読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

食事も温泉も楽しめる山梨の日帰り温泉 正徳寺温泉初花でぬる湯につかり、うな重をいただく

山梨の日帰り温泉【正徳寺温泉 初花】

正徳寺温泉初花は、源泉温度38度のぬる湯の温泉のすばらしさと、食事処でいただける鰻がとてもおいしいことで有名な日帰り温泉です。

f:id:happydust:20161222211047j:plain

所在地は山梨県山梨市。最寄り駅の春日居町駅からはぶどう畑を15分ほど歩いてたどり着きます。

以前も一度来たことがあったのですが、そのときはあまり時間がなくて自慢の鰻をいただくことができなかったので、今回、八ヶ岳登山の後に早めの夕食を兼ねて立ち寄りました。

ぶどう畑の中に突如現れる日帰り温泉初花。山梨市駅からはタクシーで5分

2016年11月初旬に、2泊3日で八ヶ岳を歩いた後、帰りにこちらの温泉に立ち寄りました。

と言うと「八ヶ岳に近い温泉なのかな?」と思われるかもしませんが、実はまったくそんなことはないのです。。。私が物好きなだけでね。。。

2泊3日の山行を終えた私は「美濃戸口」という登山口に下山しました。
2日目、3日目の山行についてはこちらに書いています。

美濃戸口は、茅野駅まで直通のバスが出ており、交通の便は良いのですが、残念ながら、登山口にも、茅野駅周辺にも徒歩圏内には温泉はありません。

温泉にこだわらなければ、美濃戸口にあるオーベルジュ「J&N」で日帰り入浴させていただいてもよかったのですが……


何を隠そう美濃戸口に下りたのはこの「J&N」で昼食をいただくためでした。
食事は噂通りのおいしさで大満足!でも、下山後の風呂はやできれば温泉がいいんだよなー。

そこで、茅野駅から1時間20分ほど各駅停車にゆられて、やってきたのが山梨市駅でした。途中、甲府や石和温泉駅も通過するのですが、今回はなんとなく、ここに来たかったんです。

春日居町駅からは徒歩15分ほど、ぶどう畑の中を歩く

正徳寺温泉初花の最寄り駅は、実は山梨市駅ではなく、一つ手前の春日居町駅です。春日居町駅からは徒歩で15分ほどでした。

以前来たときは季節も春で、昼間だったのでのんびり歩きましたよ。

ちなみに春日居町駅は無人駅なんですが、すぐそばに笛吹市が管理する無料の足湯があるという、素敵な駅です。

くわしくはこの記事あたりをご覧ください。

ameblo.jp

春日居町駅から初花までの道のりには、途中お寺があったりですね。

f:id:happydust:20161222213012j:plain

 

神社もありましたね~。

f:id:happydust:20161222213036j:plain

 

鳳凰三山から神霊を勧請した神社とのこと。山好きとしてはちょっと気になった。

f:id:happydust:20161222213118j:plain

 

で、お寺やら神社やらを通り過ぎた後はひたすらぶどう畑の間の道を歩く。

f:id:happydust:20161222213238j:plain 

どんどん歩く。

f:id:happydust:20161222213312j:plain

 

まだまだ歩く。

f:id:happydust:20161222213344j:plain

山並みがきれいですなー。

 

すると、ぶどう畑の中に突如、立派な温泉施設が現れます!

f:id:happydust:20161222213514j:plain

こんな感じで、昼間なら散歩がてら歩くのに心地よい道ではあるんですが、この日は既に夕暮れを迎えておりまして……春日居町駅からの道を一人で歩くの、やや心細いなーと思ったんです。

それで、タクシーが常駐している隣の山梨市駅まで行って、今回はタクシーで初花に来ました。1メーターぐらいで着きます。

さんざん一人旅してるくせに、暮れかけた人通りのない道の一人歩きを避けるなんてまだまだね……と思われるかもしれませんが、逢魔が時って言うじゃない。

繁華街を1人で歩くのは、わりと夜でも平気なんですけどねw(それもどうかと思うけど……)

正徳寺温泉初花の営業時間と定休日、利用料金とシステム

正徳寺温泉初花の営業時間は10時から21時30分まで。定休日は木曜日です。

中に入ったらまず、玄関前にある受付で3時間ぶんの利用料金の700円を支払います。

すると、浴室のロッカーキーを渡され、館内で食事などする際はこの、ロッカーキーの番号を見せてチェックしてもらい、退館時にまとめて受付で精算する、というシステムです。

3時間700円は高くも安くもないな、と感じましたが、鰻を食べるとなると時間もかかるだろうし、あまりゆっくりできないのでは?とも。。。
それで受付のお姉さんに「食事をする場合も3時間以降は延長料金がかかるんですか?」と聞いたら、食事をした場合は30分の延長料金がサービスされ、700円で3時間30分まで滞在可能だそうです。

ちなみに、延長料金は30分毎に200円です。なんか、漫画喫茶みたいな料金制度だな。。。

では、受付を済ませたところでまずはお待ちかねのお風呂へGO!

【風呂】★★★★ ぬるぬる感の強いアルカリ性のぬる湯が心地良い

正徳寺温泉で、なぜ鰻料理を提供しているかというと、オーナーがもともと、この土地で養鰻業を営んでいた方だからだそう。

この地で湧き出る水がミネラル分が豊富で、鰻がよく育つために「もしかして温泉掘ったら出るんじゃない?」とボーリングしてみたら、本当に温泉が出たんだとか。。。

温泉と鰻が好きな私にとっては、パラダイスのような施設ですね。もっと頻繁に来たいなー。

さて、受付から浴室のある棟の廊下を進んでいきます。

f:id:happydust:20161222221627j:plain

 

廊下には、貝の化石が飾ってあったり、山梨の温泉についての解説があったりしました。

f:id:happydust:20161222221657j:plain

この「大月短期大学名誉教授の田中収さん」という方の名前、山梨の温泉を巡っていると、やたらお見かけしますねw

 

f:id:happydust:20161222222113j:plain

突き当たりに男女別の大浴場があります。

この日は奥側に女湯ののれんがかかっていましたが、交代する日もあるのでしょうか……。

脱衣所には、スチール製のロッカーが並んでいます。

f:id:happydust:20161222222224j:plain

ロッカーの場所は受付で指定されてしまうので、好きな場所を選べないのはちょっと残念ですね。

上の段がいいとか、希望がある方は受付で伝えたほうがいいかも。
私がかつてバイトしていた日帰り温泉も、ロッカーをフロントで指定してしまう方式だったんですが、位置の希望を言われた際はなるべくなんとかするようにしていたので。。。

ちなみに、温泉のスタッフの女性たちもこちらの脱衣所を更衣室として使っているようでした。ちょうど交代時間だったのか、お店の制服を着た女性が数人入ってきたので「仕事終わりにお風呂に入るのかな?」と思ったら、単に着替えて帰っていったというw

洗面所には特にアメニティのようなものはありませんが、ドライヤーはあります。

f:id:happydust:20161222222504j:plain

廊下まではものすごくきれいでしたが、脱衣所と洗面所はやや、掃除が行き届いていない感があったのがちょっと残念でした。

人気のある温泉なので、追いつかないのかもしれませんね。。。

では、浴室へ。

内湯には洗い場と、源泉加温なし浴槽、ジャグジー付き加温浴槽があります。

洗い場にはボディシャンプーとリンスインシャンプーがありました。シャワーも使えますので登山後の入浴には問題なしです。

また、こちらの施設はカランからも温泉のお湯が出るんだそう。贅沢ですね~。

f:id:happydust:20161222224040j:plain

出典:山梨県 正徳寺温泉 初花 下道とことこ温泉めぐり

外の露天に近い、奥のほうの浴槽が加温浴槽ですね。
加温されてはいますが、ぬるめで40度ぐらいでしょうか。
ただ、こちらは循環、塩素消毒ありなのでお湯の特徴はかなり薄くなっています。

手前側の加温なし浴槽は、湧き出たままでの温泉がかけ流されており、飲泉もできます。わずかに黄みがかった、にごりのないお湯です。

湯口に置いてあったコップで飲んでみると、ほんのりと塩味と甘み、金気を感じました。

こちらの源泉浴槽のお湯は本当にすばらしくて、★5つ付けたいです!
湧出温度が38度なので、浴槽内ではおそらく36度ぐらいになっており、最初につかったときは「冷たいかも」と思うのですが、長く入っていると徐々に、体の芯がゆるんでくるような気持ちよさを味わうことができます。

また、ときどき加温浴槽に入って、また源泉浴槽に戻ってという交互浴も、しびれるような気持ち良さでしたねー。

ひとしきり内湯を楽しんだ後は露天風呂へ。

f:id:happydust:20130907095638j:plain

出典:http://4travel.jp/travelogue/10863604

奥に見えるのは、私は利用しませんでしたが、蒸し風呂だそうです。

露天風呂は広く、緑に囲まれていて開放感たっぷり!
外気に触れるため、温度が下がってしまうのでしょう、露天風呂も加温されています。でも、40度あるかないかぐらいの、最低限の加温でしたね。

しかし、残念なことに露天風呂のお湯からは少々、塩素臭がしました。
かなり広い浴槽なので、循環もしているんでしょうかね。

でも、そこまでお湯にこだわる人でなければ、この露天風呂はロケーション的にはかなりいいと思いますよ。寝湯もありましたし。

ただ、屋根が寝湯の上にしかなかったので、雨の日は入りづらいかもしれませんが。

蒸し風呂以外の浴槽に一通り入ってみて「やはりここは、加温なしの源泉浴槽一択だな」と再確認し、あとは時間のゆるす限り、ぬるい源泉風呂にゆったりと浸かっていました。

さて、食事をするために滞在時間を1時間半ほど残して、浴室をあとにします。
2時間近くぬる湯にだらだらと浸かって、至福の時間でした。

【食事】★★★★★ 温泉施設の食事処としては最高レベル。鰻もおいしいしおつまみ系も豊富

お風呂をあがった後はお楽しみの食事です!
ちなみに、食事処の場所は、玄関から入って左手にあります。(右手が浴室のある棟です)

 

f:id:happydust:20161223021448j:plain

食事処の営業時間は昼は11時から14時30分。夜は16時30分から20時30分と、温泉施設の食事処にしては珍しく、お昼休みがあります。

この日は、夕方近くになって入館したので、営業時間帯としては夜で、18時少し前というところでした。

夕食には少し早いタイミングではありますが、この日は三連休の中日で、浴室もわりと混んでいましたので、食事処も混んでいるのでは……?と、恐る恐る足を踏み入れてみると、案外すいてましたw

座敷の席と椅子の席があるのはいいですね。

f:id:happydust:20161223022121j:plain

そして、1席ごとにきちんと衝立やすだれがあり、隣の席と距離があるのもいいですね~。

私は、2人がけの座敷席に場所を取りました。さて、何を飲もうかしら。

お酒のメニューです。

f:id:happydust:20161223022347j:plain

日帰り温泉としては平均的なラインナップですが、日本酒・焼酎・ワインのどれにも、銘柄が書かれていないのはちょっと寂しいかな。

あとはソフトドリンクもありますが……

f:id:happydust:20161223022520j:plain

それと一応、ノンアルコールカクテルも。。。

f:id:happydust:20161223023855j:plain

なんでノンアルコールカクテルだけ、種類豊富なんでしょ。やっぱ車で来る人がほとんどだろうからなあ。

店員さんを呼んで「日本酒の生酒って何があるんですか?」と聞いてみたら、いくつか名前を挙げてくださったんですけど、生酒とは言えそんな希少な銘柄というわけでもないのに一合で865円はやや高いかな?と思ったら、一合売りじゃなく、300MLの小瓶での販売なんだそうです。なるほどね。。。

300MLの小瓶だと1人で飲みきれるか微妙だなーと思い、一合440円の普通の日本酒を、熱燗でいただくことにしました。

そして、何か軽く、つまみも一品いただきたいなー。
こちらの店、鰻だけかと思ったら、おつまみもかなり豊富なんですよ!

おすすめメニュー。魚介系のおつまみが多いですね。

f:id:happydust:20161223023003j:plain

鰯の大葉揚げ、ハタハタの唐揚げ、タコ頭刺身、トリ貝の刺身!

おすすめメニューその2。こちらは野菜中心。

f:id:happydust:20161223023109j:plain

下仁田葱天ぷらまたは焼き葱!無花果と生ハムとチーズのサラダ。。。

こちらは特におすすめということなんでしょうか?

f:id:happydust:20161223023237j:plain

こういうの、壁に貼ってあるのはわかりますけど、各テーブルにこの形で置いてあるのって新しいな。

さらに!松茸釜飯も!!

f:id:happydust:20161223023351j:plain

めっちゃ気になるけど松茸釜飯なんか食べたら、うな重は無理じゃん。。。

あと、通常メニューにも一品料理のページがありました。

f:id:happydust:20161223023527j:plain

鯛かぶとあら煮なんてあるのか。。。馬刺しも良いですな。

鰻の肝焼きやうざくなどの、鰻屋さんらしいつまみもあります。

f:id:happydust:20161223023618j:plain

よし!決めました。オーダーします。

まずは熱燗がきましたよ。

f:id:happydust:20161223023739j:plain

お通しは、ゴーヤのお漬け物です。

そして、つまみはこちら!

f:id:happydust:20161223024012j:plain

イチ押しされていた赤貝の天ぷら、550円です。

赤貝の天ぷらってたぶん初めて食べたんですが、日本酒と天ぷらってやはり合いますよね。
そして、天つゆと塩が両方ついてくるところもすばらしいと思います。

そうだ、つまみが出たからそろそろ鰻を頼まなくては。きっと時間かかりますよね。

うなぎのメニューはこちらです。

f:id:happydust:20161223024326j:plain

うわー、1人じゃなかったら白焼きもつまみで頼みたかったなあ。。。

あと、ご飯ものは定食もあります。

f:id:happydust:20161223024408j:plain

 

日帰り温泉食事処の定番、蕎麦とうどんをはじめとした麺類ももちろん。

f:id:happydust:20161223024451j:plain

なんと、ほうとうもあります。

鰻以外の丼メニューと、お子様メニュー。

f:id:happydust:20161223024531j:plain

いくら丼もいいですなあ。。。

 

ちなみに、うな重をはじめ、持ち帰り可能なメニューもありました。

f:id:happydust:20161223024652j:plain

 

あとは、ちょっとコースっぽいセットメニューもあります。

f:id:happydust:20161223024806j:plain

赤貝の天ぷらを頼まないで、こちらの御膳のどれかをいただくのでもよかったかも。

この日は土曜日だったので頼めませんが、平日限定のお得なメニューもありました。

f:id:happydust:20161223024844j:plain

主菜が選べる御前っていいですね。でも、これだと鰻はついてこないのか。。

 

……よし、決めた!

注文したとき「20分ほどお待ちいただくことになりますが、よろしいですか?」と確認されましたが、正直鰻って40分ぐらい待つのが普通かなと思っていたので、案外待たないなって思いましたw

そして20分後、来ましたよ!

うな重3200円。お吸い物とお新香付きです。

f:id:happydust:20161223025059j:plain

3900円のうな重(上)になると、お吸い物が肝吸いになり、お新香の他にサラダもつくようです。でも私はこれで十分です。いただきます!

鰻は肉厚で、よく脂ものっていて、ふっくらと蒸されています。関東風ですね。

ご飯の炊き加減もちょうどよく、お新香もおいしかったのです。ごちそうさまでした!

そういえば、入店したときは他にお客さんがほとんどいなかったんですが、鰻が来るころにはぼちぼち、夕食のお客さんで席が埋まり始めていました。

f:id:happydust:20161223025619j:plain

 

各席にお茶の入ったポットが置かれており、好きなタイミングで注いで飲めます。

f:id:happydust:20161223025630j:plain

 

お水は、ウォーターサーバーが置かれていて、そこからご自由にどうぞ、という方式でした。

f:id:happydust:20161223025639j:plain

お水も温泉水を冷やしたものなんですね。

あまり混んでいなくてくつろげたし、つまみ豊富だし、料理もおいしかったし、お酒の種類があまり多くないのだけちょっと残念だったけど、それを差し引いてもすばらしい食事処だと思いました。

【再訪したい度】★★★★★ 温泉はもっといいところもあるといえばある。でも食事処がすばらしいからまた来たい

山梨市周辺ってわりといい温泉が多くて、たとえば川浦温泉とかはやぶさ温泉とか、ちょっと甲府側に戻れば石和の深雪温泉とか、探せば極上のお湯が楽しめる温泉がいくつもあるんですよね。

それらのお湯と比べると、正徳寺温泉初花は、非加温浴槽はすばらしいんですけど加温浴槽の塩素の香りがやや気になったり、脱衣所がちょっと雑然としていたりと、手放しで褒められないところも見受けられました。

でも、食事処とトータルして、施設として考えるとやっぱりいい施設だなあと思うし、また行きたいなと。

帰りもタクシーを呼んで山梨市駅まで戻ったんですが、呼んだタクシーが来るまでの間、受付前のお休み処で待たせてもらいました。

f:id:happydust:20161223031052j:plain

こんな感じのスペースです。左側に、受付が見えますね。

テラス席もありましたが、ここは喫煙可能なようで、ちょっとたばこ臭かったですね。

f:id:happydust:20161223031123j:plain

 

お休み処の壁には、山梨県のおすすめ温泉が掲示されていました。

f:id:happydust:20161223031231j:plain

初花もあるし、はやぶさ温泉も入ってる!
やはり、ここにも大月短期大学の田中さんがいる!

行ったことのない施設、知らない施設もいくつかあったので、メモがわりについ、撮影してきてしまいました。

f:id:happydust:20161223031300j:plain

旭温泉にも行ってみたいんですよね……。

10分もしないうちにタクシーが来てくれたので、山梨市駅へむかいます。

 

f:id:happydust:20161223031611j:plain

温泉も食事も大満足な正徳寺温泉初花でした。

中央線沿線で、比較的行きやすい場所にあるし、また行きたいです。