温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

鳴子温泉 銀の匙で洋食ランチ!名物マスターのいる洋食店でハンバーグをいただく

鳴子温泉郷 銀の匙

銀の匙は、鳴子温泉街にある洋食店です。
寡黙なマスターがキッチンもホールもすべて1人で回しているので、お客さんが多いときは時間がかかるのですが、ブログや食べログの口コミを見るとどのメニューもとてもおいしそうなので、一度行ってみたいと思っていたお店でした。

f:id:happydust:20170329210248j:plain

2016年の年末、鳴子温泉郷を旅した際にランチタイムにハンバーグをいただいてきましたので、レポートしたいと思います。

陸羽東線で鳴子御殿湯駅から鳴子温泉駅へ移動

東鳴子温泉の勘七湯で日帰り入浴をして、外に出たところで時間は午前11時50分ごろ。

実は、11時58分に鳴子御殿湯駅を出る電車に乗るために、時間を見てお風呂からあがりました。

お土産屋さんの「なるみストア」の前を足早に通りぬけます。

f:id:happydust:20170329214622j:plain

 

坂を上った先の、少し小高くなったところに、鳴子御殿湯駅の駅舎が見えます。

f:id:happydust:20170329214727j:plain

 

坂を上りながら途中で振り返って、東鳴子温泉街に別れを告げました。

f:id:happydust:20170329214746j:plainここにもまた来たいなあ。。。

鳴子御殿湯駅の駅舎です。

f:id:happydust:20170329214736j:plain駅舎はまだ新しくてきれいですね。Wikipediaを見たら、2004年に新築されたんだそう。

駅舎の中にはわりと広い待合室もあり、ほんのり暖かかったです。

f:id:happydust:20170329214838j:plain陸羽東線は無人駅も多いですが、鳴子御殿湯駅はちゃんと友人の窓口があったので、切符を購入します。

定刻どおりにやってきた陸羽東線に乗り、約4分の乗車で鳴子温泉駅に着きました。

鳴子温泉に来て3日目、ようやく銀の匙に行くことができた

正午過ぎに鳴子温泉駅に着いた私は、迷わず温泉街にある洋食店、銀の匙に向かいます。

実は、銀の匙という洋食店について知ったのは、2016年の10月に日帰りで鳴子温泉に来たときでした。

このときは時間がなくてお店に入って昼食をいただくことはできず、カーベホリエさんというパン屋さんで菓子パンを買い、コーヒーと共に駅でいただいたのですが。

カーベホリエのパンもとてもおいしかったのです!が、その隣でひっそりと営業されていた洋食屋さんが、気になって気になって。。。次回は絶対行くぞ!と思っていたのでした。

それで、今回は鳴子に来た初日から、お昼時に銀の匙さんの前に様子を見に行ったのですが、なぜか営業しておらずで。

銀の匙の営業時間はランチタイムは11時から15時まで。ディナータイムは17時30分から21時。定休日は第2・第4火曜日とのこと。その日は定休日ではなかったはずなのですが、もしかして、もう早めの正月休みに入ってしまったのかしら。私は今回もまた銀の匙に行けないのかしら……。

鳴子温泉駅から銀の匙までは徒歩3分の道のりです。

 

三度目の正直!を信じて銀の匙の前まで行ってきたところ。。。

f:id:happydust:20170329215833j:plainあ!看板が出ている!営業していますよ♪

外に出ている看板には、メニューと、近隣の駐車場の案内が書いてありました。

f:id:happydust:20170329215920j:plain

 

反対側から見るとこんな感じ。

f:id:happydust:20170329220001j:plain木の看板が味がありますよね。

では、入ってみたいと思います。席空いてるといいなー。

洋食屋 銀の匙の店内

店内には4人がけのテーブルが4つ。

f:id:happydust:20170329220139j:plain

幸いにも、入り口近くのテーブル席が空いていました。私以外にも女性の1人客がいてちょっとホットしたり、
マスターは調理中らしく、なかなか出てきそうになかったので、勝手に座ってしまいます。

お一人で調理とホールを回されているので、なかなかホールに出てこなかったり、混んでいると料理が出てくるのが遅いこともある、ということは口コミなどを読んで予習済み。
ぼんやり待っていると、他のお客さんの料理を運んでくるタイミングで気づいてもらえたようで、席までメニューを持ってきていただけました。

洋食屋 銀の匙のメニュー

こちらが銀の匙のランチメニューです。

f:id:happydust:20170329220544j:plain
基本を押さえた洋食メニューが並んでおり、食欲をそそります。
ランチタイムとディナータイムでメニューは変わることはないようですね。

しかし、ランチタイムであっても旅先では一杯飲みたい私。。。

f:id:happydust:20170329220651j:plain
うわーーーおすすめ地酒もめっちゃ気になる!!けれど、洋食と一緒にいただくとなるとここはビールではないの?ねえ。。。どうしよう。。。

結局、定番のハンバーグとビールを注文し、席で待つことに。

銀の匙でいただいたのはこちら

まずは、生ビールを持ってきていただきました!

f:id:happydust:20170329220913j:plain

私のそれほど好きではないアサヒスーパードライですが、風呂上がりなのでまあおいしいです。お通しなどは特にありません。

「料理が出てくるまで時間がかかることがある」とは聞いていましたが、たまたま、私が注文したタイミングで前に入っていた注文が全部はけたところだったようで、すぐに作っていただけたらしく、そんなに待つことはありませんでしたね。

ちなみに、こちらのマスターの何が名物かというと「寝癖がすごい」ということと「無愛想」ということのようです。

「無愛想」のほうは、たしかに笑顔はなかった気はしますが、接客が雑というわけでもないので別に気にはならなかったです。

「寝癖」のほうは、実はちょっと楽しみにしていたのですが、この日はずっと、ニットキャップを被っておられたので、見ることができませんでした。いったいどんな寝癖なんでしょうね。。。

10分ほど待ったでしょうか?ハンバーグが来ましたよ!

f:id:happydust:20170329221525j:plainご飯と、大根のお味噌汁付きです。

甘めのデミグラスソースがかかったハンバーグが、どーんと2個。うれしい♪

f:id:happydust:20170329221606j:plain付け合わせの野菜もおいしそうです!

大根たっぷりのお味噌汁もうれしいなあ。

f:id:happydust:20170329221651j:plain

 

ハンバーグは、箸ですんなりと切れるぐらい、柔らかく煮込まれています。

f:id:happydust:20170329221721j:plain

つなぎ多めで、しかも煮込んであるのでかなり柔らかめの仕上がりなんですね。
肉!って感じのハンバーグが好きな方には物足りないかもしれませんが、私はこういうハンバーグ好きです。

家庭のハンバーグっぽくもあるけど、デミグラスソースの味は複雑で大変おいしく、家のハンバーグとはやはり、一線を画する味でしたよ。

味わっていただいて、お店を後にしました。その間お客さんは一組帰ると一組入ってくる、という具合で、席はだいたい埋まっている状態でしたね。
おいしかったです!ごちそうさまでした!

【再訪したい度】★★★★★ カキフライやビーフシチューも気になるので、ぜひまた来たい

鳴子温泉は、駅前の喫茶店の料理メニューもなかなかおいしかったのですけど、やはりこちらのお店は洋食店ということで、手間がかかっていることがはっきりとわかる、おいしい洋食を提供されているように思いました。

メニューはそんなに多くなかったり、時間に余裕を持って行かなければならなかったり、というところもあるのですけど、それでも「次鳴子に来たらまた行きたい」と思えるおいしさだったと思います。

食べログや、こちらのブログで紹介されているその他のメニューもかなりおいしそうで、特にカキフライとビーフシチューが気になりました。

次回はおすすめの日本酒も飲んでみたいなと。
また必ず行きたいお店が一つ増えましたね。

さて、銀の匙さんを出た後は、もう一軒日帰り入浴に行きますよ!