読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

新潟県 魚沼スイーツガーデンナトゥーラでお得なケーキセットをいただく

魚沼スイーツガーデンナトゥーラは、上越新幹線の越後湯沢駅から車で15分、上越線の石打駅から車で5分ほどのところにある、イタリアンレストランと、スイーツを中心としたお土産店がドッキングしているような施設です。

こちらのお店、2015年の4月ごろにオープンしたらしいのですが、越後湯沢駅に置いてあった観光客向けの小冊子に記事が載っていて、実は以前からちょっと気になっていました。

でも、例によって公共交通機関で行きやすい場所ではないので
「いつか行ってみたいなー」
ぐらいで終わっていたんですが、今回、思いがけず車で連れて行ってもらう機会に恵まれました。

f:id:happydust:20161011164953j:plain


ちなみに、Googleマップで調べると、最寄り駅の石打駅からは徒歩15分です。
そう考えると、天気のいい日なら歩いて行けないわけじゃないですね。(私基準ですが……)

魚沼スイーツガーデンは、雪国観光センター「魚野の里」の隣にある

こちらの施設に立ち寄ったのは越後駒ヶ岳登山の後、避難小屋で隣り合わせた松本さん(仮名)に車に乗せていただき、銀山平で日帰り温泉、南魚沼の道の駅で昼食を取った後のこと。

越後駒ヶ岳登山についてはこちら。


そして、日帰り入浴をしに銀山平温泉へ。


シルバーラインを通って南魚沼に移動し、道の駅で昼食をいただきました。

日にちは9月25日で、新米になってるかどうか微妙だなと思いましたが、さすが南魚沼!しっかり新米を提供していましたよ。

 

さて、スイーツガーデンナトゥーラを見つけたのは、道の駅南魚沼に向かう途中のことでした。以前もこのあたりを車で通ったことがあるという松本さんが

「実はちょっと、ここも気になっていたんだよねー。ちょっとメニューを覗いてみない?」

と言って車を停めたのが、雪口観光センター「魚野の里」の駐車場だったのです。

f:id:happydust:20161011171107j:plain

出典:http://joshi-ryoku.jp/blog/?p=29476

高速バスが何台も停まれる広い駐車場で、建物の入り口には

「歓迎 ○○新聞旅行様」
「歓迎 クラブ○ーリズム様」

といった、旅行会社の名前が列記されていました。

なるほど、ここはあれですね。バスツアーなんかで、食事を取りつつお土産を見れる的な、団体さん向けの施設ですな。

メニューを覗いてみると、定食の平均価格が1300円ぐらいで、やや高め。
うーん、こういうところは団体客だと割安だけど、個人で入るとあんまりお得じゃないのかもね~、ということで、スルーして道の駅に向かったのですが。

「魚野の里」と同じ駐車場を共有して、反対側に建っていたのがこちらの「スイーツガーデンナトゥーラ」だったのです。

ここ、パンフレットか何かで見て気になってたんですよね~と私が呟くと、松本さん「スイーツは別腹だから、食事の後に寄ってみよう」と。お優しい。。。

そんなわけで、道の駅南魚沼で食事をした後、こちらに引き返してきたのです。

普通のお土産屋さんとは一線を画した、女子向けなお土産とスイーツが揃う

お店に足を踏み入れると、まずはお土産売り場が広がっています。

f:id:happydust:20150618120206j:plain

出典:http://www.scfplus.com/?p=1451

なんでも、写真の右側に写っている厨房でバウムクーヘンを焼き上げているらしく、苺味、チョコ味など、数種類のバウムクーヘンが試食用に提供されていました。

食べ比べてみたら、プレーンな味のやつが一番おいしかったですw

f:id:happydust:20161011185803j:plain

バウムクーヘンやクッキーなどの焼き菓子は、箱入りだけでなくバラ売りや、数個ずつ小袋に入っているものもありました。

これ、かなりうれしいんですよね~。職場へのお土産だったら箱で買いますけど、自宅用だと正直、一箱は多すぎて持てあましてしまうので。

小袋入りも、お土産にちょうどいいですよね。箱で買っていって一個ずつ配るのより、小袋で貰えると特別感がありますから。

 

f:id:happydust:20161011190131j:plain

そのほかに、ドレッシングやオイル、はちみつやジャムなどのお土産品もありました。

「サンクゼール」というブランドのジャムが買えるのが売りのようです。

お菓子もお土産も、全体的に女子向けですね。ここで買っておけば、どれでも間違いない感じ。

また、バウムクーヘン以外のお菓子も、試食できるものが非常に多かったです!
越後湯沢駅構内のお土産屋さんも、かなり試食コーナーが大盤振る舞いで、ありがたいなと思っていましたが、こちらはそれ以上かも。あやうく、試食で満腹になってしまうところでした。。。

試食したスイーツはどれもおいしかったです。
ただ「スイーツ」と考えるとそこまで値段が高いわけではないですが、お土産と考えると価格帯はやや高めかなと。パッケージも凝ったものが多いから、適正価格なのかなとは思いますが。

扱っているスイーツに関しては、こちらに写真入りのリストがありました。

www.uonuma-sweets.com

「ぽるぽろん」「魚沼ばうむ」「魚沼ピュアミルク」「雪ダルマのおやつ」などが試食できました。大物以外ほとんどですね。。。太っ腹だなあ。

1個3000円の「究極の魚沼バーガー」と1000円でピザ食べ放題が共存する、石窯ピッツェリア&カフェ

飲食できるスペースは、店の奥のほうにありました。

f:id:happydust:20161011191513j:plain

店内は新しくて清潔です。
食べログにもページがありました。

店の前に置いてあったメニューを見ると、最初に目に飛び込んできたのが

~A5ランク新潟和牛サーロインなど新潟県産最高級素材を贅沢に使用~

したという、1個3000円の「究極の魚沼バーガー」です。

www.atpress.ne.jp

1日3個限定とのことだったのですが、この日は既に「売り切れ」の表示が出ていました。

うーん、1人で1個平らげようとは思わないけど、3人ぐらいで来たら、ノリで「1つだけ頼んじゃう?」とかやっちゃうかもしれないですね。こういうの。旅行中ならではの贅沢というか。

また、この日は「ピザフェス」なるイベントを開催しており、1080円で6種類のピザが45分間食べ放題だったもよう。なんだ、食事もここでしても良かったのかもしれないですねw

ちなみにこちらのお店、定期的にお得なイベントを開催しているようで、Facebookページで情報を発信しているようなので、行かれる前にはチェックしておくと良いかと思います。

さすがにピザはもう食べられないので、おとなしくスイーツメニューを頼むことに。
「魚沼の水」と新潟を代表するブランドいちご「越後姫」のかき氷、なんてものもメニューにあり、ちょっと心惹かれたのですが、9月下旬に食べるにはちょっと寒いか。。。

uonuma-sweets.com

ソフトドリンクとケーキのセットが600円だったので、そちらを注文することにしました。

ちなみにドリンクは、コーヒー(ブレンド、アメリカン、カフェラテなど)が380円~430円ぐらい、紅茶は400円、ハーブティは450円といった価格帯です。
ケーキはショーケースの中から選んでください、と言われ、見に行くことに。

f:id:happydust:20161011211324j:plain

これの、真ん中の段から選びます。
なかなかのラインナップじゃないですか?

松本さんは一番右のいちじくのタルト480円を、私はその隣にある和栗のモンブラン480円を注文。これにドリンクがついて600円って、お得感がありますね!

f:id:happydust:20161011211503j:plain

来ました!

コーヒーは酸味が少なく、苦みがしっかりしたタイプで私好み♪
モンブランもおいしかったです!

【再訪したい度】★★★★ 車で、南魚沼の道の駅とセットで行くのが良さそう。お子様連れにもおすすめ。

車で行くならかなりおすすめできるお店だと思います。
レストランもがんばっているし、お土産も、越後湯沢の駅で売っているのとはひと味違う物が揃っているので、女性宛てのお土産を買うには最適ではないかと。

ただ、私は基本的には公共交通機関利用なので、越後湯沢駅から電車を乗り換えて、さらに15分歩いてまで行くか?と言われると微妙なところですが。。。駅近くに支店ができたりしないかしら。。。

そういえばこちらのお店、先に立ち寄った南魚沼の道の駅からも、車だと2~3分なんですよね。

道の駅には、ゆっくりお茶できるようなスペースはなかったし、食事ができるところも定食屋さんのみだったので、お子さん連れだったりしたら、こちらのお店のほうがのんびりできると思います。

甘いデザートピザや、ドリアのようなメニューもありましたので。