温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

蔵王温泉バスターミナル至近のコーヒーショップでいがもちの里

コーヒーショップさんべ

蔵王温泉には「稲花餅の里」という名物のおみやげがある。
バスターミナルを出るとお土産屋さんが集まっている通りがあるのだが、どこの店でも「稲花餅の里あります」「稲花餅の里売り切れました」という張り紙を店頭にしている。

調べると「もち米とうるち米を練った餅の中に餡を入れ、天然の熊笹の葉に乗せた蔵王温泉の名物」とのことで、賞味期限がその日限りらしく、作り置きができないので、土日などはすぐに売り切れてしまうみたい。

初めて蔵王に来たとき、宿の方に「おいしいんですよ」と勧められ、買ってみたらたしかにおいしかった。
ただ、丸い餅が3つ並んでいるのだけど、お土産だと3個×5とかでまとめて買うしかないので、1人でその日のうちにそんなに食べられないよー、というわけで、そのとき1度きりしか食べたことがなかったのだけど。

今回、ろばたでお昼を食べた後、まだ時間があったので、稲花餅の里を食べれる喫茶店を探して、入ってみた。

 

探して入った、と言っても、バスターミナルからすぐのところにあるのだけど。。。
10席ほどの小さな喫茶店で、入店時は先客は1組だけだった。

稲花餅の里とホットコーヒーのセット(500円)を注文。
他に、各種ジュースや抹茶とのセットもあった。
抹茶が一番、味的には合いそうだけど、コーヒーも注文を受けてからドリップしてくれるみたいだったので、コーヒーに。
f:id:happydust:20160705172421j:image
ひさびさの稲花餅の里は、たしかにおいしかった!
でもなんかやっぱり、最初に食べたときのほうが感動的においしかった気がするなあ。
コーヒーもおいしかった。
けど、ミルクがコーヒーフレッシュじゃなく、牛乳だったらもっと良かったんだけどなあ。

コーヒーを飲んでゆっくりしていると、急に混み合ってきた。
バスターミナルからすぐのところにあるので、バス待ちに使う人が多いみたいだ。
他に、手近な喫茶店ってないからなあ。。。

【再訪したい度】★★★★
稲花餅の里を気軽に食べれるのはもちろんだけど、「シナモントースト」「チーズトースト」「特製ビーフカレー」など、洋食メニューがなかなかおいしそうだった。

なんと言ってもバスターミナルに近いという立地が良いし。

でも、近くにある山口餅屋にも行ってみたいんだよねえ。あっちは普通の餅みたいだけど。