温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

皆生温泉 皆生菊乃家

皆生温泉 皆生菊乃家

伯耆大山を登った後に宿泊。
平日の18時以降チェックイン限定、素泊まり5880円、というちょっと変則的なプランでした。
本来は食事がおいしい宿のようで、1人でも食事は付けられるのですが、2食付だと24000円~と、1人泊の割り増し料金を考えても、わりと高級めのホテルです。

夕食は米子駅前ですませて、バスで20分ほどで皆生温泉に着き、バス停から数分歩いて宿に着きました。

【風呂】★★★
お風呂は内湯と、海が眺められる小さな露天で、内湯は41度ぐらい、露天は43度ぐらい?熱めでした。
食塩泉の加水かけ流し。
特に特徴のあるお湯ではないけれど、熱めのかけ流しなので、登山で疲れた体には気持ちよかった。

【部屋】★★★★

プランでは街側の部屋限定ということだったけど、部屋が空いていたからとのことで、海側の部屋を用意してもらっていた。
海が目の前に見えて、とても眺めが良かった。
部屋に入ると既に布団が敷かれていたが、10畳の広くきれいな部屋で、1人ではもてあますほどでした。

【再訪したい度】★★★
皆生温泉の中ではお湯は良いほうなんじゃないでしょうか。
スタッフの対応も問題なし。
この宿のために皆生に行くか!とは思わないけど、このへんで泊まるんだったら選択肢の一つになるかなと。

2014年9月19日 平日1人泊