温泉ブログ 山と温泉のきろく

山好き女子の温泉と食と山旅の記録です。

山と温泉のきろく

石和温泉 旅館 深雪温泉

石和温泉郷 旅館深雪温泉

山梨県笛吹市の石和温泉にある、自家源泉を持つ温泉旅館。
最寄りの石和温泉駅から徒歩10分ぐらいなので、私は途中のスーパーに寄ったりしながら歩いてしまうのですが、電話すれば送迎もしてくれるはずです。
チェックアウト後はいつも、駅まで車で送っていただきました。

中央線沿線で、思い立ったらすぐに行ける交通の便の良さと、お湯がすばらしく良いのとで2009年ごろは本当にしょっちゅう通っていました。
最近、人気宿になってしまったのか直前では予約が取りにくくなったのと、宿泊料金が全体的に上がってしまったので最近行く頻度が下がってしまいましたが、機会があればまた行きたい、お気に入りの宿です。

【風呂】★★★★★ 星を10個つけたいくらい好きなお湯。

ほのかに硫黄の香るアルカリ単純泉がドバドバと恐ろしい勢いでかけ流されています。
湯温の違う2つの源泉があって、ブレンドすることによって湯温を調節しているそうです。
露天が小さめの「桃の湯」と、大きな露天の「柿の湯」があり、夕食のタイミングで男女が入れ替えとなります。

24時間入浴可能なのですが、夕食後に「柿の湯」が女性風呂となるので、女性のほうがちょっとお得なのも気に入っているポイント。
露天の中でも場所によって温度が異なるため、長湯できるポイントを探して回るのも楽しいです。

洗い場にはシャンプー、コンディショナー、ボディシャンプー完備。
脱衣所もきれいですし、化粧水などのアメニティも普通に揃っています。
ドライヤーも、ちゃんと風量があるタイプです。

【食事】★★★★★

最初に行ったときは、まあまあおいしい旅館メシって感じ。
星3.5ってところでしたが、行く度に洗練されていき、満点に近くなりました。

夕食は部屋食でのんびりいただきます。

前菜盛り合わせ。
f:id:happydust:20160630161049j:image
お刺身盛り合わせ。
f:id:happydust:20160630161134j:image


お新香と茶碗蒸し。
f:id:happydust:20160630161204j:image


ヒマラヤ岩塩で焼くステーキ。
f:id:happydust:20160630161148j:image


お凌ぎのしらすご飯。
f:id:happydust:20160630162532j:image


蒸し物。タジン鍋を使って、温泉水で蟹を蒸します。
f:id:happydust:20160630162714j:image


川魚の塩焼き。
f:id:happydust:20160630162724j:image


煮物。とろろをかけていただきます。

f:id:happydust:20160630163015j:image

あわび!
f:id:happydust:20160630163022j:image


揚げ物。えび真丈だったかな?

 f:id:happydust:20160630163031j:image

 

山梨県の宿ということで、ワインの種類も豊富でした。

f:id:happydust:20160630164136j:image


ご飯は、鶏の釜飯をその場で炊いていただきます。
f:id:happydust:20160630163037j:image
赤だし、お新香と共に。
f:id:happydust:20160630163044j:image


デザートはシフォンケーキでした。
f:id:happydust:20160630163131j:image


ボリュームもたっぷりで、特にランクアップなどしたわけでもないのに、ステーキのほかにアワビまでついてきて驚きました。

朝食は会場食です。時間は選べたはず。
f:id:happydust:20160630163143j:image
朝食も、品数多くて味も良いです。
焼き鮭、湯豆腐、明太子、温泉卵、納豆などなど、旅館の朝食の定番がずらっと並びます。
お米もおいしい!五穀米と白米から選択できます。
納豆は、近所にあるらしい「せんだい屋」という納豆工房から仕入れているようで、さまざまな種類のものがある中から選んでいただきます。
最近はあまり見ない、大粒の納豆でした。

【部屋】★★★

部屋の中は、きれいに改装されていて、全部屋ウォッシュレットのトイレと洗面付き、テレビも大きく、とても快適です。
室内の冷蔵庫には有料の飲み物も入っていますが、買ってきたものを入れるスペースもあるので、駅前のスーパーで好きな飲み物を買ってきてしまいます。

最近はwifiも導入されたようで、ますますくつろげる部屋になりました。

ただし、部屋の外に出ると、共用部分は改装も行き届いておらず「あー、古い旅館なんだなあ」という感じ。
私は、部屋でくつろげればあまり気にしないけれど。
あと、客室は3階に集中しているのですが、エレベーターがなく、急な階段を上らなければならないのがちょっと難かな。

【再訪したい度】★★★★

本当に、毎月行きたいぐらい好きな宿!
だったのですが、食事が良くなったのとあわせて、値段があがってしまいましたね。。。
現状の値段だと、正直コスパが良くないです。

1人泊で2食付けると、20000円から、というのが今のお値段。
1人だと土曜泊はできないので平日泊でこの値段となると、けっこうな高級宿ですよね。

なるべく1人泊じゃなく、2人以上で泊まってほしい宿なのかなーと思いきや、2人泊での宿泊料金もけっこう高い。
2人泊での2食付きプランの最低金額は、土曜泊は21000円。日曜と金曜が18000円、月火水木曜日が16000円。
年に1回がんばって行く高級旅館なら20000円はそこまで高いわけではありませんが、ここはそういう雰囲気の宿ではないし、もうちょっと気軽に足を運びたいんですけどね。。。
お湯に価値を見いだせる人となら一緒に来てもいいのですが、そうでないと「この旅館に2万円!?」と思われてしまいそう。。。

というわけで、大好きな宿なんだけど、2011年ぐらいからあまり行けなくなっちゃいました。
うーん、夕食の量を控えめにしたプラン、とかあればいいんですけどね……現状、食事の選択肢は基本プランとステーキ増量プランだけなんですよね。。。
あとは、夕食は外で食べて来て素泊まりor朝食のみのプランにするか。
一度、日曜に朝食のみで宿泊したんですが、12000円でした。

まあ、本当は内装がどうとかあまり気にしないほうなんですけど、料金設定をあげるなら、もうちょい共用部分をきれいにして高級旅館っぽさを出してくれると、温泉マニアじゃない人を連れてきやすくなるんだけどなあ、と。