温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

木ノ根沢温泉 秘湯の宿 龍洞

木ノ根沢温泉 秘湯の宿 龍洞

水上駅から1時間ほどバスに乗り、終点の停留所からすぐのところにあります。
「秘湯の宿」と銘打ってはいますが、施設などは新しくきれいで、現代的な宿でした。
来訪時は、携帯の電波はドコモ以外は通じませんでしたが、今はドコモとソフトバンクはつながるようです。auは今も圏外なもよう。

 

【風呂】★★★★
元からあった本館側の貸し切り風呂は、水を足したりして湯温を調節することができません。
「河童」などは、川沿いで眺めは良いのですが、熱くてとてもゆっくり入ることはできませんでした。

一番人気の「龍神」は広すぎるのと、日差しを遮る場所がないので落ち着かず。。。また、あまり掃除が行き届いていない感もありました。
夜に入った「天女」は雰囲気があってよかったです。

別館側の貸し切り風呂(すべて内湯)は、水を足せるようになっている湯船が多く、好きな温度にして楽しめたのでよかったです。
特に気に入ったのは「巨石」という、石をくりぬいたお風呂でした。
お湯はどれも同じ、それほど特徴のない単純泉でしたが、源泉掛け流しで塩素臭などもしませんでしたし、温度さえ調節できれば悪くはないお湯でした。

部屋の露天も川沿いに設置されていて、かなりぬるめにしてビールを飲みながらのんびり入れて楽しかった。
露天風呂付きにしたのは正解だったと思いました。


【食事】★★★
部屋食ではなく、食事処での提供になります。
朝も夜も、普通の旅館の食事。おいしいほうだと思いますが、特に「これがおいしかった!」と思い出せるような特徴あるものはなく。
しいて言えばデザートはおいしかったです。
イワナの骨酒がオススメと書かれていたので注文したのですが、それは生臭いだけであまりおいしくありませんでした。骨酒とはそういうものなのかもしれませんが。。。

そういえば、給仕・厨房・フロントスタッフが全員男性だったのが不思議でした。
基本的に放置型というか、こちらが声をかけなければ放っておいてくれるスタンスのサービスのようでした。


【部屋】★★★
露天風呂付きのメゾネットタイプの部屋「別邸りゅう花」に宿泊。
平日料金で22000円。露天風呂付きのお部屋ではリーズナブルなほうだと思います。

階段を上った2階にベッドルームがあり、1階は和洋室で、広すぎてもてあますほどでした。
広いのはいいけど、すごく居心地が良いとか、感動できるポイントはないのは食事と共通の印象。


【再訪したい度】★★★
お湯はけっこう良いと思うので、貸し切り風呂が混み合っていたり、修理中で使えないお風呂が多いと楽しみ半減しそうではありますが、気軽に秘湯気分を味わえるという意味では悪くない宿と思います。
熱いお風呂が多いから、暑いときより雪見露天のほうがむしろいいかもしれないですね。

しかし、今この宿のじゃらんでの登録名
「源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞」
なんですね。

なんというか、ダサ……もとい、急に安っぽくなりますね。
なんか、センスない。大江戸温泉の系列か何か?と思っちゃう。
そう……お湯、料理、部屋、すべてが、悪くはないんだけどなんか、センスがないんですよ全体的に。コンセプトがよくわからんというか。

秘湯っぽさを売り出すなら、乳頭温泉の鶴の湯みたいにするとか、あるいは、黒川温泉みたいな感じとかにすれば、もっと流行ると思うんだけどなー。
高級感を出したいのか、秘湯っぽくしたいのか、リーズナブルで機能的!なのか、なんなのかよくわからない。

露天風呂付きの部屋にそこそこリーズナブルに泊まれてお湯も良いのに、私自身、結局再訪はしていない。
直前でも予約取れていまいち流行ってる感がないのは、そういうところがちょっと、足りないのではないか、と。

直前でも予約取れるのはいいことでもあるんですがねー。

 

2009年5月9日泊