読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

名剣温泉

名剣温泉

宇奈月温泉からトロッコ電車で1時間半、終点欅平にある温泉旅館。
秘境温泉神秘の湯での紹介を見て、これは良さそう!と思い、1度行ってみたいと思っていた宿です。

登山シーズンもほぼ終わり、そろそろ宿も空いてきたんではないかなーと思い、行ってきました。
金曜の夜に夜行バスで東京を出発し、翌朝富山駅前に到着。
電鉄富山駅から宇奈月温泉駅へ移動し、宇奈月からトロッコ電車で欅平まで来ました。

欅平から10分ほど歩くと、名剣温泉が見えてきます。

f:id:happydust:20141108143827j:plain

 

【風呂】★★★★

1階に男女別の内風呂、玄関からサンダルを履いて移動した外に、男女別の露天風呂と貸し切り風呂が1つ。
すべて更衣室は別々なので、3箇所のお風呂を楽しむためには3回着替えなければならないのは少々面倒か。
お湯は祖母谷温泉からの引湯だが、源泉は80度以上あるそうで徒歩40分の距離を引湯してもまだまだ熱く、加水している。

貸し切り風呂は予約制で、1部屋40分ずつ。

f:id:happydust:20141108160320j:plain


チェックイン順に予約ができるのだが、私たちが一番最初の入浴だった。
そのままだとお湯は激熱だったので、ホースで水を足し、5分ほどでようやく入れる温度に。
単純硫黄泉で白い湯の花がたくさん浮いており、とても良いお湯でした。

貸し切り風呂の隣にある露天風呂は加水用のホースはなかったが、ほど良い温度に調節されていた。
峡谷を眺めながらお湯を楽しめるこのお風呂が、やっぱり一番気持ちよかった。
来訪時は11月で虫もいないので尚更露天風呂はよかった。

内風呂は宿泊する部屋のすぐ近くにあった。貸し切り風呂と同様に加水して温度を調節して入れる。
ここにだけシャワーがあり、ボディシャンプー、リンスインシャンプーも置いてあった。
ただし、シャワーの水圧は低め。
部屋にはドライヤーが備え付けてあるのだが、脱衣所にはドライヤーがないので、登山帰りに立ち寄り入浴するにはちょっと厳しいかも。

【食事】★★★★
夕食は5時半から固定。
予約時「夕食の時間が早いので、昼食は早めに済ませたほうが良い」旨を聞いていたので、トロッコ電車に乗る前、宇奈月で昼食を済ませていた。
山菜がふんだんに使われているが、山小屋っぽい料理ではなく
「こんな山の中でよくぞこんな洗練された料理が!」
と思える、なんというか、上品な味付けの料理でした。

f:id:happydust:20141112163555j:plain

お酒は黒部峡谷ビール。黒いのはホタルイカの墨あえ。
ごま豆腐もおいしくて「これなら一丁食べれる」と思った。。。

 

f:id:happydust:20141112163535j:plain

刺身は、トロッコ電車で毎日富山から運んでいるのだそう。
山菜の天ぷらは、少し冷めていたけれどそれでもサクッと揚がっていたのでおいしかった。
イワナは二度焼きしてあり、頭からしっぽまで、丸ごと食べられました。

f:id:happydust:20141112164157j:plain

グラタンの中身も山菜。
お味噌汁の上に、揚げ餅が載っていて、おいしかった。

 

朝食は7時から。これも時間は固定。

f:id:happydust:20141112163455j:plain

朝食も品数多く、上品な味付けでおいしくいただけた。
夕朝食とも多すぎず、適量で最後までおいしく食べられたのも良かった。

チェックイン時、夕食後、朝食後に、無料でコーヒーをサービスしてくれる。
私はコーヒーがあまり飲めないので残念だけど、おいしいコーヒーだったようです。

【部屋】★★★★
トイレ付きの8畳+縁側

f:id:happydust:20141108150054j:plain

2人分のザックも置いてありますが。。。
改装されたとてもきれいな部屋で、トイレはウォッシュレット付き。
縁側には立派な洗面所があり、ドライヤーほか、アメニティも揃っている。

f:id:happydust:20141108150103j:plain

テレビはない。
縁側からは峡谷の美しい景色が見え、猿が木々を渡り歩くのも見えた。窓を開けていると危ないのかも。。。

室内に空の冷蔵庫があり、中には冷たいほうじ茶がサービスで入っていた。

また、ポットには熱いほうじ茶が入っていて、自由に飲めるようになっていた。
お茶を淹れる面倒がなくてありがたかったが、湯沸かしポットはないので、持参したお茶などは淹れることができない。

館内に自販機はないが、フロント前にある冷蔵庫で飲み物を販売しており、冷蔵庫から飲み物を出した際は、自己申告で伝票に名前を書いておき、チェックアウト時に精算となる。
ビール数種、秘湯ビール、黒部峡谷ビール、日本酒数種、ワイン、と品揃えもそこそこよかった。

【再訪したい度】★★★★
「こんな山奥でここまでやってくれるのか!」という感想を、いろんなところで持った宿だった。
もちろん、いい意味でなんだけど、逆に言うと、この宿が宇奈月あたりの、そこそこ行きやすいところにあったら、そこまで希少なサービスではないということか?などと考えたり。

とは言え、洗練されたサービスではないが、十分におもてなしの心を感じる宿だったし、お湯も素晴らしかったです。

↓こちらから予約できます。

2014年11月8日 休前日2人泊18500円