読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

上諏訪の鰻の名店 古畑うなぎ店で鰻重と白焼きと昼酒 

古畑うなぎ店

諏訪というところは、なんだかやたらに鰻屋さんが多い街なのですが、古畑うなぎ店はその中でも特に人気のお店です。

上諏訪の宿に泊まって外で食事を取ろうとして、宿の方に「このあたりでおすすめの店は?」と訊ねると必ず名前があがるような。地元の方にも人気の鰻屋さんのようですね。

f:id:happydust:20170419203838j:plain

2017年の2月に、八ヶ岳でスノーハイクした帰りに立ち寄って、鰻とお酒をいただいてきましたので、レポートしたいと思います。

八ヶ岳から下山後、茅野駅周辺には温泉がないので、電車で上諏訪まで来た

2月のよく晴れた週末に八ヶ岳をスノーハイクした私は、午前中のうちに渋の湯に下山。空いている11時35分発の茅野駅行きのバスに乗りました。

初日は高見石小屋に泊まって揚げパンをいただき

のんびりと山の時間を楽しんだ翌日は、黒百合ヒュッテを経由しておはぎを食べました。

「やっぱり八ヶ岳はいいなあ」

と素直に思える、良い山旅だったと思います。

さて、下山した「渋の湯」には文字通り温泉宿がありますので、こちらでお風呂に入ってもよかったのですが、今回は渋の湯さんではお風呂には入りませんでした。

時間に余裕がなかったということもありますし、渋の湯で日帰りで入れる浴室にはドライヤーなどがなく、女性が登山後の入浴に使うにはちょっと寂しいから、というような理由で。。。今もそうなのかはわかりませんが、以前、2~3年前に入ったときはドライヤーはありませんでした。

あと、この季節に冷泉の源泉浴槽に入るのはちょっときついかなあというのもあり。
渋の湯さんで日帰り入浴できる浴室は、あたたかいお湯は湧かし湯で、源泉は冷たい浴槽のみなんですよね。泊まると温かい源泉浴槽もあるようなんですが。。。

そんなわけで、12時30分過ぎには茅野駅に着いた私。
どこかでお風呂に入りたいところだけれど、茅野駅の周辺には温泉に入れるところはありません。なので1駅だけ電車に乗って上諏訪に行くことにしました。

13時1分に茅野駅発の電車に乗り、13時7分には上諏訪駅に到着。
さてお風呂……と思ったけど、お腹がすいたのでその前に何か食べたいなー。

そう思って、駅周辺で探し当てたのが「古畑うなぎ店」です。

上諏訪駅から徒歩3分の古畑うなぎ店へ

食べログの評価が大変高い店なので、以前もお店を探したときに候補にしたことはあったのですが、人気店らしいので混んでいるだろうなと思い、別の店に入ったんですよね、たしか。

今回はお昼をいただくには少し遅めの時間帯だし、なんとか入れるんじゃないかなあ。もし、混んでいたらあきらめて、以前行った「そばごころ小坂」にでも行けばいいや。

そばごころ小坂さんは、上諏訪の駅近くにあるお気に入りのお蕎麦屋さんです。

そんなことを考えながら、上諏訪駅から徒歩3分ほどのところにある古畑うなぎ店にやってきました。

f:id:happydust:20170419210838j:plain

古畑うなぎ店の営業時間は、お昼は11時30分から14時ラストオーダー。夜は17時から20時ラストオーダー。水曜日が定休日です。

のれんをくぐり、中に入ると若い女性のスタッフが出てきて「今いっぱいなので、少々お待ちいただいてもよろしいですか?」と声をかけられました。

私の前に並んでいる人はいないようなので、それならばまあ、待ちましょうと、レジの前に置かれていたベンチに座って待つことに。

f:id:happydust:20170419210913j:plain

老舗の名店!などと書かれているブログも見ていたので少々緊張していましたが、レジの周りを見ると、ほどよく雑然としていたので、なんとなくホッとしました。

5分ほどで2人のお客さんがお会計に来たので、10分弱の待ち時間で中に入れました。
このとき13時30分。ラストオーダーの14時まで私の後にお客は来ず、私がお昼間の最後のお客になりました。

座敷の一番奥の席に案内されました。店内が見渡せて良いですね。

f:id:happydust:20170419211207j:plainこんな感じで6人掛けの座卓が4卓ある座敷と、左手に見える襖の向こうにも座敷があるようでした。

入店してからしばらく経ってから撮影した写真なので、手前の2卓が空いていますが、私が座った時点ではそちらの席にも2組お客さんがいて、たしかに満席状態でしたね。

古畑うなぎ店のメニュー

古畑うなぎ店のメニューは、比較的シンプルな構成です。

f:id:happydust:20170419211520j:plain

蒲焼き、白焼き、そしてうな重が4種類。

つまみ類とお酒。

f:id:happydust:20170419211605j:plain

こちらもシンプルです。
お酒の種類はそう多くはないけれど、地ビールの「諏訪浪漫」を置いているんですね。

先にお酒とつまみをいただこうかと思い、肝焼きを注文すると「今はやっていない」とのこと。
うーん、だとすると日本酒に合うつまみは……よし、いっそ白焼きだ!
と思い、白焼きと熱燗を頼みました。

f:id:happydust:20170419211854j:plain

熱燗と一緒に、お通しで小魚を甘く煮たものをいただきました。
これだけでかなり飲めちゃうなあ。。。

15分ほど待ったでしょうか。白焼きが登場!

f:id:happydust:20170419212215j:plain

浅めの丼のような器に入っていました。

じゃーん。

f:id:happydust:20170419212303j:plain

 

おおー!これはおいしそう。。。

f:id:happydust:20170419212319j:plain

わさび醤油をつけていただくと、口の中にじんわりと、鰻の脂の旨みが。。。
日本酒と、わさび醤油と鰻と、合わないわけがない。
私、わさびはあまり得意ではないほうなんですが、脂ののった鰻だとわさびの風味に負けないからか、山葵醤油でいただいてもおいしかったですね。あっという間に食べ終わってしまいましたよ。

さて、実は白焼きが来た段階で私、うな重の中で最もサイズの小さい「松」を注文しておりました。

白焼きがなくなってから少し経って、うやうやしくお重が登場!

f:id:happydust:20170419212436j:plain

漬物も信州らしく野沢菜漬けもついていて、おいしそうですね。

じゃーん!

f:id:happydust:20170419212453j:plain

おお……お吸い物の肝吸いの肝が、なんか大きい!!

つやつやと輝く鰻の蒲焼き。

f:id:happydust:20170419212506j:plain

一番小さい「松」とは言え、値段は2700円ですから、それなりにボリュームがあって然るべき、とは思いますが、登山帰りでかなりお腹がすいていた私でも、十分満足できる量でした。おいしかったです!
漬物も、肝吸いも、ご飯もおいしかったなあ。。。

気がつくと、店内には私だけ。襖の向こうにいたお客さんも、お会計されて帰ってしまいました。

f:id:happydust:20170419212520j:plain

この後お風呂に入りに行くので、酔い覚ましに急須に入ったお茶をしっかりいただいて、14時ごろにお会計し、お店をあとにしました。

【再訪したい度】★★★★ とてもおいしい鰻だったけど、つまみと酒の種類が少ないのは残念かも

うなぎは本当においしく、お店の方のサービスもつかず離れずで心地良いものだったのですが、肝焼きやってなかったのがちょっと悲しくて。。。

食べログの口コミを読むと、どうも今日たまたまやっていないのではなく、忙しいから最近はつまみ類はあまり出していないということのようです。それはちょっと残念。

やっぱり私は、蕎麦屋も鰻屋もちょっと飲めるお店が好きで、リピートしてしまうんですね。日本酒の種類も、もうちょいほしかったな、なんて。

でも、酒にこだわらず、ガッツリ鰻を食べるぞ!というのにはいいお店だと思います。駅からも近いですしね。

古畑うなぎ店を出ると、実はお隣にも鰻屋さんがあったんですね。

f:id:happydust:20170419212542j:plain

次回はこちらに寄ってみようかしら。。。

さて、お腹が落ち着いたら温泉に行きますよ!