温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

黒川温泉で出来たての塩麹のシュークリームを食べ歩き!パティスリー麓(ロク)で湯上がりスイーツ

パティスリー麓

パティスリー麓は、黒川温泉の中心街にある、焼き菓子や季節のロールケーキがおいしい洋菓子専門店です。

店舗は黒川温泉に1店舗あるのみなので、黒川温泉に行かなければ食べることができないのかなと思いきや「大九州展」などのイベントでデパートの催事場に出店していたり、冷凍が可能な、ロールケーキやチーズケーキ、プリンなどは通信販売も行っていたりします。食べログの口コミを読むと「催事場で食べてファンになり、黒川温泉のショップに行った」という方もいるようです。

f:id:happydust:20170205182042j:plain

実はこのパティスリー麓、催事場や通信販売では決して購入できない、黒川温泉のショップ限定の名物スイーツがあります。

注文後にその場でクリームをつめてくれる「塩麹のシュークリーム」です。

実は私も、黒川温泉にこれまで3回行って、3回とも食べているのですが……2016年の12月に再訪した際もいただいてきましたので、レポートしたいと思います。

 パティスリー麓の読み方は「ふもと」かと思いきや「パティスリーろく」だった

2016年12月に黒川温泉をおとずれた際、初日はチェックイン前に2軒の宿を湯巡りしました。

1軒目は温泉街の中心近くにある「お宿のし湯」

2軒目は少し離れたところにある「山みず木」に、無料送迎バスで行ってきました。

お湯もすばらしく、看板猫もかわいい「山みず木」の送迎バスで黒川温泉の中心街に戻ってくると、もうすぐ15時というところ。

今日泊まる宿には「14時以降なら部屋に案内できる」と言われていたので、そろそろ宿に向かいましょうかね。

観光案内所の近くで山みず木の送迎バスを降り、宿泊する宿に向かって坂道を下ります。

f:id:happydust:20170205183404j:plain
いかにも、温泉街という風情の坂道です。
温泉街って、なぜだか急な坂道があるイメージ。山の近くにあることが多いからでしょうか。宿で借りたサンダルを履いて出歩くと、下り坂で脱げそうになって困ったりした記憶がけっこうある。

途中には「黒川地蔵尊」なる、お地蔵様を祀った社もありました。

f:id:happydust:20170205183624j:plain絵馬のようなものがめちゃくちゃいっぱい、かかっているのですが。。。

よく見ると、絵馬ではなく、使用済みの入湯手形なのでした!

f:id:happydust:20170205183656j:plain

ここにかけておくと、御利益があるのでしょうかね。

黒川地蔵尊を過ぎると坂が終わるのですが、坂道を下りきったところで振り返ると、パティスリー麓があります。

f:id:happydust:20170205183925j:plainあ!今日はそんなに混雑してないですね!
こちらのお店、有名店らしく、時間帯によってはかなり混み合うんですよ。
特に、チェックアウト後の朝10時ぐらいに寄ると、お土産を買う人で溢れていたりするんですが、今日は午後だから空いているのかな。

というわけで、前回、前々回に続いて今回も立ち寄ってみることにしましたよ。

ちなみに、お店の名前は、山麓の「麓」という字を書くのですが、私はずっと「ふもと」と訓読みにするのかなあって勝手に思っていましたw
「麓(ろく)」と言うのが正しい店名のようですね。

パリパリのシュー皮にその場でクリームをつめてくれる。名物の塩麹のシュークリームは220円

店内に足を踏み入れます。

f:id:happydust:20170205234533j:plain

向かって右側に焼き菓子が陳列してあり、左側のショーケースにはロールケーキなどのクリーム類を使ったスイーツが並んでいます。

お客さんが多い日は、お店から人が溢れるような状態になりますので、今日はやっぱり空いていますね。

そして、突き当たりに見えるのがキッチンと言いますか厨房と言いますか。シュークリームを注文すると、焼き上がって出番を待っているシュー皮に、クリームを詰めて渡してくれます。

今回は、シュークリーム1個を、テイクアウトでお願いしました。220円です。
宿に入って、お部屋でゆっくり食べようと思ったんですよね。

すると、持ち歩きの時間を聞かれ、一応「30分ぐらい」と答えたら、保冷剤を入れてくれました。

「時間が経つと皮のパリパリ感がなくなってくるので、なるべく早めに食べてくださいね」

とのこと。
なるほど「できたてのシュークリーム」と「できてから時間が経ったシュークリーム」の何が違うのかと思ったら、クリームを詰めてからしばらくは、皮がぱりっとしているんですね。ここのシュークリーム食べるの3回目にして、初めて知りましたよ。。。

ちなみに、人が並んでいるときも、8割ぐらいのお客さんはシュークリームが目当てです。
注文を受けてからクリームを入れるので、用意するのに多少時間がかかるんですね。それで大勢並んでいたりするんですが、まあ、日持ちしないものなのでそこまで大量買いする人もいません。並んでいる人がいたとしてもちょっと待てばすぐ、シュークリームにありつけますよ。

別のお店でテイクアウトしたコーヒーと共に、お部屋でシュークリームをいただいた

パティスリー麓のお店の隅には、3席ほどイートインスペースがあるのですが、コーヒーや紅茶など飲み物は提供していません。なので、同じ通りにある別のお店でコーヒーをテイクアウトし、宿に戻りました。

じゃーん。

f:id:happydust:20170206132922j:plain

赤い紙袋に入れてくれました。
中には紙ナプキンと保冷剤が入っています。

f:id:happydust:20170206133053j:plain

皮はまだパリパリです。
普通のシュー皮よりもざらざらしているというか、固めでカリッとしたシュー生地です。食べて見るとまだ、サクッとした食感がしっかり残っています。
というのも、皮の表面に塩麹を使っているそうなんですね。クリームの中身ではなく。塩麹を使うことで、皮にパリっと感を出しているもよう。

割ってみます。

f:id:happydust:20170206133035j:plain

クリームは昔懐かしい感じのカスタードクリームで、比較的もったりとした重めのクリームです。量も多すぎず、少なすぎず適量です。

なので、食べ進めていっても

「クリームがシュー生地からどんどんこぼれてきて大惨事」

になるようなことはありません。
外で食べながら歩く人が多いので、工夫されているのかもしれないですね。

f:id:happydust:20170206000523j:plain
クリームの中にはバニラビーンズが見えますね。

とてもおいしいクリームでしたよ。温泉街で小腹が空いたときにぴったりですね。ごちそうさまでした!

これまでパティスリー麓でいただいたスイーツをご紹介

と言っても、毎回シュークリームをいただいているのですが、一応ね。。。

f:id:happydust:20170206133623j:plain

イートインスペースが空いていたので、座って食べたときに撮影しました。

シュー生地の上にちりばめられている粒々が、塩麹なんでしょうかね。

一度だけですが、ショーケースの中の洋菓子をいただいたことも。

f:id:happydust:20170206133728j:plain

モンブランをいただきました!

平均以上においしいモンブランではありましたが、特にお皿を借りれるわけでもないですし、飲み物も注文できないですから、あんまりイートインの意味はないかなって思いました。スプーンも、テイクアウトするときに付けてくれるプラスチックのスプーンですしね。

 外で食べながら歩いたこともあります。

f:id:happydust:20170206163743j:plain

 

垂れてくることがない程度のほどよい粘度があるクリームなので、食べやすいですね。

f:id:happydust:20170206163759j:plain

お店の周りでは、多くの人がシュークリームにかぶりつきながら歩いていて、それを見て「あれはなんだろう?」と思った方がまた、お店の中に入っていく感じです。

【再訪したい度】★★★★ 実はお土産に買った焼き菓子もおいしかった

イートインスペースがあまり居心地のいいスペースではないのが残念ではありますが、まあ、カフェをやっているわけではなく、角打ちみたいなものでしょうからそこは仕方ないかな。

クリームをつめたばかりのシュークリームって、なかなか食べる機会がないし、期待を裏切らないおいしいシュークリームなので、混んでいなければまた立ち寄りたいなと思います。

それと、以前お土産で買った焼き菓子もなかなかおいしかったんですよね。お腹や荷物に余裕があれば、またお土産に買ったり、買ってきて宿で食べたりしてもいいなと思いました。