読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

川古温泉 浜屋旅館

川古温泉 浜屋旅館

水上駅からタクシーで20分程度、かなり山奥に入ったところにある宿です。
周辺には熊の目撃情報もあり、暖かい時期は山ヒルも出るらしいので、自然豊かなところですが、気軽に散歩はしづらいかもw
この宿に宿泊したときはまだ登山も始めていなかったので、びびって宿の外に出ませんでしたw

元々は1人で泊まる予定で予約していたのですが、直前に友人と2人になり、予約を変更。
ただ、お部屋は1人泊のとき予約していた8畳の部屋のままにしていたのですが、到着して部屋まで案内していただくと、8畳+6畳の2部屋ある広い部屋!

三食付きでリーズナブルな湯治プランと、一般の宿泊プランがあり、私たちは一泊だし、一般の宿泊プランで申し込んでいたのですが、湯治プランの方が多かったためにグレードアップしてもらえた模様。ありがたいことです。

 

【お湯】★★★★
37度ぐらいでぬるめの、いつまでも入っていたくなるような本当にいいお湯!ものすごく気に入りました。
露天風呂が混浴なのでちょっと緊張したのですが、フロントで売っている湯浴み着を着用すれば問題ありません。天気もよく、かなり開放的な気分で混浴風呂を楽しめました。

しかし……かなり山奥にある温泉なので「熊やハチに注意」という看板を至るところで見かけてはいたのですが。。。露天を満喫しているとき、岩肌から蛇が数匹、お湯に落ちてきたのです。。。
岩に蛇がいるなあとは気づいていて、少し離れたところで浸かっていたのですが……。

夜に露天風呂に入るのをすごく楽しみにしていたのですが、あの蛇がどうなったのかと思うと、怖くて入れませんでした。
また露天がメインなので、女性用の内湯は小さめでした。2人も入ればいっぱいという感じ。


【食事】★★★★
豪華な料理ではありませんが、きのこや岩魚、自家製生ハムなど、地のものが使われているのがわかる料理ばかりで、おいしかったです。
鍋料理は、熊の肉が出ましたw
また、少し値段の高い一般の宿泊プラン利用だったからかもしれませんが、夕食は食堂で取る方が多い中、奥にある座敷に用意していただけました。
正直なところ、食堂はかなり騒がしいなあと思っていたので、とてもうれしかったです。

食事も風呂もぜんぜん写真が残っていないのですが……おおむね、こちらのページと同じ感じでした。
この方の旅行記が好きで、当時よく参考にさせてもらってたんですよね。こちらの宿もこのページを見て行こうと思い立ったんでした。


【部屋】★★★
部屋にはミニキッチンもあり、ドライヤーもきちんとしたものが部屋に設置してあり、トイレはウォッシュレット。何の不自由も感じませんでした。


【再訪したい度】★★★★
公共の交通機関で行くことができない場所なので、車が運転できない私たちは駅から20分ほど、タクシー利用になりました。
1人泊もできるし、本当は1人でもどんどん泊まりに行きたいところなのですが、タクシー代が往復7000円かかることを考えると、1人で来るのはちょっとつらいなーと考えたり。

また、蛇がこわかったので、次は寒い季節がいいかしら……とも思ったのですが、源泉がぬるめなので、本当は夏に行きたいんだよなあ……と思ったり。でも、また訪れたい宿です。

 

2010年6月12日泊