読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

群馬県 四万温泉 鹿覗キセキノ湯 つるや宿泊記

四万温泉 鹿覗キセキノ湯 つるや


四万温泉のつるや旅館は、積善館や落合通りなど旅館や店舗の集まっている地区から少し離れた「日向見」という地区にある、全室露天風呂付き・全14部屋の旅館です。

四万温泉は「日向見」「ゆずり葉」「新湯」「山口」「温泉口」という5つの地区に分かれているそうなのですが、つるやさんのある「日向見」地区が温泉の発祥の地となるんだそう。

つるや旅館以前は「鹿覗きの湯 鶴屋」という名前で、昭和40年に営業開始したそうなのですが、近年改装して「鹿覗キセキノ湯 つるや」という名前になり、全室露天風呂付きとなったようです。

f:id:happydust:20161028003102j:plain
出典:http://travel.rakuten.co.jp/

普段はそんなにいい宿に泊まることはないのですが、今回は誕生日!一応彼氏と行くのだし、部屋に温泉のお風呂がついてるところがいい!

ということで、露天風呂付きではあるものの、平日なら1人20000円(税抜)で泊まれるこちらの宿を、誕生日旅行の宿泊地として選びました。

 四万温泉の中心街から徒歩20分、日向見薬師堂に隣接する宿

お昼過ぎに高速バスで四万温泉に着き、料理旅館くれないでうなぎの昼食をいただいた私たちは、酔いざましに宿まで歩くことにしました。

www.yamaonsen.com

Googleマップによれば、徒歩24分とのこと。

f:id:happydust:20161028004556p:plain

けっこう離れているし、ほかに使える交通機関もないので、宿に連絡すれば確実に迎えに来てもらえるだろう、とは思ったのですが。。。まあ、天気も悪くなかったので。

ちなみに、宿に着いたら、玄関前を掃除していたスタッフの方に驚かれ「ご連絡いただければお迎えにあがりましたのに!」と言われました。そうだよねえw

でも、20分歩いていく途中には足湯&飲泉所などもあり……

f:id:happydust:20161028004941j:plain

 出典:http://www.koba.photo/blog/6846.php

 「ゆずりは飲泉所・杜の足湯」という足湯のようです。
はしゃいで足をつけてみたらものすごくぬるかったですw
どうも、冬季は湯温が不安定で「調整中」ということらしく、実質営業期間外みたい。

途中には滝の見えるスポットもありました。
Googleマップ上にも記載のある「小泉ノ滝」でしょうか。

こんな感じに見えました。

f:id:happydust:20161028005330j:plain

 

ズームで寄ってみるとこんな感じ。

f:id:happydust:20161028005401j:plain

きっと、紅葉の時期なんかはものすごくきれいなんじゃないでしょうか。
新緑の時期も良さそうですねー。

鹿覗キセキノ湯 つるやは、もともとは宿坊だった

さて、寄り道しながら宿にたどり着くと、すぐ隣に神社とお寺があるようです。
チェックインしちゃうともう外に出なそうだから、先にお参りしておこう、ということに。

f:id:happydust:20161028010245j:plain

こちらは薬師堂。

なんだか、ものすごく歴史を感じさせるお堂です。

f:id:happydust:20161028010312j:plain

 

こちらが薬王寺。お寺のほうですね。

f:id:happydust:20161028010417j:plain

出典:http://tsuruya.net/yakuouji.html

こちらは、やや新しい感じがしますね。

古くからあるお寺と神社だと、こんなにぴったりくっついて建てられてることは少ない気がするから、おそらく元々神社があって、最近になってお寺ができたのかな?と思ったら、まさに!そうでした。

四万温泉にはいくつもの源泉がありますが、発祥と言われるのは「薬師堂」の下から湧く源泉なんだそうです。こちらの源泉は、江戸時代が始まるよりも前から湧いていたとのこと。

そして、昭和初期頃、胸の病を患ったお坊さんが、東京新宿から薬師堂のお湯の噂を聞いて療養にやってきた。
お坊さんの病は1年ほどで見事治り、彼は感謝の気持ちを込めてここに寺を建立した。それが薬王寺。

そして、薬王寺の宿坊として昭和40年に誕生したのが、今回泊まるつるやさんというわけです。なるほどそれなら、神社とお寺がくっついている理由も、そしてその2つがやたらつるやさんの近くにあるのも納得です。

しかし、宿坊として誕生してから100年は経っていないのに、いまや「全室露天風呂付きの宿」になってしまうとは、なんだかすごい進歩というか、ちょっとびっくりですねw

ちなみに、薬王寺、薬師堂のそばには「御夢想の湯」という無料の日帰り入浴施設もありました。

f:id:happydust:20161028012407j:plain

出典:http://www.bushikaku.net/article/3147/

こちらも源泉かけながしでなかなかいいお湯のようなので、次回は行ってみたいところです。(というか今回行かなかったことが悔やまれます、ここ、温泉街から遠いのに!)

さて、お参りを済ませた後はチェックイン!どんなお部屋とお風呂なんでしょうか?

【部屋】★★★★☆ コンパクトだけど部屋風呂もいいお湯♪部屋でのんびり漫画を読む至福の時間

今回泊まったのは、フロントに最も近い1階の「蛍」という部屋でした。
この宿の中ではリーズナブルかつシンプルな部屋で、八畳の和室に、露天風呂と洗面所やトイレがついています。

f:id:happydust:20161028013320j:plain

出典:http://tsuruya.net/

襖の外に露天風呂が見えます。デッキにぞうりが2つ並べて置いてありました。

f:id:happydust:20161028013605j:plain

洗い場もついていて、シャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーも一揃い揃っていましたが、私は、ここでは寒くて髪を洗う気になれず、大浴場で洗いました。

 

f:id:happydust:20161028013551j:plain

 

外気は感じられるものの、こんな感じで、ほぼすだれで覆われていまして、眺望などはないのですが。

f:id:happydust:20161028013842j:plain

出典:http://tsuruya.net/

それでもやはり、部屋からすぐに入りにいける露天風呂があるのがいいんですよねー。

また、部屋には浴衣が1人2枚ずつ用意され、足袋ソックスや、大浴場に行くときに使えるカゴバッグなども用意してあり、至れり尽くせりでした。

冷蔵庫には有料の飲み物が入っていましたが、買ってきたものを入れるスペースもあります。

あと、こちらの宿でいいなと思ったのは、部屋で漫画やDVDが楽しめること。

f:id:happydust:20161028014628j:plain

出典:http://4travel.jp/travelogue/10621979

大浴場に向かう途中にライブラリーがあり、少女漫画から青年誌まで、さまざまなジャンルの漫画が置かれていて、部屋に持っていって読んでよいとのこと。うれしい♪
DVDプレイヤーも部屋にあり、借りて見ることができたらしいのですが、そちらの品揃えはチェックしないでしまいました。

せっかく2人で来たけど、お風呂入ってないときは、お互いに漫画を読んでいたという。。。

でも、最高にリラックスした時間が過ごせてよかったですw

【風呂】★★★★ 鹿覗きの湯は何度でも入りたいすばらしい貸切露天。大浴場の露天がお湯が抜かれていたのが残念

全室露天風呂付きの宿ではありますが、もちろん大浴場もあります。

f:id:happydust:20161028020034j:plain

出典:http://ameblo.jp/at91033/entry-11606241839.html

15時から22時までは、「岩魚の湯」「山女魚の湯」という露天付きの大浴場をそれぞれ「男湯」「女湯」として使います。
この2つの浴室は22時30分から朝10時までは、空いていればいつでも入れる貸切風呂に変わります。


そしてこちらの宿の売りは、なんと言っても貸切露天の「鹿覗きの湯」なんですが、こちらは露天風呂のみで洗い場などはないのですが、チェックインからアウトまでずっと、空いていればいつでも入れる貸切露天風呂です。

のれんをくぐると湯上がり処です。

f:id:happydust:20161028020429j:plain

出典:http://ameblo.jp/at91033/entry-11606241839.html

マッサージチェアやベンチが置いてあるほか、メイクコーナーもあります。男女共用のスペースなのでここでがっつりメイクとかは気を遣う感じがしますが。。。
ちなみに、山女魚の湯、岩魚の湯の脱衣所にもちゃんと、洗面コーナーはありますw

さて、この広い湯上がり処の一角には鍵が置いてあるスペースがありまして。

 

これは、夜22時30分以降なので「岩魚の湯」「山女魚の湯」の鍵もありますね。

この鍵が2本ともあったら、すぐ浴室に入れます。1本だけあったら、もう1本をキープして湯上がり処で待ちます。

f:id:happydust:20161028020732j:plain

出典:http://ameblo.jp/at91033/entry-11606241839.html

浴室に入って鍵をかけると、このように入浴中のランプが点灯するんです。なので、先客が1組いる場合は、もう1本の鍵を持っていて、先客が出てきたら入る、というわけです。

しかし、この仕組みについてはチェックイン時にも説明はしてくれるのですが、いざ湯上がり処に来て鍵が1本でも置いてあると「やった!入れる!」と思ってしまう方が多いみたいで、貸切で入っている最中に「どうして内側から鍵がかかってるんだ!!」と戸をガタガタやられたりもしました。。。

鍵は普通に1本にして、次入りたい人は部屋名の書かれたプレートを置いて予約しておく、とかにしといたほうが、紛らわしくなくていいのではないか、とも思いました。プレートを1部屋1枚に限定しておけば、全部の貸切風呂を予約しておくような輩も出てこなくてすむし。

浴室ですが、山女魚の湯はこんな感じ。

f:id:happydust:20161028021430j:plain

出典:http://4travel.jp/travelogue/10621979

内湯と、デッキに小さな円形の露天風呂がついているのですが、残念なことに、露天風呂は冬の間はお湯が抜いてありました。湯温がぬるくなってしまうんだそうです。。。

夏ならこんな感じの、円形の小さな露天風呂にも入れます。

f:id:happydust:20161028023352j:plain

出典:http://ameblo.jp/at91033/entry-11606254330.html

 

また、こちらの大浴場にはきちんと、シャンプーとコンディショナー、ボディシャンプーが設置されています。

f:id:happydust:20161028022536j:plain

鹿覗きの湯にはシャワーも洗い場もないので、先に大浴場で体を洗っていったほうがよいかと思います。

さて、現在の宿名の由来にもなっている「鹿覗きの湯」へ。

先に利用している方がいないのを確認してからドアをしめて鍵をかけると、まずは外の階段を下ります。

f:id:happydust:20161028021758j:plain

出典:http://ameblo.jp/at91033/entry-11606241839.html

階段を下りていくと、広く、眺めのいい、屋根付きの露天風呂が現れます。

f:id:happydust:20161028021922j:plain

屋根付きなのに開放感があるという、すばらしい広さです。
雨でも入れるし、言うことないですねー。
このお湯が、部屋の露天風呂を合わせても一番すばらしかったです。

ちなみに、紅葉時期はこんな風に、露天風呂から紅葉が見えるようです。

f:id:happydust:20141109155501j:plain

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/my_garden523/39381753.html

ちなみにこちらの「鹿覗きの湯」かつては混浴風呂だったんだとか。歴史を感じさせますね。。。
こちらの記事に記載がありました。

www.food-travel.jp

ちなみに、湯上がり処では無料で牛乳とコーヒー牛乳をいただけます。

f:id:happydust:20141109160120j:plain

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/my_garden523/39381753.html

私は牛乳飲めないんですが、同行者はそのぶん2本飲んでました。。。

鹿覗きの湯がかなりすばらしかったので、深夜にでもまた入りに行きたい!と思っていたんですが、夕食時にお酒を飲んで、しかも部屋にもお風呂があるとなると億劫になってしまい、結局行かないでしまいました。残念。。。

でも、22時30分以降ずっと、空いていれば貸切というのは、全室露天風呂の宿ならではの贅沢なシステムで良いなと思いました。

なお、つるやさんの温泉は、自家源泉や、薬師堂の下から湧く御夢想の湯など4つの源泉をブレンドしているんだそうです。

f:id:happydust:20161028023921j:plain

出典:http://tsuruya.net/

ブレンドの配分がちょっと気になりますが、でも、本当にいいお湯でしたよ。

【食事】★★★★ おいしかったけど「ここじゃなきゃ食べれない一品」は特にないかも

食事は、朝夕ともに部屋食でした。

夕食は、6時半か7時の選択だったので、7時にお願いしました。
最初、部屋の座椅子が、1人がテレビに背を向ける形になっていたので「テレビが見にくい」と言ったら、机の位置を動かして、2人ともテレビが見やすいようにセッティングしてくれてありがたかったです。(てか、2人で来てるのにテレビの位置を気にする私。。。)

お品書き。f:id:happydust:20161028024121j:plain

 

先付けのブロッコリーの豆乳豆腐。

f:id:happydust:20161028024156j:plain

見た目よりは繊細な味wでおいしい。日本酒にあう。

ちなみに、なぜかお酒の写真を撮っていないのですが、私は日本酒、同行者は、web予約特典で1本ついてきた「四万温泉エール」という地ビールが気に入ったみたいで、2本目もそれを注文してました。

前菜盛り合わせ。

f:id:happydust:20161028024457j:plain

グラスに入っていた「春草和え」がうれしい!
うるい、かき菜、のびる、こごみ!大好き1

 

お造り。なんと3皿。

f:id:happydust:20161028024629j:plain

右手の赤いのが奥利根の紅葉鱒。

左のがこんにゃく。奥は岩魚の昆布締め。山の宿らしい3品。

 

煮物。

f:id:happydust:20161028024844j:plain

五色蒸し。みぞれあんかけ。

鍋物。

f:id:happydust:20161028024936j:plain

豚と鶏団子の鍋。けっこうボリューム有り。

 

焼き物。

f:id:happydust:20161028025024j:plain

筍の迎春焼き。

たしかに、盛り付けが正月っぽい。

小さい蟹もそのまま食べれておいしい。あんずもおいしい。

 

洋皿。

f:id:happydust:20161028025123j:plain舌平目のポーピエットと川海老のフラン。

料理名からまったく味が想像つかないけど、普通においしかった。

 

最後はご飯と香の物。お椀。

f:id:happydust:20161028025347j:plain

お椀は「おきりこみ」と呼ばれる、この地方の郷土料理で、ほうとうみたいな麺が入ってました。

 

デザート。。。の前にケーキが来ました!

f:id:happydust:20161028025448j:plain

わーい!ありがとうございます!!大きさもほどよいw

 

あ、ケーキのほかにデザートも来ました。入るかな。。。

f:id:happydust:20161028025529j:plain

なんか、デパートの食堂で出てきそうな懐かしい感じのデザートですね。おいしかったです。

朝食は、8時か8時30分から選択で、やはり部屋食で。

こんな感じの基本的な和食に

f:id:happydust:20161028025734j:plain

 

湯豆腐がつきます。

f:id:happydust:20161028025755j:plain

うん。何一つまずいものはないし、注文していただいた(と思われる)ケーキも、安っぽくなくておいしかった。

こうやって写真を見て思い返しても、どれもけっこうおいしかったように思うのだけど、でも、すごく印象に残る一品、というのがなかったのは少しだけ残念かも。

 
【再訪したい度】★★★★☆ 惜しい点もいくつかあるが、気軽に露天風呂付きの部屋を楽しめる良宿

こちらの宿、口コミサイトなどを見ると、絶賛している人と「ハードはいいのにソフトがちょっと……」と批判している人の真っ二つに分かれるようなのですが、宿の支配人のブログを読んでちょっと納得しました。

shimaonsen-srk.com

どういう事情があったのかはわかりませんが、東日本大震災の後、こちらの宿はいったん社員が誰もいなくなり、支配人も異業種から転職してきた方で、最も長く働いている社員の方でも3年半ぐらい。スタッフの平均年齢は20代という、ソフト面ではとても若い、新しい宿のようなんですね。

そのため、サービスについては未だ試行錯誤を重ねているところ、ということらしく……なんとなく、人によって評価に大きく差が出るのも納得なような気がしました。

でも、ハード面、特にお湯はとても良かったですし。

サービスも、個人的には若い人が一生懸命がんばってる感じで、そんなに悪い気はしなかったです。こちらの希望を、なるべく叶えてくれようという姿勢が感じられる方が多くて。

露天風呂付きの客室としては安いほうだとは思いますが、そうそう頻繁に来れる価格帯の宿ではないのですが、また来てみてもいいかな、とは思っています。

 

楽天トラベルでこの宿をチェック↓