温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

道後温泉 湯の宿 さち家

道後温泉 湯の宿 さち家

石鎚山登山の後に1泊した。土曜以外は1人泊可能なよう。
全8部屋の宿なのに、泊まった日は1人客が4~5人いた。
立地は道後温泉本館から徒歩2分ほど。
賑やかな温泉街からすぐだけど、ちょっとわかりにくい路地にある。
玄関はきれいに整えてあるが、建物の外観はあまり旅館ぽくなく、1度気づかずに通り過ぎてしまった。

【温泉】★★★
道後温泉本館と同じ源泉がかけ流しされている、男女別の内湯のみ。
こじんまりとしているが、お湯はよくあたたまるいいお湯でした。
入浴時間帯は朝は7時から、夜は23時までだが、21時以降は希望あれば貸し切りになる模様。
8部屋しかない宿なので、混み合うことはなかったです。
フロントで籠とタオルを貸してくれるので、内湯に入れない時間帯は道後温泉本館に行っていた。

【部屋】★★★★
6畳の和室、洗面有り、トイレなし。空の冷蔵庫有り。
清潔感があり、不満はない。
客室はすべて3階にあり、エレベーターはなく、急な階段を上らなければならないのだけがマイナスか。

【料理】★★★★★
夕朝食共に食事処で。

夕食時は日本酒の利き酒セットを注文。

f:id:happydust:20141112130526j:plain

鯛の薄造り、前菜盛り合わせ、芋煮。
芋煮と言えば東北のイメージだけど、愛媛で芋煮が出るとは。

f:id:happydust:20141112130549j:plain

その後は鯛の兜煮、箸休め、天ぷら、鯛飯、と鯛づくし。
デザートまで、とてもおいしくいただけました。

夕食は若いスタッフが給仕してくれたが、失礼じゃない程度のフレンドリーで明るい接客で、好感が持てた。

朝食は女将さんの給仕で。

f:id:happydust:20141112131852j:plain


品数の多い和食で、だし巻き玉子と、自家製のじゃこ天がおいしかった。

朝も夜も全体的に料理おいしくて満足。
品数の多い旅館飯だと「食べれるけどおいしいわけじゃない」ものが1品ぐらいあると思っていたけど、ここはそういうのなかった。

【再訪したい度】★★★★★
遠いので、なかなか行けないけど、また道後温泉に泊まることがあれば、ぜひこの宿に泊まりたい。
道後温泉は循環湯の宿が多かったけど、中では貴重なかけ流しの宿だし、サービスもあたたかみがあってよかった。


道後温泉本館には、混雑するだろう日曜を避けて月曜に行ったんだけど、神の湯も霊の湯もけっこう混んでいた。
あそこは、もう行かなくていいかなー。次行くといたら奥道後に日帰りで行きたい。
さっさとあがって、向かいの道後麦酒館でビール飲んでました。
道後ビール、全種類飲んだけど私はマドンナビール(アルト)が一番好みだったなー。

2014年10月26日 日曜1人泊 15200円