温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

別府駅近くの紅茶専門店 ティールーム コージーコーナーで絶品フレッシュフルーツのタルトをいただく

ティールームコージーコーナーは、別府駅からほど近い通りにひっそりとある、カウンター5席のみの紅茶専門店です。

店名から、ジャンボシュークリームで有名な「銀座コージーコーナー」を、どうしても連想してしまいますがまったく関係ないそうでw
実は別府の喫茶店の中でもかなりのお気に入りで、滞在中に2回来てしまったことも。

別府のコージーコーナーは、スコーンやショートブレッドなど、紅茶に合う焼き菓子がおいしいお店です。

f:id:happydust:20170127130059j:plain

ちょっとアンティークな雰囲気があり、かわいらしい店構えですよね。

実は大のお気に入りで、別府に行くたびに立ち寄っているこちらのお店について、レポートしてみたいと思います。

地方都市では珍しい紅茶専門店が駅近にあることも、別府を好きな理由のひとつ

こだわりのコーヒーを出す喫茶店やコーヒー専門店は、ある程度の規模の街に行けば、高確率で見つけることができますが、紅茶にこだわっている店や紅茶専門店って本当に少ないです。

今でこそ当たり前のようにコーヒーライフを楽しんでいる私ですが、実は数年前まで、健康上の理由でなるべくコーヒーを飲まないようにしていました。当時は紅茶ばかり飲んでいたんですけど、紅茶にこだわっている店ってなかなかなくて。東京にいてもあまり見かけないぐらいだから、旅行中に紅茶のおいしいお店に出会うことなんて本当にまれでした。

初めて「ティールームコージーコーナー」に足を踏み入れたときは

「駅から歩いてすぐのところにこんな素敵な店があるなんて!別府っていいところだ!」
「こんなお店がどこの街にもあればいいのに!」

と思ったものです。

別府駅からは徒歩5分。駅前高等温泉の次の角を右に曲がり、2ブロックほど歩いたところにあります。

先日ブログでもご紹介した「大和田鮨」さんの数軒隣です。

大和田鮨さんの大将は、昔ながらの職人肌の方でしたが、コージーコーナーのマスターは、対照的に、飄々としていてお話し好きな方です。

f:id:happydust:20141107214957j:plain
出典:http://toshihak.lolipop.jp/beppu/b9500.html

写真が掲載されているサイトがありましたので、お借りしました。

50歳ぐらいまでサラリーマンをされていて、脱サラしてお店を始められたとのこと。
大学は東京で、中野に住んでいたことなどを、ちょっとはにかんだような口調でいつも話してくださいます。いろいろ喋ってくださるんですけど、あまり雄弁なタイプではないのがかわいくて好きですw

お店の営業時間は12時30分から15時30分までと、17時30分から21時30分まで。お茶を出すお店にしては珍しく、2時間の中休みがあります。そのぶん、夜は少し遅めなんですね。

お店の建物はこんな感じ。

f:id:happydust:20170127182030j:plain

聞いたことはないけれど、もしかして上の階にお住まいだったりするのかな。別府がご実家みたいだから、それは違うか。。。

大和田鮨さんをはじめ、飲食店が立ち並ぶ通り沿いに、わりとひっそりとあります。

f:id:happydust:20170127182323j:plain
なので、近場で一杯飲んでから立ち寄ったことも何度か。

夜9時30分まで営業しているのはありがたいですね。

f:id:happydust:20170127182548j:plain

では、入ってみましょうか。

ティールームコージーコーナーのおいしい紅茶と焼き菓子のメニュー

店内は広くはなく、席はカウンター5席のみです。

f:id:happydust:20170127182705j:plain

だから、いつまでもずっとここにあって欲しいのですけど、あまり流行りすぎるのも困るなあw

席に座ると、カウンターに並べられたさまざまな紅茶の缶や、自家製の焼き菓子が目につきます。

f:id:happydust:20170127182751j:plain

焼き菓子はこっちにも!

f:id:happydust:20170127182850j:plain

あ!マスターが写ってたw
すべてマスターの手作りの焼き菓子ですよ!最近は、お菓子教室のイベントをやられたりもしているみたいです。

本日のお菓子のメニューはコルクボードに貼ってありました。
「今日のオヤツ」というのがいいですね!

f:id:happydust:20170127183025j:plain

今日は「洋なしのタルト」と「栗のタルト」と「フレッシュフルーツのタルト」の3種類もあるのか……迷っちゃうなー。

オヤツの写真。。。魅力的だわ。。。

f:id:happydust:20170127183247j:plain

こちらの写真は毎日貼り替えるわけではないので、その日のメニューにはないものも貼られています。

紅茶のメニューは3ページ。
「エリアティー」と「ブレンドティー」と「フレーバードティー」に分かれています。

f:id:happydust:20170127183424j:plain

「エリアティー」は「ダージリン」や「アッサム」などの産地を限定した紅茶で「ブレンドティー」は産地を限定していない紅茶です。「チャイ」なども「ブレンドティ」に含まれていました。

フレーバードティはこちら。

f:id:happydust:20170127183454j:plain

アールグレイに代表される、茶葉に香りをつけてある紅茶です。

メニューには「ストレートでいただくのがおすすめ」の葉っぱマーク、「ミルクティーがおすすめ」の牛乳瓶マーク、「アイスティーにおすすめ」のスプーンマークがそれぞれついています。
私は夏は別府に来たことがなくて、アイスティーはいただいたことがないんですけど、どんな茶葉でもアイスティーを作ってもらえるみたいですね。

この日は、11月下旬から6月ごろまで提供されているこの店の看板商品「フレッシュフルーツのタルト」をいただこうと思っていました。

f:id:happydust:20170127190635j:plain

実は以前も食べたことがあるんですが、この写真を見るとやっぱり魅力的だわ……と思いまして。

それで、フレッシュフルーツのタルトに合う紅茶はどれか聞いてみました。すると

「フレッシュフルーツのタルトに合わない紅茶っていうのも特にないけど……しいておすすめをあげるなら『マルコポーロ』あたりかなあ。うちの店ではいつも人気の銘柄ですよ」

とのことでしたので、おすすめにしたがってマルコポーロをオーダーしてみました。
フレーバーティって、安い物だと特に、香りが強すぎて気持ち悪くなってしまうからあまり選ばないんですけど、きっとここならそんなことはないでしょう。

ああ、マリアージュフレールの紅茶なんですね!なんだか、昔すごく人気があったって聞いたことあるよ、マリアージュフレールの「マルコポーロ」。

そうしたらマスターが

「バブルの頃は、日本人が大挙してフランスに行ってね、山ほどこの紅茶を買いこんできたものですよ」

と教えてくれました。なるほど、人気があるのはきっと、その頃のことを覚えていて、懐かしんで注文する人が多いんでしょうね。私は「マルコポーロ?」って感じだったから、今日マスターにおすすめされるまで、まったく頼んでみようと思わなかったよ。

そんなお話しをしているうちに紅茶が目の前に置かれます。

f:id:happydust:20170127190131j:plain

大きめのカップにたっぷりの、マルコポーロ。

フレーバードティなんでしょうけれど、鼻につくような強いかおりではなく、柔らかに花のような、フルーツのような香りが漂います。

飲んでみると、すっきりとした味わいで、ちょうどいい濃さに煎れられていました。さすが。

f:id:happydust:20170127190506j:plain

ティーカップとお揃いのお皿に、タルトもサーブしていただきました。

おお!やっぱりおいしそう!!!

f:id:happydust:20170127190734j:plain

いちご、りんご、バナナ……。

ちょっと見えにくいんですが、キウイフルーツとブルーベリーも載っています。

f:id:happydust:20170127190827j:plain

なんでも、この「キウイフルーツの緑といちごの赤」の組み合わせがクリスマスっぽいとのことで、10月ぐらいから「クリスマスケーキとして、ホールでフレッシュフルーツのタルトをいただきたい」という注文が殺到するそうです。

たしかに、クリスマスっぽいと言えないこともないけど、フルーツタルトをクリスマスケーキにするご家庭がそんなにあるの?

と思ったんですが、そんな話しをしていたまさにその瞬間に入り口の扉が開いて、常連らしいご近所の方が「クリスマスにフルーツタルトをホールで」予約して行かれました。本当だったんだ。。。

しかし、このタルト、見た目だけじゃなく本当においしいんですよ。
私、どちらかというと生のフルーツが載っているケーキってあまり好きじゃなくて……というのは、たとえばショートケーキのようなケーキだと、クリームの油分・甘みとフルーツの水分・酸味が合わないような気がするし。

焼き菓子も似たようなもので、生地の粉っぽさとフルーツの水分って合わなくない?と。フルーツも一緒に焼き込んであるタルトならいいけど……焼いたタルトの上にフルーツを載せたタルトってどうなの?と、思っていたんです。が!

コージーコーナーのフレッシュフルーツのタルトは、なぜだかタルト生地とフルーツを一緒にいただいてもケンカせず、調和しているんですよ。。。不思議!

マスターに聞いてみると「フレッシュフルーツのタルトと栗なんかのタルトは、生地の作り方も変えている」とのこと。そうなのか……。これは、注文入るわけですね!

今回も、おいしいおやつと紅茶をいただいて、楽しくお話しして、大満足でお店を出ました。

駅近なので、電車やバスの待ち時間に入ることも多いのですけど、お話しが楽しいので、時間ギリギリになってしまうこともしばしばですw

これまでティールームコージーコーナーでいただいた紅茶とおやつ

今回、約1年ぶりの来訪だったのですが、これまでも5回ほどお邪魔しています。

せっかくなので、これまでいただいた紅茶とおやつもご紹介しようかなと。
実は、前回もフレッシュフルーツのタルトをいただきました!

f:id:happydust:20170127192521j:plain

 

緑の皿より、白い皿のほうがフルーツが映える気がしますね。

f:id:happydust:20170127192511j:plain

前回ももちろん、おいしかったです!
紅茶は「インペリアルアッサム」だったと思います。私は、アッサム系の紅茶を注文して、最後はミルクを入れていただくのが好きです。

 

プレーンスコーン230円も絶品です!

もちろん、温めて出してくださいますよ。

f:id:happydust:20170127192841j:plain

生クリームではなく「クロテッドクリーム」とジャムがついてくるのがいいですね!
このときはマサラチャイをいただきました。

チャイも、丁寧に淹れてくださるのですごくおいしいです。

 

f:id:happydust:20170127193101j:plain

スコーンは、季節によって種類が違うこともあります。
どのジャムも、比較的甘さは控えめです。

タルト系ではほかに「栗のタルト」もいただきました。

f:id:happydust:20170127193221j:plain

こちらは、生地の中に栗が練り込まれ、タルトと一緒に焼き込んであるタイプ。

f:id:happydust:20170127193242j:plain

栗の塊がゴロゴロ入っていて、おいしかったですよ。

タルトはこのほかにも季節によって「いちじくのタルト」や「洋なしのタルト」「桃のタルト」「ベリーのタルト」「バナナのタルト」などいろいろ出ているようです。また別の季節に来てみたいなー。

それと、これもかなりのお気に入りでした。ショートブレッドです!

f:id:happydust:20170127193454j:plain

市販のショートブレッドも大好きなんですが、こちらのお店のショートブレッドは、クリームチーズとジャムが挟んである贅沢バージョンです。

 

f:id:happydust:20170127193542j:plain

380円でした。これもまた食べたいなあ。。。

【再訪したい度】★★★★★ 季節の焼き菓子をいただきに、絶対また行きます

お店の居心地の良さ、紅茶と焼き菓子のおいしさ、マスターのお話しも押しつけがましくなくて、旅先なのにかなりリラックスできるお店です。

別府は2016年の地震でけっこう揺れたはずなので、こちらのお店の大事なカップが割れてしまったんではないかと心配だったんですけど、別府の駅前あたりは地盤が固いらしく、案外揺れは大きくなかったんだそうです。カップは1つも割れなかったとのこと。周りのお店も大した被害はなかったみたいよ~とのこと。

明礬あたりはかなり被害が出たみたいなので、少しの距離でもぜんぜん違うものなんですねえ。

コージーコーナーさんは、メニューにかわいいイラストが描いてあったり、なんだかセンスがいいお店だなあといつも思うんですが、マスターの趣味なんでしょうね。

別府には、アートをやっている若い方が移住してくることがあるそうなんですが、そういう方たちとも親しいみたいですね。メニューのイラストなんかも、若いアーティストの方が描いているみたい。

別府のおいしいお店の情報なんかも教えてくれますしね。

店構えが派手でなく、食べログの口コミ平均点も特に高くなく、口コミも少ないので、観光客がたくさんおとずれる感じではないのですが。もったいないなあと思いつつも、激混みになったら困るからこのままでいてくれ!と思ったりも。

焼き菓子のテイクアウトもできるみたいなので、次回は買って帰ろうかなあ。

また、別府に行きたくなってきましたよw