温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

湯田温泉 梅乃屋

湯田温泉 梅乃屋

宮島で牡蠣を食べた翌日は、ふぐを食べるために山口へ。
ふぐが目当てなのでなるべく下関に近い宿がいいのかなーと思いつつも、なるべく温泉が良いところにしたい思いもあり……新幹線の新山口駅から在来線で20分ほどのところにある湯田温泉の宿に泊まることになりました。

湯田温泉の温泉街は、駅から10分ほど歩いたところにあります。
駅から歩くつもりだったのですが、当日は雨。
到着2時間ほど前に、迎えに来てもらえないか電話してみたのですが、送迎サービスはやってないみたいでした、残念。
なので、駅からタクシーで伺いました。

 

【風呂】★★★

男女別の大浴場があり、露天風呂も併設されています。利用しなかったけどサウナも有り。
湯田温泉の源泉は、かなり熱いお湯のようなのですが、この宿は湯温低めの自家源泉を持っており、ブレンドすることで加水せずに提供しているとのこと。
ただし、露天風呂はかけ流しですが、内湯は循環しているようです。ちょっと残念。

湯温は、露天風呂、内湯ともにやや熱め。
湯温低めの自家源泉のみの小浴槽もあり、熱い湯船と行き来すると気持ちよかったです。

お湯は、ほんのりと硫黄の香りがするアルカリ単純泉。
もうちょっと湯温低いほうが好みではあるけど、良いお湯です。
ちょっと残念だったのは、遅い時間まで(13時30分~24時まで)日帰り入浴を受け付けていること。
早めにチェックインして空いてるうちにお風呂に入ろう!と思っていたのですが、そんなに空いてなかったです。混んでるわけでもなかったけど。


【食事】★★★★
ふぐ懐石コースで予約したので、お作りから鍋までふぐづくしで、とてもおいしかったです。

f:id:happydust:20150410153956j:plain
f:id:happydust:20150410154008j:plain
f:id:happydust:20150410154027j:plain

日曜の宿泊だったこともあり、宿泊料は2人泊で1人16740円。これはけっこうリーズナブルだなーと思いました。
お酒の種類もけっこうあり、よかったです。

朝食は、比較的シンプルで野菜多めのメニューでした。
なんでも、女将さんが野菜ソムリエの資格を持っているとかで、野菜料理にはこだわりがあるみたい。

f:id:happydust:20150410154043j:plain

どれも優しい味付けで、よくある旅館の朝ご飯のように、ご飯がすすむおかずが多くてご飯を食べすぎてしまうことがなかったので良かったです。(あれも旅館に泊まった醍醐味ではありますが)

ご飯とお味噌汁と一緒にうつっている、玉ねぎとひき肉を煮たものがとてもおいしかった。


【部屋】★★★
一般的な温泉旅館の和室で、特に印象には残っていないけど、気になる点もありませんでした。
清潔感、設備などは問題なし。


【再訪したい度】★★★
食事はおいしかったのですが、サービス、お風呂ともに何かあともう一歩物足りない感じ。
悪くはないし、失敗したとは思わないんですけど、積極的にまた行きたいというほどではないかな。何よりも、遠いですしねw
とは言え、遠いから星3つなわけではなく、またこの地に来ることがあればもう1度泊まるか?と言われると、別の宿にも泊まってみたいな~と思ったので、まあ3つかな、と。

2015年3月1日泊