読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

赤湯温泉山口館

赤湯温泉山口館

苗場山登山の途中に一泊した、温泉つきの山小屋。
バス停から山道を徒歩4時間。自家用車orタクシーなら林道終点から徒歩2時間ほど。
前日に電話で予約したが、その際、車利用かバス利用か、翌日登山をするのか、行程は?などと細かく聞かれる。
行程は細かく聞かれたわりに、なぜか連絡先の電話番号は聞かれず。

当日はバス亭から4時間歩いたが、ハイキングコースのようなものをイメージしていたら、けっこうガチな登山道でした。
危険な岩場や鎖場が……というわけではないけど、かなり急傾斜の上り下りが長い時間続き、少なくともトレッキングシューズを履いていないと滑って危険そう。軽い気持ちで来たら後悔しそうだな。

【風呂】★★★★
風呂は、源泉の異なる露天風呂が3つ。

河原に面した開放的な「玉子の湯」と、そのすぐ側に「薬師の湯」
少し離れたところに少し青みがかったお湯で、屋根付きの「青の湯」

「青の湯」は昼から夕食時までは女性専用とされており「玉子の湯」「薬師の湯」は混浴。
夕食後~20時までは「玉子の湯」「薬師の湯」が女性専用タイムとなり、20時以降はすべての風呂が混浴となる。
水着着用やタオル巻きは禁止だが、女性もすべての風呂を楽しめるように工夫されていた。

湯量は多くないが浴槽も広くはないのでお湯は新鮮な感じがして
宿泊客の少ない日だったのですべての浴槽を貸し切り状態で楽しめた。
温めではあるがとても気持ちのいいお湯だった。
宿泊客が多い日だとぜんぜん違う印象になるかも。。。

【食事】★★★
食事は、山菜やきのこ中心で動物性タンパク質はナシ。

f:id:happydust:20141113192213j:plain


ご飯と味噌汁はおかわり自由。味は良い。ご飯おいしい。
ビールは350ml缶が500円。沢水で冷えてました。
朝食は、登山で早出を希望する人がいれば5時30分ぐらいから出してくれるようです。


【部屋】★★★
紅葉時期の金曜日の宿泊だったが、宿泊客は全部で7名だったので
2階の6畳の部屋を1人で使わせてもらった。混雑時は相部屋になる模様。
アメニティなどは何もないが、広々使わせてもらってありがたかった。
夜は電灯がないので、夕食前にランプを部屋に入れてくれた。
部屋には暖房はないので、寒い時期は防寒着必須。
紅葉の時期でも朝はかなり冷えた。

【再訪したい度】★★★
お湯はかなり良かったが、混んでいる日は避けたい。(そんなに混むことはなさそうだったけど)
また、アプローチはけっこう大変。
再訪したいけどなかなか行けなそうだなー、というのが正直なところ。

2014年10月 1人泊 夕食付き7000円