温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

群馬県 四万温泉 落合通りの蕎麦屋中島屋で昼酒

四万温泉の落合通りには小松屋さんと中島屋さんという蕎麦屋が2軒並んでいるのですが、そのうちの一軒、中島屋さんに今回立ち寄りました。

 

f:id:happydust:20161029093350j:plain

出典:http://www.sima-nakajimaya.com/

こんなにぴったりくっついて並んでいると、仲悪かったりしないのかしら……などと邪推したりもしますが、どうなんでしょうね。

今、両方のお店のサイトを見てみたら

・小松屋さんはホームページ限定5%割引券

・中島屋さんはホームページ限定10%割引券

を発行していて、なんだか良きライバルなような感じはします。

しかし、こちらのクーポン券、両店とも「ページを印刷して持参」したときのみ有効なようなのですが、温泉街の蕎麦屋に行くのにわざわざ出発前にクーポンを印刷していくことって、あまりないですよねえ。。。

現地で「どっちのお店がいいだろう?」って検索して、ページをスマホで見せたら割引してくれるなら「クーポン使えるからこっちの店にしようよ」って話になって、割引率が低くても勝機が増える気がするので、ぜひ検討していただきたいですw

落合通りに2軒並ぶ蕎麦屋のうちの一軒、中島屋は店構えよりずっとおいしい蕎麦屋だった

誕生日旅行で四万温泉に来た私たち、全室露天風呂付きにしてはリーズナブルなつるやさんをチェックアウトした後、東京行きの高速バスが出る四万グランドホテル前まで宿の車で送っていただきました。

つるやさんのレポートはこちら

www.yamaonsen.com

さて、帰りの高速バスが出るのは13時45分、そこそこ時間もあるので昼酒でも。。。
ブログのプロフィールにも書いているとおり、酒はビールと日本酒、飯は蕎麦・寿司・鰻が好きな私。

昨日の昼食は鰻でした。

www.yamaonsen.com

いいお店だったわ~。
というわけでこれは、今日は蕎麦でしょう!
そういえば昨日、鰻屋さんに行く途中で蕎麦屋さんあったよね?よし、あそこにしよう!

そう思い立ったとき、私の頭にあったのは、実は「小松屋」さんのほうでした。
なぜかというとですね。。。

こっちが小松屋さん。

f:id:happydust:20080626135452j:plain

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/watarungogo/diary/200807110000/

 

で、こっちが中島屋さん。

f:id:happydust:20161029101359j:plain

出典:http://www.geocities.jp/shoji_reiko/shima-ikaho.htm

なんとなくなんですけど、小松屋さんのほうがおいしそうな店構えだと思ったんですよ!

なんか「私たちが作ってます」とか、写真入りのメニューをパウチしてぺたぺた貼ってしまうのって、いかにも「観光地のお蕎麦屋さん」って感じで、おいしそう感が薄れるというか。。。

あと、蕎麦の前に一杯飲みたいので、少しでもつまみがあるお店のほうがいいなと思ってメニューも覗いてみたんですが、小松屋さんには「焼き味噌」「木の芽田楽」「穴子の天ぷら」などのおつまみメニューがあったのに対し、中島屋さんはつまみのメニューがないように見えて、その点でも小松屋さんがいいなあと。

しかし、心を決めて小松屋さんに行くと、店内は満席、蕎麦ももうすぐ終わってしまうので待っても食べれないかも、ということで。

この日は月曜日だったので空いているのでは?と思ったんですが、高速バスのお客さんが集中してしまったんでしょうかね。。。やっぱり蕎麦でランチは手頃ですもんねー。

で、既に蕎麦屋に行くモードだったので、まあ、何かつまめるものはあるでしょ、と中島屋さんに行くことにした次第です。消去法ですまんね。。。

きのこの天ぷら、花豆、白菜漬けと日本酒で満足

店に入ると中島屋さんもけっこう賑わっていて「席あるかな?」と不安になりましたが、意外と奥が広くて、まだ人が入っていなかった奥のフロアに通されました。

お店の入り口付近は座敷もあって、いかにもお蕎麦屋さんという風情だったのですが

f:id:happydust:20161029102958j:plain

出典:http://topics.shimaonsen.com/2013/07/post-338.html

こんな感じで。

奥のフロアは白いテーブルかけがかかったテーブル席で、なんだかご家庭のキッチンのようですw

f:id:happydust:20161029103131j:plain

出典:http://topics.shimaonsen.com/2013/07/post-338.html

こちらに通されました。なんか蕎麦屋っぽくないw

公式サイトを見ると「土産屋だった店舗をそのまま使っていますので、外観からはどう見ても旨そうなそば屋には見えません」との記述があり、なるほどそういうことかと。

さて、お酒を。。。

f:id:happydust:20161029103301j:plain

出典:http://topics.shimaonsen.com/2013/07/post-338.html

おお!日本酒はけっこうあります。うれしい。。。

f:id:happydust:20161029103326j:plain

しかし、通常メニューには載っていない、壁に「季節限定 おすすめ」みたいな感じで書いてあったこちらのお酒を、同行者が飲みたいというのでこれになりました。「生酒」とか好きなのよねこの人。。。

おいしかったですよ!
で、うれしかったのがお通しに、この、お酒の後ろに写っている白菜漬けがついてきたことと

f:id:happydust:20161029103626j:plain

この、花豆の煮豆を出していただいたことです。

花豆はこのあたりの名産だとは聞いていましたが、やはりおいしいですよね~。
尾瀬あたりに行くと「花豆アイス」とかよく売ってるんですよね。。。

白菜漬けも、これだけでけっこう飲めるね!って感じのおいしさでした。自家製なんじゃないかしら。

で、今回つまみとして注文したのがこちら。

f:id:happydust:20161029103811j:plain

きのこのてんぷら。520円。

メニューによれば、舞茸、しめじ、しいたけ、えのきだけ、あわび茸、花びら茸などが入っているとのこと。でも、しいたけまいたけぐらいしかわかりませんでしたw

えのきとか入ってたかな。。。

とはいえとてもおいしかったですよ!
何よりも、天つゆと塩が両方ついてるのがうれしい!超うれしい!

どっちかだけのことが多いと思うんですけど、両方あると2倍楽しめると思うんですよねー。

ふきのとうの天ぷらがついているのもうれしかった。季節物ですしね。

しめの蕎麦はせいろ並盛り二弾。700円を2人で。

f:id:happydust:20161029104202j:plain

こちらも、しゃっきりしていておいしい蕎麦でしたよ。

「いつも打ち立て、作りたて」をモットーにしているだけありますね!

最初は小松屋さんに入れなくて、なんとなくテンション低い感じで入ったんですけど、大満足でお店をあとにしました。

【再訪したい度】★★★★ いわゆる温泉街の蕎麦屋のイメージよりずっとおいしかった

見た目であまり期待しないで入ったというのもありますが、思っていたよりずっとおいしかったですw

こうなると「いかにも観光客向けのお蕎麦屋さん」な外観なのがとてもおしいような。。。もうちょっとおいしそうな外観にしたらすごく流行りそうな気がするんですが……まあ、あまり流行ってしまって土日は入れないような店になっても困るから、この店はこのままのほうがいいんだろうなという気もします。

ただ、せっかくお酒の種類がそこそこ豊富なので、おつまみメニューが天ぷらのほかにもあるとうれしかったかなあと。

f:id:happydust:20161029104958j:plain

出典:http://topics.shimaonsen.com/2013/07/post-338.html

蕎麦メニューは豊富なんですけどね。
鍋焼きとか、けっこう手がかかりそうな気がするんですけども。

次回は10%割引券を印刷して来たいと思いますw