温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

蔵王温泉 おおみや旅館

蔵王温泉 おおみや旅館


蔵王温泉のバスターミナルから徒歩5分ほどのところにある、蔵王温泉の中でもかなり老舗の宿です。
2016年2月に「ふるさと割1万円割引券」を利用して、ほぼ半額の10520円で宿泊しました。(2万円以上の宿泊で1万円割引になるので、あえて高めのプランを予約)

蔵王温泉はスキー場のある温泉地なので繁忙期は冬なんですが、実はこの宿には数年前に一度、オフシーズンの初夏に泊まったことがありました。
そのときは、館内を少しずつ改装している最中でしたが、食事がおいしく、お湯も良かった印象があり、もう一度行ってみたいと思っていたので、今回、ふるさと割を使ってお得に再訪が叶って良かったです。

宿泊したのは金曜日の1人泊で、食事を少しグレードアップしたプラン。ふるさと割を使わない、通常の宿泊料金だと20520円でした。

ちなみに、チェックイン前にロープウェイで樹氷を見にいったんですが、今年は雪が少なく、樹氷もかなり痩せていましたね。。。

f:id:happydust:20160705004548j:image

 

【風呂】★★★★
大浴場が2つあり、夕食時間を境に男女の湯を入れ替えます。

今回、夕食までの時間帯に女湯だったのは、内湯の浴槽が2つある浴室。夕食後に女湯になったのは内湯の浴槽は1つの浴室でした。
どちらの浴室にも露天風呂が併設されているのですが、冬期は落雪があって危険とのことでお湯を抜かれて閉鎖されています。

2つの浴室では、浴槽が丸い浴槽1つの、通称「玉子湯」と呼ばれているほうの浴室が人気のようでしたが、私は、浴槽が2つの浴室のほうが腰掛ける段差などがあってのんびりつかりやすいように思い、気に入りました。

強酸性の硫黄泉で、長湯すると指先がカサカサになってしまうような強いお湯ですが、源泉かけ流しで泉質は大変良いです。
ただ、宿の規模のわりに浴室は狭めで、洗い場も多くない&広くないので、混み合う時間帯は、ちょっとリラックスできないかも。
本当にいいお湯なんですが、繁忙期の冬に露天風呂が使えないというのは少々残念な気がしますね。。。

脱衣所は、アメニティもしっかり用意されていてきれいに整えられています。

あと、今回ちょっと残念だったのは、14時からチェックイン可能だったので、スキー客がいない早めの時間にお風呂に入ってしまおうと14時ちょうどにチェックインしたのですが、15時過ぎまで浴室の清掃が終わらなかったこと。
何時に清掃が終わるのかの見当もつかなかったので、何度も部屋から様子を見に来るはめになったことには、ちょっと辟易しました。

お風呂関連ではいろいろ残念な点もありましたが、それらを踏まえても星4つは確実な、かなりの良いお湯です。

【食事】★★★★
夕食は、蔵王牛のしゃぶしゃぶ・肉増量プランを選択しました。
会場食で、各テーブルにはきちんとお品書きが置いてありました。
f:id:happydust:20160705004629j:image


前菜盛り合わせ。
f:id:happydust:20160705004645j:image


食前酒は蔵王スターというアイスワイン。甘くて濃厚です。
f:id:happydust:20160705004654j:image


山形の珍味三種。
f:id:happydust:20160705004705j:image


日本海のお作り。鯛、スズキ、ヒラメ。
f:id:happydust:20160705004714j:image


しゃぶしゃぶのお肉は、さしが入っていて量もたっぷり。
f:id:happydust:20160705004726j:image


芋煮汁
f:id:happydust:20160705004735j:image


肉蕎麦
f:id:happydust:20160705004747j:image


香の物・ご飯・けんちん汁
f:id:happydust:20160705004800j:image


デザート
f:id:happydust:20160705004809j:image
日本酒を注文して食事と一緒にいただきましたが、どれも日本酒に合う料理で、おいしかったです。
夕食の評価は★4.5という感じ。

ただ実は、朝食が少し、残念でした。
夕食と同じ会場でいただくのですが、以前泊まったときはバイキングスタイルは導入されていなかったのですけど、今回は、サラダやパン、飲み物など一部の料理がバイキングとなっている、ハーフバイキング方式だったのです。

おかずはご飯に合う和食ばかりですし、特にパンを用意する必要も感じなかったのですが、以前と比べて外国人のお客さん(しかも白人のお客さん)が多かったので、要望に応えたのかもしれません。
バイキングに並んでいた料理は「付け足し」レベルで、私はどれも食べたいとは思いませんでした。

試しに、フレンチトーストを食べてみたんですが、正直なところ、ぜんぜんおいしくなかったです。
サラダの野菜も少なかったし。。。
やっぱり、和食だけで勝負したほうがいいんじゃないかなあ。
サラダはメニューにあってもいいんですけど、補充が間に合わないぐらいなら、最初から盛り付けておいてもらったほうがいいと思いました。

そして、バイキングの料理が増えたせいか、お膳に最初から並んでいる料理もちょっと、グレードダウンしてしまったように思いました。
f:id:happydust:20160705004833j:image
お品書きがあるところなんかは良いと思うのですが……。

f:id:happydust:20160705004847j:image

f:id:happydust:20160705004853j:image
うーん、ちょっと、寂しいんですよね~。

焼き豚と温野菜の陶板焼きはおいしかったです。
f:id:happydust:20160705004900j:image
バイキングいらないから、これの量を増やしてほしかったなー。
朝食は★3.5という感じ。。。トータルで★4つです。


【部屋】★★★★★
以前泊まったときは館内をあちこち改装している最中のようでしたが、すっかり改装も終わって、部屋も共用部分もものすごくきれいになっていました。

宿泊した部屋はこちら。
f:id:happydust:20160705004914j:image
洗面所も、デザイナーズ旅館という感じでとてもきれいでしたし、ウォッシュレットのトイレがついてます。
f:id:happydust:20160705004924j:image

f:id:happydust:20160705004933j:image
冷蔵庫の中には、サービスのメロンが。
f:id:happydust:20160705004944j:image
また、湯上がりに休憩するための広めのラウンジができており、マッサージチェアが置いてあって、お茶が飲めたり、漫画が読めたりしました。
漫画の品揃えはあまり多くなかったけど、ありがたいサービスだなと思いました。

館内は、増築を繰り返してきたと思われるかなり入り組んだ構造で、部屋にたどり着くまでに段差や階段も多いのですが、全館畳敷きにしており、スリッパなしで歩けるのはとても良かったです。
また、館内を完全禁煙にしているのもよい試みだなーと思いました。


【再訪したい度】★★★★
最初に泊まったときにかなり良い印象だった食事とお風呂で、今回は「あれ?」と思ってしまったポイントがいくつかあって、ちょっと残念ではありました。

でも、以前泊まったときよりも館内や部屋の快適度は格段に上がっており、また、スタッフの対応も気持ちの良いものだったと思います。
また、同系列の蔵王四季のホテル・蔵王国際ホテルのお風呂に無料で入りに行けるサービスもあり、もし車で来ていたらもっと印象が良かったかも……と。
系列のホテルは徒歩だとけっこう離れており、特に送迎などもなかったので、冬に歩いて湯巡りするのは大変だなーと思ったんですよね。

今回は、ふるさと割旅行券を使う都合で繁忙期の宿泊だったのですが、やはり、温泉目当てならオフシーズンの温かい時期に泊まったほうがいいんだろうなと思いました。
そのほうが宿泊料金も割安ですし、露天風呂にも入れますからね。。。