温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

秋田県 田沢湖高原温泉 アルパこまくさ 入浴記

アルパこまくさ

秋田駒ヶ岳の登山口へ向かうバスのターミナルに位置する日帰り温泉施設です。
広い駐車場があり、駒ヶ岳登山口へのマイカー規制中は、登山者はここに車を置いて、バスで8合目登山口に向かうことになります。

f:id:happydust:20160921002832j:plain

目の前にあるバス停から、秋田駒ヶ岳の登山口や乳頭温泉に向かうバスに乗ることができます。

アルパこまくさはこの建物の奥のほうにあります。

 お湯は良く、設備も新しく交通の便も良いのに、そんなに混んでいない穴場の日帰り入浴施設

バス停の目の前にあるのだから休日の午後などは登山帰りのお客で混み合うか……と思いきや、そうでもありません。
夏の晴れた午後に何度か行っているんですが、先客は数人、ということがほとんど。

「混んでいる」の基準が、奥多摩の日帰り温泉だったりするからでしょうか。。。
東北の温泉はのんびりできて、すばらしいなあと思います。
料金は、大人520円、小学生300円です。
営業時間は、4月~11月 9:00~19:00(受付18:00まで)
12月~3月 9:30~17:30(受付17:00まで)です。
夏しか行ったことないんですが、冬はわりと早めに終わってしまうんですね。

【風呂】★★★★★ 絶景を臨める露天風呂は泉質もすばらしい

男女別の浴室で、それぞれ内湯と大浴場があります。

内湯は42度ぐらいでやや熱め。
硫黄泉の源泉かけ流しです。硫黄の濃い香りが漂い、湯の花が舞う大変良いお湯です。熱いけど。

f:id:happydust:20160921003155j:plain


洗い場のシャワーなども新しく、ボディシャンプーとリンスインシャンプーが備え付けられています。

f:id:happydust:20160921003206j:plain


露天風呂は、田沢湖を見下ろしながらつかることができ、とても眺めがいいです。
こちらも源泉かけ流しだそうですが、内湯よりはぬるめ。
夏でもゆっくりつかれそう!と思いきや、蜂などの大きな虫が飛んでいることがあるので、要注意です。山麓の露天風呂ですからね。。。
また、夏は露天風呂はぬるめでちょうどいいんですが、冬に来るとぬるすぎることもあるようです。加温はしないんでしょうね。

f:id:happydust:20160921003226j:plain


f:id:happydust:20160630174425j:image
脱衣所には貴重品ロッカーもあります。
施設が新しいので、設備については問題なし、と言いたいところですが、実はドライヤーが1台しかなく、タイミングが悪いと順番待ちになることがあります。
バスで来たときなどは時間に余裕を持って出たほうが良さそうです。

【食事】★★★ うどんや蕎麦をいただけるが、営業時間は短め

併設の「お食事処こまくさ」で、稲庭うどんや蕎麦などの軽食をいただくことができます。
季節の野菜の天ぷらなどはとてもおいしそうですが、味はまあ、普通でした。

営業時間は11時から15時で、昼食時間のみの営業です。

【再訪したい度】★★★★★ 秋田駒に来たら必ず立ち寄る、お気に入りの日帰り温泉

秋田駒ヶ岳や田沢湖、乳頭温泉郷など、この周辺の温泉や自然が好きで、毎年のように訪れているのですが、中でもこの施設はかなりのお気に入りです。

「お湯がすばらしい」「眺めが良い」「設備が新しい」「値段が安い」「公共交通機関利用でも交通の便が良い」など、良い点をあげればきりがないくらいです。

乳頭温泉行きや玉川温泉行き、駒ヶ岳登山口行きなど、周辺を走るすべてのバスが停車するので、バスの待ち時間にとりあえず一風呂浴びようかな、というような使い方をしています。

乳頭温泉郷では、どこの宿もすばらしい温泉を持っていますが、中にはシャワーなどがなくて頭が洗いにくかったりする宿もあります。そんなときは無理に宿で洗おうとせずに、こちらに立ち寄るのが良いんじゃないかなーと。