーブル席がありましたが、空いているのでテーブル席を広々使わせていただきます。

f:id:happydust:20161119020437j:plain

出典:http://www.okuhida.or.jp/roten_catalog/detail?id=3311

では、さっそくメニューを拝見します。

f:id:happydust:20161119014614j:plain

 

ここはやっぱり、ビールですかね!?
夏季限定の生ビールは、10月中旬の今日でも飲めるのでしょうか……?

f:id:happydust:20161119014725j:plain

ありました生ビール!うれしい!!
泡が細かくていいですね~。注ぎ方上手!

さて、食事のメニューは……。

f:id:happydust:20161119014820j:plain

山と言えばカレー!
ビーフカレーにキーマカレー。

おお!ほう葉ステーキ定食にほう葉みそ定食!

f:id:happydust:20161119014828j:plain

飛騨と言えば!ですね~。
しかし、「朴葉」の読みは「ほおば」だと思うの……。「ほうば」って入力すると、ATOKに「ほおばの誤り」って指摘されるのよ。。。

ラーメン4種に、スパゲティ3種。

f:id:happydust:20161119014837j:plain

以上!

さて、この中で私が注文したのは……

 

f:id:happydust:20161119015430j:plain

つまみのメニューの中にある、単品の、飛騨牛朴葉ステーキでした!
まあ、記事のタイトルにも書いてしまっているわけですが。。。
一応、昼食にそうめんも食べているので、もう炭水化物はいらない……つまみがあれば。

火を入れるときに、このぐらい時間が経ったら蓋をあけて肉をひっくり返してね、とコツを教えてもらいます。

f:id:happydust:20161119015606j:plain

時間がきて蓋を開けたところ。
バターとにんにくが載っています。そそられる。。。

真ん中の、火が通りやすいところからひっくり返していきます。

f:id:happydust:20161119015720j:plain

うわー、もう、今すぐ食べたいです!

食べました……おいしかった。。。
あまりにもおいしかったので、ビールがなくなる前に食べきってしまいました。

2100円は高いかなーと思いましたけど、いきなりステーキで2000円ぐらい出してステーキ食べるよりぜんぜん満足度高いです。(いや、いきなりステーキはいきなりステーキでおいしいと思うんですけどね。。。)

食べ終わってまったり。

f:id:happydust:20161119020021j:plain

木造りで、いい雰囲気ですよね~この食事処。
水出しアイスコーヒーも気になったんですけど、さっきコーヒーフロートも飲んじゃったからなあ。。。また次回だな。

お酒のメニューはやや少ないかな、と思ったんですが、朴葉ステーキが十分においしかったので満足です!

食事の後は、無料休憩所でバスの時間ぎりぎりまで、テレビを見ながらだらだら過ごします。

f:id:happydust:20161119020230j:plain

出典:http://www.okuhida.or.jp/roten_catalog/detail?id=3311

ほろ酔いで、至福の時間でした。

【再訪したい度】★★★★★ 新穂高温泉に下山したらやっぱり立ち寄りたい、定番の温泉施設

先に立ち寄った「ホテル穂高」も、思っていた以上に良かったのですが、あちらはやはり温泉ホテル、立ち寄りでは入浴できる時間も短いです。

でも、中崎山荘なら好きなだけのんびりして、のんだり食べたりごろごろしたりできますから、登山後の疲れを癒やすにはやはりここかなあと思います。

あ、でも、あまり混んでしまうと困るので、車で来られた方にはぜひ、平湯温泉方面に足を運んでいただきたいですw
ちなみに、中崎山荘にも、目の前に専用駐車場はあります。

それと、バスで来た場合、中崎山荘の最寄りのバス停は始発の次の停留所の「新穂高温泉」なんですが、始発の「新穂高ロープウェイ」まで歩いても5分ぐらいなので、そっちのほうが確実に座れますし、おすすめです。