読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

八ヶ岳山麓のオーベルジュ Yatsugatake J&Nで期間限定のリブロースステーキと昼酒

yatsugatake J&N

J&Nは、八ヶ岳の登山口である「美濃戸口」のバス停の前にある、入浴と宿泊もできるレストランです。

f:id:happydust:20161222113609j:plain

開業は2015年の11月とのことで、まだオープンして1年ほどの新しいお店。

「宿泊・入浴もできるレストラン」とのことですが、登山口にある登山者向けの宿なわけで。。。それって山小屋が昼食営業してるのとどう違うの?と思われる方もいるかもしれません。

でも、この建物の外観や内装、レストランのメニューの充実度、そして店名に「オーベルジュ」と冠しているところから、やはりここは「宿泊設備を備えたレストラン」なんだろうなーと思います。

八ヶ岳登山の後、バスを待ちながらお昼ごはんとビールをいただきました♪

八ヶ岳山麓の新名所!J&Nは、山の格好で入っていいの?と思ってしまうほど、おしゃれなレストラン

2016年の11月初旬、2泊3日で八ヶ岳の天狗岳と硫黄岳に登る山旅をしまして。
初日は、薪ストーブで焼いた厚切りトーストで有名なしらびそ小屋にも立ち寄りました。

初日の宿泊地は「雲上の湯」で有名な本沢温泉。

翌日は天狗岳に登ってオーレン小屋に泊まり。

最終日は、硫黄岳に登って美濃戸に下山したのですが、茅野駅行きのバスが出る時間よりも、45分ほど早いタイミングに美濃戸につきました。

f:id:happydust:20161222161545j:plain

なぜ、時間を余らせて下山したかと言えば、この八ヶ岳J&Nでお昼ご飯をいただきたかったから!

オープン当初から噂は聞いていましたし、食事や宿泊のレポートもいくつか読んで、行ってみたいと思ってはいたんですけど、なかなか時間があわなかったんですよね。

レストランの営業時間が11時から20時までなので、立ち寄るとしたら下山時なんですが、この1年間の登山では、入山口を美濃戸にしたことはあったものの、美濃戸に下山したことはなく。
というのも、稲子湯や渋の湯などに下山すればすぐに温泉に入れますので、どうしてもそちらを選びがちだったんですが、今回はJ&Nに立ち寄るために、美濃戸に下山することにしたんです。

正面から見たJ&Nの建物。

f:id:happydust:20161222145655j:plain

代官山あたりにあるカフェっぽいですね。

山の格好で入っていいのかしら、と躊躇してしまうお洒落っぷり。
でも「登山者向け」の施設ですからね。ちゃんと黒板にも書いてありますw

f:id:happydust:20161222160746j:plain

入浴設備もあり、700円で浴室も利用できるようです。レストランで食事をすると、350円で入れるんだそう。

公式サイトを見ると、温泉ではないものの、地下から汲み上げたミネラル豊富な伏流水を使ったお風呂で、浴室はできたばかりなので新しくきれいです。
また、山中の入浴設備は石けん使用不可なところが多いですが、こちらでは石けんも利用できますし、シャワーもあります。
シャンプー・ボディシャンプー・ドライヤーも設置してあり、タオルのレンタルもありますので、手ぶらでも入浴可能ですね。(小タオル200円、バスタオル300円)

宿泊料金は素泊まりで4800円ですが、宿泊料金にタオルのレンタル代も含まれており、歯ブラシセットもいただけるようです。かつ、下山後の入浴料と駐車場料金も無料なんだとか。このあたり、山小屋とは一線を画したサービスですね。

ちなみに木曜日が定休日ですが、11月は2週目~月末まで長期でお休みするとのことでした。11月の八ヶ岳は人が少ないですから、ゆっくり休んで冬の営業の準備を整えるのかもしれませんね。

それでは、中に入ってみたいと思います。

ややお値段は高めだが、丁寧に作られているのがわかる料理

店内は、4人がけのテーブルが5~6脚と、2人がけのテーブルが2~3脚、そしてテラス席にもいくつかテーブルがありました。

「お好きな席へどうぞ」と言われたので、テラスに面した室内席の2人がけのテーブルへ。
先客は、男女混合の4人グループが室内に1組と、女性の1人客がテラスに1人いらっしゃいました。

テラスもいいんですが、日差しがちょっと強いのでね。。。

f:id:happydust:20161222162204j:plain

 

サンルームっぽい席も素敵ですね。

f:id:happydust:20161222162333j:plain

 

浴室や宿泊施設は、玄関から入って右手、この写真だと奥のほうにあるみたいですね。

f:id:happydust:20161222162414j:plain

 

キッチンもカフェっぽい。おしゃれ。。。

f:id:happydust:20161222165319j:plain

 

私のほうは、まあこんな感じで。。。

f:id:happydust:20161222162626j:plain

テーブルの向こう側の椅子にザックとサコッシュなどを置いて席につきました。
なんかやっぱり、この店の内装と山道具ってそぐわないなw
あ、ランプは私が持ってきたわけじゃなく、お店のものですよ!

八ヶ岳J&Nのメニューはこちら

では、メニューを見てみましょう。

f:id:happydust:20161222162749j:plain

パスタにパニーノ、カレーにサンドイッチにハンバーグ。おつまみ系もいろいろ揃ってます。
うわああああ自家製ポークリエット!食べたいなー。フォアグラときのこのココットごはんも気になるけど、2500円か、うむ。

デザートと飲み物のメニューはこちら。

f:id:happydust:20161222162924j:plain

お酒の種類はそんなに多くはないですが、ビールと赤と白のワインはあります。

コーヒー紅茶などのソフトドリンク類もそれなりにあります。
場所柄、車で来る人が多そうだし、そんなに飲む人は多くないのかもしれませんね。

でも、私はもちろん飲むよ!

さて、何をいただこうかなーと思ったときに目に入ったのがこちら。

期間限定のステーキプレート、1700円です。

f:id:happydust:20161222163323j:plain

通常メニューだとリブロースステーキは2500円ですから、これはけっこうお得なのでは?よし、これにしましょう。

で、あとはグラスの生ビールをいただきます。控えめに小グラスのほうで!

「ビールは先でよろしいですか?」と聞かれたので、もちろん先に持ってきてもらいます。

きました!

f:id:happydust:20161222163642j:plain

え……?カフェラテは頼んでいませんよ?

と思ったら、こちらがグラスビールなんだそうです。ほーーー。
金属製、銅製のグラスですかね?よく冷えていて、泡がめちゃめちゃきめ細かいです。素敵なグラスでいただくと、それだけでなんだか贅沢な気持ちになりますね。
まあ、山の中で、シェラカップで飲むビールもあれはあれでいいんですけどもw

ゆっくりとビールを味わっていると、間もなくステーキが来ました!

f:id:happydust:20161222164649j:plain

ガラスのカップに入ったサラダ付き。
ステーキの周りにも、焼いた玉ねぎやパプリカが敷き詰められ、ステーキだけどかなり野菜たっぷりです。

登山中の食事は、どうしても炭水化物に偏りがちで、特に野菜はなかなかたくさんは食べられないので、ありがたいですね。

味もおいしいです!野菜はどれも新鮮そのもの。
ステーキは和牛のように脂いっぱいではないですけど、それなりに脂ものっていてボリュームもあり「お肉食べた!」という満足感がかなり得られます。

ステーキソースも醤油ベースでおいしく、ご飯がすすむ味ですね~。

あっという間に平らげてしまい、ビールも一緒になくなりました。
さて、デザートを注文するか否か……と考えていたら、もう、バス停に帰りのバスが来ていました。

f:id:happydust:20161222165203j:plain

ほんとにバス停の目の前なんです。

発車時刻まではまだ10分少々あるけど、追加注文はきびしいかなあ。もうちょっと早く下山すればよかったw

トイレに行ってお会計することにしました。
ちなみに、トイレもかわいい&きれいで、洗面所にはロクシタンのハンドソープが置いてありましたよ。随所にこだわりが感じられるというか、いろいろ上質な感じ。

お会計するとき、レジの隣にデザートなどが入っているショーケースがあったので、写真を撮らせていただきました。

f:id:happydust:20161222165715j:plain

本日のスイーツ(700円)は、このりんごのタルトだったんですね!食べたかった。。。

プリン、パンナコッタ、ティラミスもおいしそう!!

それもそのはずで、こちらで料理を担当されているご主人、元は東京でパティシエをされていたんだそうです。おいしそうなはずだよ。。。

brari.net夫婦で登山を趣味にしていたところから、登山者のためのオーベルジュを開くことになるとは、なんだか素敵だわー。
そして、店名の「J&N」は「Jiro&Naoko」という、2人のイニシャルだったんですね。どこまでも仲良し夫婦な感じで、うらやましいぞw

後ろ髪を引かれつつ、バスに乗って茅野駅に向かいました。

次回はきっと、泊まりで来てみたいなあ。
でも、下山後はやっぱり、温泉に入りたいと思ってしまうから、泊まるなら前泊利用でしょうか。

きっと近々、八ヶ岳J&Nに宿泊するための山行を、計画してしまいそうです。