読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

長野県 長野駅ビルMIDORI 3階の丸山珈琲で食後のコーヒーをいただく

丸山珈琲は、軽井沢に1991年に創業し、長野県内に5店と東京都内に2店、コーヒー豆の販売を兼ねたコーヒーショップを展開する老舗珈琲店です。


「コーヒーショップ」と書くと、なんとなくドトールのようなチェーン店のお店を思い浮かべてしまいますが、こちらのお店は、なんだろう……恵比寿にある、猿田彦珈琲なんかと近い雰囲気ですね。恵比寿アトレに入ってるほうの。
お店の外観を見ると、なんとなくイメージが伝わるかもしれません。

f:id:happydust:20160930030945j:plain

丸山珈琲長野MIDORI店。コーヒー豆の販売コーナーの奥にイートインスペースがあります。

長野県の5店舗のうちの2店舗が、軽井沢のハルニレテラスと小淵沢のリゾナーレという、星野リゾートの施設内にあったので、もしや丸山珈琲もヤッホーブルーイングのように星野リゾートの関連企業なのかしら……と思ってググってみたのですが、特にそういう情報は出てきませんでした。

丸山珈琲も星野リゾートも、軽井沢が発祥の地ですから、交流があるだけなんでしょうかね。。。

 フレンチプレスが基本の丸山珈琲。実は既に2回目の来訪。。。

テント泊で火打山を登山した後、長野駅ビル内の明治亭でソースカツ丼を食べてから食後のコーヒーを飲みに来たのがこちらのお店です。

ソースカツ丼の記事はこちら。

www.yamaonsen.com
場所は、明治亭と同じ、駅ビルのMIDORI3階ですが、明治亭のある「おごっそダイニング」とは別の棟にあります。
明治亭のある棟はいわゆる「レストランフロア」の様相ですが、丸山珈琲は洋服のお店が並ぶ、いわゆるファッションフロアの片隅にあります。

f:id:happydust:20160930031114j:plain

お店の後方にファッションフロアが見えますね。


実は私、普段はあまりコーヒーは飲みません。
昔はとても好きで、自宅にミルも持っていて、頻繁にコーヒーを煎れていたんですが、ちょっと中毒のような感じがあって。。。
別においしいと思わないのに口寂しくて何倍も飲んでいる、みたいな状況が嫌になって、会社や自宅では、いっさいコーヒーを飲むのをやめました。

最近は、コーヒーは完全に嗜好品として、おいしい喫茶店やコーヒー専門店でだけ、ときどき飲むようにしています。
だから、地方都市に出かけるとその土地で一番おいしいコーヒー店を探して、一杯を味わうのが楽しみだったりします。

ちなみに、最近口コミ評価点数操作が激しいと噂の食べログですが……初めて行く土地で、おいしいコーヒー店を探すのはやっぱり食べログが頼りだったりするので、もっとちゃんとしててほしいですね。。。

そんなわけで、長野駅近辺で食べログの評価が高かった丸山珈琲さんに来たのは、実は今回が2回目です。

丸山珈琲 MIDORI長野店

食べログ丸山珈琲 MIDORI長野店

初回は、7月末に妙高山を登山後、同じ長野駅ビル内に入っている「草笛」というお蕎麦屋さんに寄ったあとの食後の一杯を飲みに来ました。

www.yamaonsen.com
そのときブログの記事にしなかったのは、ちょっとオーダーを失敗しちゃったからでして。。。
私は「フレンチプレス」という淹れ方が、粉っぽい感じがしてあまり好きではないのですが、このお店ではフレンチプレスが基本なんですね。

www.maruyamacoffee.com

ただ「サイフォン」で淹れたコーヒーもメニューにあることはあって、その場合は「サイフォン」と書かれているメニューの中から選びます。調べてみると、サイフォンで淹れたコーヒーを出してくれるのは、丸山珈琲の中でも長野駅MIDORI店だけなんですね!

それで、前回は「サイフォン」メニューの中からMIDORI店限定販売だという「りんどうブレンド」を選んで注文したところ、ちゃんと伝えなかったからかフレンチプレスで来てしまいました。

f:id:happydust:20160930072243j:plain

なんとなく……コーヒーの色に透明度がないというか……濁りがあるような気が、しませんか?

フレンチプレスで淹れると、コーヒー豆の成分がきちんとろ過されずにコーヒーの中に残ってしまうような気がするんですよね。それが、粉っぽい感じがして私はあまり好きじゃないんです。。。このときもやはり「ちょっと粉っぽいなー」と思いました。

で、今回は仕切り直しでちゃんと「りんどうブレンドをサイフォンで!」とオーダーするために再訪したのです。

ちなみに……ケーキはおいしかったです。こちらのお店のスイーツは、長野県内のいろんなパティスリーと提携して出しているらしく、人気のものは早々となくなってしまうみたいでした。

ちなみに上の写真は、パティスリー ラ・バルという長野市内のケーキ屋さんの「グランショコラ」というケーキとコーヒーのセットです。りんどうブレンドとセットで1080円でした。

ラ・バル

食べログラ・バル

お店定番のスイーツがあるのもいいけど、いろんなパティスリーのスイーツを、来る度に楽しめるのもいいですよね。

フレンチプレスが基本の丸山珈琲だけど、やはりサイフォンのほうがおいしかった。

さて、今回私は、火打山に登山した後の帰り道に長野駅に寄っており、けっこう大荷物ですw

服装的にも、駅ビルとは言えおしゃれなコーヒー店に立ち寄るのは気が引ける感じだったのですが、丸山珈琲さんは、前回来たときも思ったけどとても接客が丁寧で

「山帰りでごめんね」

という、引け目を感じるような場面はありませんでしたw

まず、コーヒー豆の販売スペースを通り抜けてイートインスペースに一歩足を踏み込むと「お好きなお席にどうぞ」という定番の声がかかります。

f:id:happydust:20160930101842j:plain

出典:www.maruyamacoffee.com/

こんな感じで手前にコーヒー豆売り場、奥にイートインスペースがあります。

あまり目立ちたくないので、フロアの一番奥の、壁に面した席に座ろうとしたのですが、2人がけのテーブルが2つくっつけられた、4人席が1つ空いていました。

店内は満席ではありませんでしたが、ほどほどに混み合っており、4人席を1人で使うのは気がひけるなあと思って、そこに座った後、使っていないほうの2人席をちょっと離してみたんです。誰か来たらそこも使えるように。
そしたらそこに店員さんがお水を持ってやってきて

「どうぞ広くお使いください」

と言って、再びくっつけて4人席にして去っていきましたw

f:id:happydust:20160929235503j:plain

こんな感じ。ザックでかいですねw
そんなわけで、つきあたりの4人席を1人で使いました。ありがたいことです。

さて、今回は「りんどうブレンドをサイフォンで!」と小さな焼き菓子を1つ注文しました。

この前は、この店が基本的にフレンチプレスの店だと知らなかったので、普通に「りんどうブレンド」と頼んでしまったんですね。。。したら、フレンチプレスで来てしまったわけで。

まあ、どっちでも出せるコーヒーのときは「フレンチプレスでよろしいですか?」とか聞いてくれたらいいのに、とも思わなくはなかったですがw 

お値段も若干違いますしね。実はコーヒー単品だとサイフォンのほうが安かったんです。ただ、前回はケーキセットで頼んだから、値段の高いコーヒーのほうがお得感はあったのか。

 

f:id:happydust:20160930074005j:plain

来ました。サイフォンで淹れたりんどうブレンド。

うん!やっぱりこっちのほうが粉っぽくなくておいしいですw
りんどうブレンドは中煎りとのことでしたが、わりと焙煎浅めのような気がします。苦みが少ないですね。

深煎りの豆にしたほうが好みだったかなー。

【再訪したい度】★★★★

正直コーヒーの味は、サイフォンで淹れたものに関しても、そんなに好みじゃありませんでした。コーヒーの味だけだと★3つというところかも。

なんかちょっと、薄いんですよね……淹れ方ではなく、焙煎の仕方によるものなのかなーとも思うのですが。

コーヒーをたまにしか飲まないからこそ、もっとガツンと来るコーヒーを飲みたかったのかもしれません。

ですが、駅ビル内という立地や、長野県内のさまざまなパティスリーのケーキがいただけるところ、店員さんの対応、日曜の夜でもそこまで混み合っていないなどという条件から「ここだったら山帰りに大荷物を背負っていても入りやすいな」と思いました。

身軽なときだったら駅の外に出て他の喫茶店を探してしまいそうですが、山帰りにまた立ち寄ることはありそうな気がします。

このほかの長野駅の旅グルメ記事はこちら

丸山珈琲に入る前に食事をしました。↓

2016年7月、妙高山登山の帰りに立ち寄ったお店↓

駅ナカのお土産屋さん情報も掲載しています。